運動したり、お酒を飲むと赤ら顔になる理由とは?

赤ら顔の原因は様々ですが、中でも運動や飲酒によるものは予防することが難しいとされています。

これらのタイプの赤ら顔を防ぐためには、普段のスキンケアを見直す必要があります。

できるだけ早く対策を始めることで、赤ら顔を抑えられるかもしれません。

ここでは、運動や飲酒による赤ら顔のメカニズムと対策について解説します。

赤ら顔とは


赤ら顔とは、顔が赤くなった状態の総称で、様々なタイプに分類されます。

緊張やストレスによる赤ら顔

緊張したりストレスを感じたりすると、自律神経のバランスが崩れて血管が拡張します。

すると、血液の流れが活発になり、血液の色が透けて見えることで赤ら顔になります。

 

皮膚が薄いことによる赤ら顔

皮膚が薄いということは、それだけ毛細血管が見えやすいということです。

そのため、運動した際に起こる軽い血管拡張だけでも、赤ら顔になってしまうのです。

 

アルコールの摂取

アルコールを摂取すると、しばらく経過してから毛細血管が拡張します。

そのため、赤ら顔になることがあります。

 

皮膚の炎症

外敵刺激によって皮膚に炎症が起こると赤くなります。

 

毛穴の炎症

肌が乾燥すると皮脂の分泌が活発になり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

皮脂をエサにしてアクネ菌が増殖すると、炎症を起こす可能性があるのです。

また、古い角質と皮脂が混ざり合ったものが詰まると白ニキビになり、そこに炎症が起こると赤ニキビになります。

 

慢性の赤ニキビ

赤ニキビが改善しても、赤みだけが残ります。

そして、赤みが完全に治まる前に再びニキビができるといったことが起こると、メラニン色素が沈着して赤いままになってしまうことがあるのです。

 

赤ら顔の問題点


運動やアルコールの摂取で赤ら顔になる方は、ストレスや緊張によっても赤ら顔になる傾向があります。

これは、皮膚が薄いことが原因です。

皮膚が薄いことによって、血流に関するタイプの赤ら顔をいくつも合併すると考えられています。

このように様々なタイミングで赤ら顔になることで、人前に出ることが嫌になり、引きこもってしまうことがあります。

自分の思うように外出できないことでストレスが溜まると、ますます赤ら顔が悪化してしまいます。

そのため、できるだけ早く、赤ら顔を治すことが大切です。

 

赤ら顔の改善策


運動やお酒によって赤ら顔になることを懸念しているのであれば、人と会う日には運動や飲酒をしないようにしましょう。

しかし、そういった制限によってストレスが溜まり、赤ら顔になる可能性もあります。

では、どうすればよいのかというと、皮膚が薄い状態を改善すればよいのです。

皮膚が薄くなる原因は、加齢です。

肌の弾力を保つコラーゲン、コラーゲン同士を繋ぎ合わせるエラスチンが加齢によって減少すると、肌細胞を作る能力まで低下するのです。

加齢に関しては治療する方法はありません。

そのため、できるだけコラーゲンやエラスチンを減少させないように過ごすことが最善策と言えます。

コラーゲンやエラスチンは、線維芽細胞から生産されています。

線維芽細胞は肌の奥深くにある真皮層にあります。

肌が乾燥していると外的刺激を受けやすくなり、その刺激が線維芽細胞にダメージを与えることで、コラーゲンやエラスチンの生産が減少してしまうことがあります。

そのため、肌の乾燥やダメージを防ぐことが、コラーゲンやエラスチンの生産減少を抑えることに繋がります。

 

スキンケアを見直す

ごしごしと皮膚を擦るようなスキンケアが原因で、肌に刺激が加わります。

正しい洗顔やクレンジング、保湿の方法を身に付けましょう。

クレンジング

クレンジング剤をたっぷりと顔に塗り、くるくると円を描くようにメイクを落としていきます。

濃いメイクを落とす用のクレンジング剤は肌に刺激を与えるので、できるだけ薄いメイクを心がけましょう。

 

洗顔

泡立てネットなどで洗顔料をしっかりと泡立て、それを顔にのせましょう。

ごしごしと擦る必要はありません。

ぬるま湯でしっかりとすすいだら、柔らかいタオルで水分を吸収させて完了です。

 

保湿

肌が乾燥していると刺激を受けやすくなり、ニキビなどの肌トラブルのリスクが高まります。

このような肌トラブルは赤ら顔の原因にもなるので、しっかりと保湿するようにしてください。

まずは、化粧水で肌に水分を補給します。

続いて、乳液やクリームを塗り、水分の蒸発を防ぎましょう。

 

ピーリング

ピーリングとは、古い角質を落とすケアです。

過度なピーリングは必要な角質まで落としてしまい、肌のターンオーバーを早めることになるので、週に1回までを目安にしてください。

これらの対策は、できるだけ赤ら顔を抑えるためのものであり、根本的な治療ではありません。

クリニックでは、赤ら顔の治療を受けることができます。

それでも、必ずしも改善するとは限りません。

そのようなことを認識したうえで、治療を受けるかどうか決めましょう。

 

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

関連記事

  1. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?

  2. ニキビによる赤ら顔にはどう対処すればいい?その原因や治し方は?

  3. 乾燥して赤ら顔に!?赤ら顔の保湿方法教えます!

  4. 赤ら顔を解消するおすすめマッサージ方法まとめ

  5. ツボ押しで赤ら顔改善!赤ら顔に効くツボまとめ

  6. ビタミンKは赤ら顔にいいの?ビタミンKの働きや効果は?

  7. 赤ら顔はスキンケアとメイクでカバー!そのメイクやスキンケア方法とは?

  8. 生まれつき赤ら顔なのは遺伝が原因?赤ら顔と遺伝の関係性は?