化粧ノリが悪い…そんなときの対策方法は?

  • 「なんだか今日は化粧ノリが悪い」
  • 「化粧をしても顔色が悪く見える」

…そう感じると、朝からモチベーションが上がりませんよね。

化粧ノリが悪くなる原因には、

  • 体調
  • 肌の状態
  • 季節

などが複雑に絡み合っています。

今回は、化粧ノリが悪いと感じたときの対策方法についてまとめました。

化粧ノリが悪いときの肌の状態

  • ファンデーションが浮く
  • ファンデーションを塗ってもくすみを感じる
  • パウダーをはたいてもテカる
  • 化粧崩れが早い
  • 肌がカサカサしている
  • 白く粉を吹いてしまう
  • 顔色が悪く見える

化粧ノリが悪いと感じるとき、肌はこのような状態です。

誰でもひとつは身に覚えがあるのではないでしょうか?

化粧ノリが悪くなる理由とは?


では、化粧ノリが悪い状態はなぜ起きるのでしょうか。

肌が乾燥している

化粧ノリが悪いと感じるときの多くは、肌が乾燥している状態です。
肌に水分が不足しているとキメが荒くなり、ハリがなくなります。

すると

  • ファンデーションを塗っても浮いてしまったり
  • 化粧崩れが起きやすくなったり

するのです。

また、乾燥によって小じわが目立ちやすくなると、そこにファンデーションが入り込んでヨレやすいといった面も。

ターンオーバーの乱れ

  • ストレス
  • 生理前
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足

などで肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れると、肌に古い角質が残りやすくなります。

すると

  • 皮脂
  • 汚れ

が毛穴に詰まり、化粧をしても浮いたり崩れたりする原因になるのです。

便秘

肌と腸は密接に関係していると言われます。

便秘は女性に特に多く、あらゆる肌荒れの原因です。

便秘になると肌に充分な栄養が行き渡らなくなり

  • ニキビ
  • 肌荒れ

が起きて化粧ノリも悪くなりがちです。

間違ったスキンケア

クレンジングや洗顔料を使った顔の

  • 洗いすぎ
  • こすりすぎ

は肌に大きな負担をかけます。

洗いすぎやこすりすぎによって肌に必要な皮脂やうるおいまで流してしまうと、乾燥や皮脂の過剰分泌を引き起こし、化粧ノリも悪くなります。

化粧ノリが悪いときの対策方法

それでは、化粧ノリが悪いときにおすすめの対策方法についてご紹介します。

パック

肌のざらざら・ごわごわ感が気になる場合は、パックを活用しましょう。

肌の上に残った古い角質を剥ぎ取ることで、化粧ノリがよくなります。

塗って剥がすタイプは肌への負担が大きいため、クレイなどの洗い流すタイプがおすすめ

角質ケアをしながら、美容成分で保湿もしっかりできて一石二鳥です。

シートパック

乾燥が大きな原因であれば、保湿効果の高いシートパックを使いましょう。

はじめから美容成分がたっぷりとしみ込んだ状態で売られており、1回ずつ小分けになっているので手軽に使えます。

手持ちのコットンに化粧水をひたして行う、ローションパックでもOKです。

週に1~2度行うだけでも肌のハリがアップしますよ。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

顔のうぶ毛処理

意外と見落としがちなのが、顔のうぶ毛処理です。

はっきりと目に見えるほどではなくても、うぶ毛にファンデーションがからんでうまくのらない原因になります。

頻度は1ヶ月に1度で十分なので、肌にやさしいクリームを塗ってからカミソリで処理しましょう。

顔のくすみもなくなり、つるつる感が復活します。

清潔なパフを使おう

肌の状態だけでなく、メイク用品にも気を配ってみてください。

ファンデーションやパウダーに使用している

  • パフ
  • スポンジ

は清潔な状態でしょうか?

雑菌が繁殖する原因になるだけでなく、余分な

  • 皮脂
  • パウダー

を吸収できなくなってしまいます。

1週間に1度は専用のクリーナーで洗うのがおすすめ。

面倒だという場合は、使い捨ての小分けになったタイプも売られていますよ。

化粧ノリをよくするためのメイク方法

肌の状態を整えたら、メイク方法にも気を配ってみましょう。

朝のスキンケアで慌てると×

慌ただしい朝、洗顔して化粧水・クリームをつけて、すぐメイクに入っていませんか?

じつはこれも化粧ノリが悪くなる原因のひとつ。

化粧水やクリームが肌に充分浸透していないと、ファンデーションがヨレやすくなってしまいます。

洗顔とメイクの間に別の用事を挟むなど、少し時間をあける工夫をしましょう。

どうしても急ぐなら、肌表面だけティッシュオフするだけでも違いますよ。

化粧下地を使おう

ファンデーションを塗る前は、必ず化粧下地を使いましょう。

ファンデーションのつきともちがよくなります

すぐ肌がテカる・浮いてくるという人は、下地を使っていないことが原因かもしれません。

色ムラを整えるコントロールカラーのほか、下地も

  • 脂浮きを抑えるもの
  • 毛穴を隠すもの
  • 保湿効果が高いもの

など目的によってさまざま。

自分の肌質に合わせて選びましょう。

自分に合ったファンデーションを選ぼう

ファンデーションにも

  • パウダー
  • クリーム
  • リキッド

とさまざまなタイプがあります。

自分の

  • 肌質
  • 体調
  • 季節

によって使い分けることも、化粧ノリをよくするポイントのひとつ。

自分の肌に合ったファンデーションを使うことが大切です。

ファンデーションは厚塗りに注意

化粧ノリが悪いのを隠そうと、どんどん厚塗りになってしまうことがありますが、もちろんこれはNG。

肌と馴染むどころか、どんどん浮いていくだけです。

ファンデーションは少量ずつ塗って薄くのばしていくのがポイント

清潔なパフやスポンジを使えば、余分な

  • ファンデーション

を吸い取ってくれますよ。

パウダーで仕上げる

ファンデーションのあとは、パウダーでおさえるという一手間を惜しまないことで、化粧崩れを防ぐことができます。

さっとのせるだけで化粧のもちが数時間変わることも。

パール入りなら光の反射でさらに肌をきれいに見せられます。

化粧ノリはスキンケアとメイクで改善できる!

化粧ノリが悪いと感じたときにできる対策は、

  • スキンケア
  • メイク

の2つがあります。

  • パックやうぶ毛処理などを取り入れて肌の調子を整えつつ、
  • 毎日のメイクのポイントを押さえて丁寧に行えば、

化粧ノリはよくなってくるはず。

ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

  1. 口元にできる「白ニキビ」の原因と対策方法は?

  2. 関東にある“美肌の湯”スポット5選

  3. アラフォーだからこそしたい!美肌のためのスキンケア方法は?

  4. 美容・整形外科ではどんな美肌治療がある?費用の相場は?

  5. ニキビ知らずの美肌になるスキンケア方法とは?

  6. ちょっとリッチな気分になりたい!高級パック人気ランキング

  7. おすすめはコレ!人気のフェイスパック&マスクランキング

  8. ニキビができたからこそしたい!ニキビ肌の人におすすめのパックランキング…