皮脂のせいで赤ら顔になる?赤ら顔 皮脂その原因と対策法は?

ほかの人から顔が赤いことを指摘され、何度も恥ずかしい思いや、嫌な思いをしてきた人もいるのではないでしょうか?

どうして赤ら顔になってしまうのか、その原因や具体的な対策方法などをご紹介します。

さっそく原因から見ていきましょう。

 

赤ら顔になってしまう原因


鼻の周りや頬などに赤みがある人や、顔全体が赤くなる人もいますね。

これらは外的要因からくるものか、もしくは体質からくるもののどちらかです。

そこを踏まえて、原因別に詳しく説明していきますね。

体質からくるもの

お酒を飲んで赤くなってしまう、人前で緊張したりすると赤くなってしまうというケースもあります。

こちらは血行が良くなったり、心理的なものだったり、一時的なものです。

ただ、特別な何かが起こったわけでもないのに常に赤い人は、生まれつき肌が薄かったり、間違ったスキンケアが原因で肌が薄くなってしまい、血管が見えてしまうことが原因で赤ら顔になります。

過剰なスキンケア

スキンケアは肌を美しく保つために、とても大切なことです。

ただ、何でもやり過ぎは肌を傷付けてしまいます。

洗顔剤を良くあわ立てずに、手のひらでゴシゴシしつこくこするのは厳禁です。

どんなに丈夫な肌でも傷めてしまいます。

あとはもともと肌が弱い人が、ピーリング剤入りの化粧品を常に使い続けるのは、避けた方が無難です。

肌の細胞を削ってしまい、肌が薄くなってしまいます。

敏感肌が原因となる場合

敏感肌の人は、外からの刺激にとても弱いので、乾燥した風に当たっただけでも顔が赤くなってしまうことがあります。

新しい化粧品を試しただけでも、赤くなる場合もあるでしょう。

敏感肌の人は、ささいな刺激によって、肌にダメージを受けてしまいます。

にきびが原因の炎症

にきびによる炎症が原因で赤くなることもあります。

にきびができたときに起こる、にきび周辺のうっ血によるものです。

それと併せて、にきび跡が残ったままになっていると、赤ら顔がずっと続く状態となってしまいます。

気温差などの外的要因

冬になると外気温と室内気温の差は、かなり大きくなります。

気温差が20度以上になることもあるでしょう。

暖かい気温から寒い気温へと移ったときに、顔にたくさんある毛細血管が拡張して、赤くなってしまうのです。

 

軽い症状のときに治す方法


それでは具体的に赤ら顔を治す方法をご説明します。

まずは、軽い症状のときに行える対策方法を見ていきましょう。

生活習慣の見直し

生活習慣で最も重要なのが、食生活の見直しです。

人間の体は食べ物でできていると言っても過言ではありません。

その大切な食事を見直すことで、赤ら顔を治していきましょう。

仕事で忙しく外食で済ます人も多いのですが、ファストフードなどの偏った食事はやめてください。

血行を悪くする最もダメな食生活です。

外食は極力やめて自炊するようにしましょう。

どうしても外食する場合は、

  • ビタミンCが豊富な緑黄色野菜
  • かぼちゃやアボカドなどのビタミンE

が採れるメニューにしてください。

洗顔の方法を変えてみる

肌に刺激を与えないように洗顔をしてみてください。

今よりもさらに洗顔剤をよく泡立てるようにします。

ぬるま湯でやさしくていねいにすすぎましょう。

タオルは吸収性の良い柔軟剤で仕上げたやわらかいタオルで、顔に当てて水けを取るだけにしてください。

洗顔後は忘れずに保湿化粧品で仕上げましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

 

かなり重度な赤ら顔を治す方法


上記のような対策でもまったく効果がないほど、重症な赤ら顔の場合をご説明していきますね。

皮膚科で相談してみよう!

自分の力では効果がない、もしくはひどくなってしまったという場合は、思い切って皮膚科を受診してみましょう。

専門医に相談することで、自分では気が付かなかった対策法や治療法がわかるかもしれません。

赤ら顔を治す治療法の種類

診察をし終えたあとに、具体的な治療をする場合には

  • 光治療
  • レーザー治療
  • 硬化療法

の3種類があります。

このうちレーザー治療は保険の適用が受けられるものはありますが、ほか2つは実費になります。

医師と良く相談してから治療を進めていってくださいね。

光治療では、顔に密集している毛細血管を縮小する効果があり、毛細血管が拡張していて赤くなっている場合には効果があります。

痛みは少なく、ダウンタイムも身近もなのが特徴です。

レーザー治療もレーザーを使って毛細血管を縮小する治療法です。

レーザーの種類によって、保険適用と適用外がありますので、話をよく聞いてから治療方法を選んでください。

硬化療法は薬剤を血管に注入し、血管同士をくっつけて、太い血管にして赤みを薄くする方法です。

注射をするだけなので、術後すぐに日常生活に戻れます。

 

赤ら顔を治してすっきりきれいになろう!


真っ赤な顔で恥ずかしいという気持ちも、これらの対策で改善していけます。

諦めずに、日々の努力で少しでも良くしていこうという気持ちが大切です。

赤ら顔を治して、きれいな肌になれば、自分に自信が持てるようになります。

参考にして試してみてくださいね。

参考URL:http://www.skincare-univ.com/article/000244/

関連記事

  1. アトピーが原因で赤ら顔に!改善のための治し方や治療法は?

  2. 肌の赤みがきになる!赤ら顔を治す方法はある?

  3. ビタミンKは赤ら顔にいいの?ビタミンKの働きや効果は?

  4. 鼻の周りが赤くなる!鼻周りの赤ら顔の原因は?改善法はある?

  5. ニキビ跡による赤ら顔を治したい!その改善方法は?

  6. 運動したり、お酒を飲むと赤ら顔になる理由とは?

  7. 乾燥して赤ら顔に!?赤ら顔の保湿方法教えます!

  8. 赤ら顔と毛穴が目立つ!その原因と解消法は?