ニキビができたけど保湿しすぎると逆効果!?正しい保湿方法とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

いろんな部位にできてしまうニキビは、あるととても気になってしまうもの。

ニキビを早く治したい!と願って、一生懸命スキンケアに励む方も多いと思います。

でも、保湿の方法によっては逆効果になってしまうことがあるんです。

ニキビ肌の方にオススメしたい、保湿方法についてご紹介します!

ニキビってどうしてできるの?

ニキビができるメカニズム

ニキビは、毛穴詰まりが元でできてしまいます。

何らかの原因で毛穴が詰まると、そこにニキビ菌とも呼ばれているアクネ菌が繁殖し、ニキビをつくってしまうんです。

毛穴を詰まらせる原因の一つが、皮脂の過剰な分泌

皮脂の分泌が多すぎると上手く毛穴から排出されず、毛穴を詰まらせてしまいます。

アクネ菌は皮脂が大好きなので、皮脂が多いとアクネ菌が繁殖しやすくなってしまいますよ。

古い角質も、毛穴を詰まらせる原因に。

肌のターンオーバーが乱れて古い角質が肌に溜まると、毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

ニキビケアに正しい保湿が必要な理由

保湿ケアはスキンケアの基本。

ニキビケアにも正しい保湿が欠かせません

ニキビは毛穴が詰まることでできてしまうため、肌のターンオーバーを整えて古い角質が溜まらないようにすることが必要です。

そのためにも、適した保湿をして肌の乾燥を防ぐことが大切

肌が乾燥すると、肌が潤いを守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまうこともあります。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなってしまいますよ。

肌が乾燥することで毛穴が固くなり、皮脂などの老廃物が排出されにくくなることも。

保湿のしすぎも毛穴を詰まらせる原因に

保湿のためにこってりとしたクリームなどをつけすぎると、毛穴が詰まってニキビができてしまいます。

ニキビを防ぐには、肌に適した分だけ保湿することが大切です。
 

ニキビを防ぐ保湿方法

肌に必要な水分を補給する

肌の乾燥を防ぐためにも、肌に不足している水分を保湿ケアで補給しましょう。

それには、洗顔後などに化粧水をつけるのが効果的です。

化粧水は、肌が必要としている分だけつけることが大切

適量の化粧水を手の平にとり、両手をこすり合わせて化粧水を少し温めます。

その後、両手の平や指先を使ってつけていきましょう。

面積の広い部分は、両手の平で包み込むようにしてつけてください。

小鼻や目元などの細かい部分は、指先の腹を使ってつけましょう。

肌が乾燥している部分には、重ね塗りするのもオススメです。

最後に、ハンドプレスをして化粧水を肌になじませてください。

化粧水を塗り終わったら、きちんと潤っているか確認しましょう

手の平で肌を包み込み、手の平が肌に軽く吸い付くくらい、肌が少しひんやりと感じるくらいが潤っている証拠。

肌をチェックして潤いが足りない場合には、少しずつ化粧水を足してください。

化粧水は、肌に適したものを選ぶことが大切です。

肌が乾燥しているなら、

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

など保湿効果の高いもの。

皮脂の分泌が多い場合には、皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンC誘導体などの配合されたものなど、肌に合わせて選ぶようにしましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

ニキビ肌におすすめのパックはこちらの記事でも紹介しています。

肌に適したクリームをつける

化粧水がなじんだら、すぐにクリームなどをつけるようにしましょう。

クリームをつけることで、肌の水分が蒸発するのを防ぐことができます。

外的刺激から肌を守る働きもあるため、刺激を抑えてニキビをできにくくする効果も期待できますよ。

乳液には肌を柔らかくしてくれる効果もあるため、クリームの前に乳液をプラスするのもオススメです。

適量のクリームを手の平にとったら、おでこ、鼻、両頬、顎の5点にのせます。

両手の平を使って、肌が乾燥しやすい部分から伸ばしていきましょう。

細かい部分は、指先の腹を使って丁寧に伸ばしていってください。

クリームは、薄く伸ばすようにしましょう。

肌が乾燥しやすい部分には、少しずつ重ね塗りをするようにしてください。

皮脂の分泌が多いからといって、化粧水だけでクリームを塗らないのは禁物。

毛穴を詰まらせないように、適量を薄く伸ばすのがポイントです。

化粧水やクリームが浸透しやすい肌にする

保湿ケアをする前には、肌を整えておくことも大切です。

肌に余分なものがあると化粧水が浸透しなくなってしまうため、クレンジングや洗顔をして肌の汚れを落としておきましょう。

古い角質が溜まっている場合には、角質を落としてくれる効果のある洗顔料を使用するのもオススメです。

洗顔をした後には、きちんと水分を拭き取りましょう。
 

まとめ

ニキビができてしまった時には、肌に適した保湿をすることが大切です。

肌が必要としている潤いを与え、毛穴を詰まらせないようにクリームを塗るようにしましょう。

ニキビができている原因をチェックして、自分の肌に合ったスキンケアアイテムを選ぶことも大切です。

正しい保湿ケアをして、ニキビのない肌をつくりましょう。

関連記事

  1. 肌をうるおす成分って何?保湿するなら知っておくべき成分7選

  2. 気づけば髪の毛がパサパサに…自宅でできる保湿方法とは?

  3. 保湿しているのに乾燥肌が改善されない!正しい保湿方法とは

  4. あなたのスキンケア間違っていませんか?正しい肌の保湿方法まとめ

  5. 乾燥肌は保湿必須!ボディスキンケアはクリームタイプがいいの?

  6. 保湿に一番効く成分はセラミドって本当?他成分と比較!

  7. 保湿しても乾燥するのは意外な理由だった!原因を知ってしっとり肌に!

  8. 【今スグ実践!】肌を保湿する効果的なスキンケア方法4選