温泉成分がはいったスキンケアアイテムで美肌になろう!

「温泉水入りの化粧品」はそれだけで肌に優しく、美肌にもっていこいのイメージがありますね。

日本人は遥か昔から温泉に対して特別な思いがあったようで、治療・癒し・美容など様々な目的でその効果を取り入れてきました。

今回は、中でも「美容」に焦点を当てて見て行きましょう。

温泉水で美肌になれるのは本当か?

その理由は何なのか?

ご紹介します。

温泉水のここがスゴイ!

まず始めに温泉水全般に共通する美肌ポイントをご紹介しましょう。

浸透性

普段の入浴の際には水道水を使用する方が多いと思います。

水道水と比べると温泉水は、私達の皮脂と混ざりやすい性質をもっています。

つまりは肌に浸透しやすいのです。

そのため、潤いや、有効成分による効果効能を感じやすいという訳です。

栄養たっぷり

温泉水はミネラルが豊富に含まれていることが多いです。

そして、その配合のバランスが私達人間の体のミネラルバランスに非常に近いため、温泉水が肌に浸透すると、不足しがちな体内のミネラルや保湿分を補ってくれます。

中でもミネラルバランスが特に秀でて良い温泉は「美人の湯」「美肌の湯」などと言われ女性に人気の温泉が多いです。

お手ごろ価格・毎日使いやすい

“温泉大国・日本”と言われるだけあって、日本では温泉水は比較的簡単に手に入れることができます。

そのため、温泉水が含まれている化粧品も安価で販売されていることが多いです。

毎日温泉で入浴するのは難しくても、温泉水配合の化粧品ならそれが叶いますね。

温泉水は出所によって配合されているミネラルバランスや性質が違います。

自分の肌に合ったもの、なりたい肌に合わせてチョイスすると良いでしょう。

 

温泉水の種類

では、次に自分に合った温泉水選びをするためにも温泉水の種類についてご紹介します。

温泉水は大きく分けてふたつの性質に分かれます。

下記がその目安です。

  • 酸性:pH3未満
  • 弱酸性:pH3~6未満
  • 中性:pH6~7.5未満
  • 弱アルカリ性:pH7.5から8.5未満
  • アルカリ性:pH8.5以上

アルカリ性温泉水

古い角質を柔らくしてくれます。

また毛穴に詰まった汚れや皮脂も溶かしてくれるので、入浴後には肌がスベスベになり、もっちりとした保湿感を感じるのがこの泉質です。

「美人の湯」「美肌の湯」と言われている温泉にはこの泉質のものが多いようです。

しかし、アルカリの濃度が高くなりすぎると、肌に合う方・合わない方が分かれてきます。

毎日の化粧品として使用するなら、弱アルカリの域のものを使用することをおすすめします。

酸性温泉水

炎症を抑えたり予防する効果があります。

殺菌効果もあるため、傷や炎症の湯治に良く利用されるのがこの泉質です。

一般的には硫黄の臭いがする泉質は酸性であることが多いです。

しかし、酸性が強くなり過ぎれは肌表面を溶かしてしまうこともあります。

肌がヒリヒリしたり、赤くなってしまうこともあるので弱酸性が安心です。

弱酸性であれば、肌の性質に近いので肌にも優しく毎日使用しても問題ありません。

もし、酸性の強い温泉水を使用している化粧品があれば、ふき取用として利用したり、または使用したあと洗い流す方法が良いでしょう。

 

肌悩みによって選びたい!温泉水の種類

温泉水の特性が分かったところで、自分自身の美肌のためには上手に使い分けることが必要です。

肌悩みにあわせた具体的な使い分けをご提案します。

アルカリ性温泉水

  • ソフトピーリング
  • 毛穴ケア
  • 美白ケア

先述のとおり、アルカリ性の泉質は、古い角質を柔らかくして取り除いてくれるため、ソフトピーリングに適しています。

酸性の泉質によるダイレクトなピーリングよりも穏やかなピーリングです。

また酸化して毛穴に詰まった皮脂や汚れを溶かし出してくれる効果も相まって、肌がスベスベになります。

さらに、メラニンの分解を助けてくれる効果もあります。

古い角質や、毛穴に黒ずみを取り除くだけでも肌は見違えるように明るくなるはずです。

これに加えてメラニンケアもできるとなれば美白効果も期待できますね。

酸性温泉水

  • ニキビケア
  • アトピー
  • 敏感肌ケア

酸性の泉質には炎症を抑えたり、殺菌効果があるため、慢性的または突発的なニキビ肌のケアに良いでしょう。

季節の変わり目に揺らいでしまう肌や、生理前・整理中に肌が荒れやすい方も常備しておくと良いかもしれませんね。

また、弱酸性のものであればアトピー性皮膚炎の方やアレルギー性敏感肌の方にも適しています。

 

温泉水はどんな化粧品が適しているの?

「温泉水」というだけあって、温泉水配合の化粧品は“水物”のアイテムに多く見られます。

特にミストタイプや化粧水が多いですね。

通常、ミストタイプは使用しても直ぐに蒸散してまい、余計に乾燥するという実感がある方も多いかもしれません。

しかし、温泉水は通常化粧品に使用する精製水よりも肌になじみが良く浸透も早いのでその心配もありません。

化粧水の浸透が悪いと感じる方は化粧水を温泉水入りのものに変えてみたり、また、日中の乾燥が治まらない方は、温泉水入りのミスト化粧水を持ち歩くことをおすすめします。

肌質・肌悩み・使用シーンに合わせてアイテムを上手に使い分け、温泉水美容を楽しんでください。

 

関連記事

  1. 全身うるツヤ美肌に!きれいな肌になるためのスキンケアの決め手は?

  2. 便秘にはアロエが効く!アロエの便秘改善効果とは?

  3. ニキビ知らずの美肌になるスキンケア方法とは?

  4. 金箔パックの効果とパックできるお店を紹介します!

  5. 化粧のりが悪い原因ってなに?化粧ノリを良くする方法はある?

  6. 自宅で簡単・クエン酸パック!その効果と作り方

  7. 「ダイズ種子エキス」はどんな効果がある?この成分配合のおすすめ化粧品2…

  8. 美肌の秘訣は何もしないこと!?スキンケアしなくても大丈夫なの?