【診断チェックあり】もしかして敏感肌かも?敏感肌の対処法まとめ

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

近年増えていると言われている、敏感肌。

自分でも気づいていないうちに、敏感肌になってしまっているかもしれません。

まずは、敏感肌になっていないかをチェックしてみましょう。

敏感肌のチェック方法と、対処法についてご紹介します。

 

敏感肌をチェックする方法

敏感肌ってこんな肌

敏感肌とは、肌が刺激に弱い状態になっていること

肌には、外的刺激から肌を守ったり、肌にある水分が逃げないようにしたりする働きがあります。

でも何らかの理由からこのバリア機能が低下してしまうと、外的刺激から肌を守ることができなくなり、刺激の影響を受けやすくなってしまうんです

肌の水分を保つこともできなくなるため、肌は乾燥してさらにバリア機能が低下してしまうことに。

肌質を低下させないためにも、肌が敏感になってしまったら早急にケアすることが大切です。

あなたはいくつ当てはまる?!敏感肌診断

敏感肌のケアするためには、自分が敏感肌かどうかを知ることが大切です。

始めに、敏感肌かどうかをチェックしてみましょう。

  • 肌が乾燥している。
  • 洗顔後に肌がつっぱる。
  • スキンケアをしても肌がすぐに乾燥してしまう。
  • 肌が赤くなることがある。
  • 肌が痒くなることがある。
  • ニキビなどの吹き出物ができる。
  • 化粧水がしみる。
  • 今まで使用していたスキンケアアイテムが肌に合わなくなる。
  • 化粧品でかぶれやすい。
  • 季節の変わり目に肌の調子が悪くなる。
  • 衣類やマスクなどがチクチクする。
  • 汗をかくと肌が痒くなる。
  • 紫外線の影響を受けやすい。
  • アトピー性皮膚炎がある。
  • アレルギー体質である。

これらの条件にあてはまることが多いと、敏感肌である可能性が高くなりますよ。

 

敏感肌を改善する対処法

肌の乾燥を改善してバリア機能を高める

肌のバリア機能を高めるためには、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

洗顔をした後には、すぐに化粧水をつけて水分を補給しましょう。

肌が乾燥していると、化粧水がすぐに肌に吸収されていきます

肌がしっかりと潤うまで、十分に化粧水をつけるようにしてください。

肌が潤ったら、乳液やクリームなどをつけて肌の水分を守りましょう。

スキンケアアイテムは、保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コエンザイムQ10

は、保湿効果の高い成分だと言われています。

肌の乾燥を防ぐことで、バリア機能を高めたり、肌の新陳代謝を促したりすることができますよ。

スキンケアで肌に膜をつくって肌を外的刺激から守る

敏感肌は外的刺激の影響を受けやすいため、肌を守ってあげることが大切です。

そのためにも、肌に膜をつくってくれるクリームなどを使用するようにしましょう。

ワセリンやホホバオイルなどは、油の膜を皮膚表面につくって外的刺激から肌を守ってくれますよ

セラミド、尿酸などの成分もオススメです。

スキンケアアイテムは、肌に刺激の少ない物を選ぶことも大切です。

  • 香料
  • 着色料
  • 合成界面活性剤

などの余分な成分の入っていない、シンプルなものを選ぶようにしましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

ベビー用のスキンケアアイテムには、刺激の少ないものが揃っています。

新しい化粧品を使用する前には、必ず手の内側などで試してから使用するようにしましょう。

肌が敏感になっている時や季節の変わり目には化粧品かぶれを起こしやすくなるため、新しい化粧品を試すのは控えるようにしてください。

できるだけ肌への刺激を防ぐ

敏感肌を悪化させないようにするためには、できるだけ肌への刺激を抑えることが大切です。

肌に触れる時には、肌にダメージを与えないよう優しく丁寧に扱いましょう

マッサージやツボ押しなどをする時には、力を入れ過ぎないように注意してください。

紫外線も肌への刺激となってしまうため、紫外線を避けることも大切です。

帽子や日傘などを活用して、紫外線を防ぎましょう。

日焼け止めを使用する時にはSPFとPAが適したもので、できるだけ肌に刺激を与えないものを選びましょう。

肌のターンオーバーを促して肌を健やかにする

肌のターンオーバーを整えることで、肌のバリア機能を高めて健やかな肌へと導くことができます。

肌のターンオーバーを整えるためには、肌を清潔に保ち、基本のスキンケアをしっかりと行うことが大切です。

食生活や生活習慣を整えることも効果的です。

健やかな肌をつくるためにも、必要な栄養素をバランスよくとるようにしましょう。

生活習慣の乱れを正して、規則正しい生活を送ることも大切です。

特に、質の高い睡眠をとることが効果的ですよ。

ストレスも肌に悪影響を与えてしまうため、こまめにストレスを発散してストレスを溜めないようにしてください。

 

まとめ

バリア機能の低下した敏感肌は、いろんな肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

肌を健康に保つためにも、敏感肌を改善するようにしましょう。

自分が敏感肌かどうかをチェックして、当てはまるようなら敏感肌のケアを行ってみてくださいね。

関連記事

  1. 【敏感肌さん必見】大人ニキビの原因とスキンケア対策|まとめ

  2. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ

  3. お酒は敏感肌の原因に?!アルコールがもたらすお肌へのダメージとは?

  4. 超敏感肌は改善できる!原因と対策を知ってストレスフリーな肌に!

  5. 敏感肌にオーガニック化粧品は合うのか?!正しい知識でケアしよう!