あなたのスキンケア間違っていませんか?正しい肌の保湿方法まとめ

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

美しい肌になるためには、肌の乾燥を防ぐことが第一

そのためには、正しいスキンケアをしてしっかりと保湿することが大切です。

毎日の保湿ケアが、潤いのある美肌をつくるのに役立ってくれますよ。

自分のスキンケアをチェックして、保湿ができているか確認してみましょう。

正しい肌の保湿方法

化粧水が浸透しやすい肌にする

肌をしっかりと保湿するためには、肌を整えて化粧水が浸透しやすい肌にしておくことが大切です。

そのためにも、メイク落としや洗顔をして汚れをしっかりと落としておきましょう。

メイクや汚れが残っていると、保湿効果が下がるだけでなく肌トラブルの原因にもなってしまいますよ。

汚れを落とすことは必要ですが、洗い過ぎも禁物

洗浄力の強いクレンジングや石鹸を使用したり、洗う時にゴシゴシこすったりすると、必要な皮脂や角質を失ってしまいます。

洗顔をする時には、肌にダメージを与えないように注意しましょう。

古い角質が肌に溜まっていると化粧水の浸透が悪くなってしまうため、余分なものを取り除いておくことも効果的。

酵素やスクラブの入った洗顔料を使用することで、肌の不要なものを落とすことができます。

ピーリングやクレイパックなど、特別なケアをプラスするのもオススメです。

角質には肌の水分を守る働きがあるため、肌に必要な角質は落とさないように注意しましょう。

肌の状態に合わせたケアをすることが大切ですよ。

肌に水がついていると、その水が蒸発する時に肌の水分まで蒸発してしまうため、洗顔後にはしっかりと水分を拭き取るようにしてください。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

 

化粧水で肌に潤いをプラスする

保湿ケアでは、化粧水で肌に水分を補給することが大切になります。

洗顔後の肌は水分が不足して乾燥しやすくなっているため、できるだけ早く保湿するようにしましょう。

適量の化粧水を手の平にとったら、両手の平をこすり合わせて化粧水を温めます

化粧水を温めることで、肌に馴染みやすくなりますよ。

少し温まったら、手の平で包み込むようにして肌につけていきましょう。

顔の中心から外側に向けてつけていくのがオススメ

目元や小鼻などの細かい部分は、指の腹を使って丁寧につけていきましょう。

しわがある部分は、伸ばすようにしてしわの間にもつけるようにしてください。

全体につけたら、手の平で顔を包み込んでハンドプレスしてください。

ハンドプレスすることで、化粧水の浸透を高めることができますよ。

化粧水をつける時には、肌が必要としている量をつけることが大切です。

化粧水が肌になじんでから、手の平で肌に触れてみてください。

肌がしっとりとして吸いつくようなら、肌が潤っている証拠です。

肌の様子を確認しながら、肌がしっかりと潤うまで化粧水をつけてくださいね

クリームで肌の水分を逃がさないようにする

化粧水で肌に潤いを与えたら、肌の水分が蒸発しないようにクリームをつけましょう

クリームは、化粧水がしっかりと肌に馴染んでからつけるようにしてください。

化粧水が肌に馴染む前につけると、クリームが化粧水に混ざって化粧水が肌に浸透しにくくなってしまいますよ。

適量のクリームを手の平にとったら、反対の指先でクリームを少しかきまぜて柔らかくしましょう。

クリームを指先にとって、額、鼻、両頬、顎の5点にのせます。

肌にのせたクリームを、両手の平をつかって内側から外側に向かって伸ばしていきます。

細かい部分は、指先の腹をつかって丁寧に伸ばしていきましょう。

クリームは、薄く伸ばすようにしてください。

乾燥しやすい部分には、少しずつ重ね塗りをするのがオススメ。

塗り終わったら、ハンドプレスをしてクリームを肌に馴染ませませしょう。

乳液を使用する場合には、化粧水と同じようにつけてください。

乳液にも、クリームと同じように肌の水分を逃がさないようにする効果があります。

油分の多いものがクリーム、油分が少ないものが乳液に分類されています。

肌の状態に合わせて、クリームか乳液を選んでくださいね。

日中にも適宜保湿する

朝晩の保湿が基本ですが、肌が乾燥している場合には日中の保湿もプラスしましょう。

肌が乾燥したまま放置していると、乾燥がさらに進んで肌トラブルを起こしてしまうこともありますよ

メイクの上から使用できる、ミストや保湿スティックなども多く販売されています。

水分を保持する成分の入っていないミストだけつけると、時間とともに水分が蒸発してしまうので、乳液やゲルなどを薄く重ね塗りするようにしましょう。

保湿効果の高いファンデーションを選ぶのもオススメ

時々肌をチェックして、肌を乾燥させないようにしてくださいね。

まとめ

健康で美しい肌になるためには、肌の乾燥を防ぐことが不可欠。

そのためにも、正しい保湿ケアを行うようにしましょう。

化粧水が浸透しやすい肌にしてから、丁寧に化粧水とクリームを塗るようにしてください。

日中の肌の乾燥も見逃さないようにしてくださいね。

関連記事

  1. 乾燥肌は保湿必須!ボディスキンケアはクリームタイプがいいの?

  2. ニキビができたけど保湿しすぎると逆効果!?正しい保湿方法とは?

  3. 保湿しすぎると脂性肌は悪化する!?皮脂のべとべと対策まとめ

  4. 保湿しているのに乾燥肌が改善されない!正しい保湿方法とは

  5. 保湿に一番効く成分はセラミドって本当?他成分と比較!

  6. 気づけば髪の毛がパサパサに…自宅でできる保湿方法とは?

  7. お肌の保湿をしないと大変!保湿の必要性や重要性を解説!

  8. 保湿ケアで美肌を作る!その方法と効果とは?