なぜ産後は便秘になりやすい?その原因と対策方法とは?

妊娠中に便秘に悩まされる方は多いですが、「出産後の便秘にもっと悩まされる」と言うママも沢山います。

中には2週間~6週間にもわたって便秘が続く方もいるようです。

慣れない育児で体力的にも精神的にも大変な中、便秘で悩まされるなんて辛いですよね。

本記事では、なぜ産後に便秘になりやすいのか、その原因と辛い状況から抜け出す対策をご紹介します。

産後に便秘になりやすい理由

出産時にいきみ過ぎて筋肉の機能が低下している

出産時には今までにない位にいきみます。

その際に肛門の開閉をする筋肉「肛門括約筋」が傷ついてしまい機能が弱まることがあります。

肛門括約筋が回復するまで機能が落ちるので、排便をしたくてもいきめない→便秘になるという訳です。

この場合、自然治癒が難しいため

  • 産婦人科
  • 肛門科

に相談しましょう。

 

会陰切開や帝王切開の傷をかばう

普通分娩では会陰切開の傷口、帝王切開の場合は切開した部分の傷が気になってしまい、便意を我慢しがちになり、あまりいきめないことも多いです。

ですが、実際には会陰切開の部分と肛門は別で、よほどの力でいきまない限り傷口が開く心配はありません

排便を我慢してしまうと、

  • 痔の原因になる
  • 便秘を悪化させてしまう

ので、我慢は禁物です。

 

気が付かない内に陥りがちな生活習慣の乱れ

出産前から体を動かしにくいこともあり運動不足だったうえ、出産後も赤ちゃんのお世話に追われて運動不足が続きがちです。

すると、排便に必要な筋力が低下して便秘になりやすくなります

また、

  • 完璧にこなそうとストレスをため込むこと
  • 睡眠が十分に取れてないこと

も多いかもしれません。

  • ストレス
  • 睡眠不足

により自律神経が乱れて便秘に繋がることもあります。

 

水分量の不足

1日に平均で600mlから800mlの母乳が出ます

つまり母乳を作るのに1L近い水分が母体から放出されているんです。

なので、ママは平均的な水分摂取量である2Lに1Lをプラスした3L以上の水を摂取する必要があります。

意識的に水を摂取しないと、なかなか難しい量ですよね。

 

まずは小まめな水分補給から始めよう!


出産後はできれば3L/1日を目安に水分を摂取していきましょう。

  • 糖分
  • 塩分
  • カフェイン

などが含まれておらず、栄養価の高い

  • ミネラルウォーター
  • ゴボウ茶
  • ルイボスティー

などがオススメです。

自分の水分補給は後回しになってしまうことも多いので、水分摂取の時間と量を決めておくと良いでしょう。

 

栄養に優れた食事+便を柔らかくする食材を投入

赤ちゃんにとって美味しく栄養のある母乳にするためには

  • 「低カロリー」
  • 「高たんぱく」
  • 「食物繊維が多い」

食事が良いと言われています。

和食が最も理想的な食事となることでしょう。

献立は和食をメインにし、以下の2点を重視してみてください。

水溶性食物繊維をより多く摂取する

  • わかめ
  • ごぼう
  • モロヘイヤ
  • 春菊

などに含まれる水溶性食物繊維には、便を柔らかくする作用が見込めます。

逆に、イモ類に含まれることの多い不溶性食物繊維は、カサを増して腸を刺激する作用があります。

ただし、便の柔らかさには関わらないため、かえって便秘が悪化する可能性もあります。

一般的には不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1のバランスが良いと言われていますが、様子をみて、水溶性食物繊維の摂取の比重を増やすのも手です。

腸内環境を整えてくれる食品を摂取する

腸内環境が整うことで便秘も自然と解消されていきます。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • 味噌
  • キムチ

など善玉菌が多い発酵食品や、善玉菌のエサとなる

  • オリゴ糖
  • 乳酸菌

を意識して摂取してみましょう。

  • オリゴ糖
  • 乳酸菌

にはいくつもの種類があるので、ブレンドされたサプリや飲料の摂取を心掛けるとより効果的ですよ。

  • オリーブオイル
  • アボカド
  • アーモンド

などのオレイン酸に富んだ食材も腸内環境の改善に役立ちます

また良質なオイルなので便を滑りやすく柔らかくする効果も見込めますよ。

オリーブオイルはカロリーが大さじ1で130カロリー以上と高いため、ぜん動運動の活発な朝食のタイミングで大さじ1摂取すると良いでしょう。

 

もっと手軽には食物繊維を摂るには?


もっと手軽に食物繊維を摂って便秘を解消したい!

という方におすすめしたいのがいちずな酵素

食物繊維が豊富な根菜を中心とした国産の全60種類の自然素材をこんにゃくで固めた酵素ゼリーです!

スティックタイプのゼリーなので、もち運びにも便利!

しかも着色料、保存料を使っていない無添加なので安心。

砂糖・シロップも不使用でスティック1本24.84キロカロリーと
低カロリーなのでダイエット中の方にも最適ですよ!

⇒いちずな酵素公式サイト

いちずな酵素

お腹のマッサージで腸を刺激する

マッサージをすることで腸に刺激をあたえ、溜まった老廃物の排出を促しましょう。

ヨガやストレッチなども効果的です!

産婦人科で便を柔らかくする薬をもらう

辛い便秘が続くようであれば、産婦人科でお薬をもらいましょう。

多くの場合「マグミット剤」と呼ばれる酸化マグネシウムでできたお薬が処方されます。

固くなった便に水分を与えて便を柔らかくする作用が見込めます。

授乳期間中には、母乳を通して赤ちゃんに悪影響を与えてしまうような薬の摂取はできません。

ですので、くれぐれも自己判断で下剤などを摂取しないようにして下さいね。

 

まとめ

慣れない赤ちゃんのお世話で大変なところ、便秘でお腹が苦しいと本当に辛いですよね。

出産後は体が母乳の影響も受けて大きく変化しますし、出産時の傷も引きずった期間なので体はとてもデリケートな時期です。

体の変化に上手に対応するためにも

  • 水3Lの摂取
  • 食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖を不足させない食事
  • 低下した筋力をカバーするためのマッサージやストレッチ

など、上手に取り入れて便秘を乗り越えてみてくださいね。

本当に辛い…と思った時には、迷わずに産婦人科に駆け込みましょう。

大丈夫です。

産後の便秘で悩むママさんはとっても多いのですから、恥ずかしがる必要はありませんよ。

相談することで軽くなる重荷なのですから、1人で背負う必要はありません!

産後便秘に悩むママさんの体調が1日でも早く万全になるよう、お祈りしています。

関連記事

  1. いちずな酵素で便秘解消&ダイエット?31歳の私が食べた感想を見てから買…

  2. 妊娠中に便秘になる原因と対策方法は?

  3. 断食で便秘解消!デトックスに効果的な正しい断食方法とは?

  4. ヨガポーズ|便秘解消できるおすすめヨガポーズ3選+α

  5. 便秘を解消したい人がするべき運動まとめ

  6. 便秘になるとむくむ!便秘とむくみの関係と改善のための対策は?

  7. 便秘と下痢を繰り返す理由とは?

  8. 便秘にはアロエが効く!アロエの便秘改善効果とは?