朝にはコレ!化粧ノリを良くする方法

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

できれば少しでも長く寝ていたいため、朝は余裕がないですよね。

そんなときに、化粧ノリが悪くて、まったく化粧が終わらないときありませんか?

余裕はないのに、この顔の状態では出かけることができないと、イライラするものです。

そこで化粧ノリを簡単によくする方法をご紹介します。

ただ、普段から少し気を付けることで、格段に化粧ノリが良くなりますので、そちらも実行してみてくださいね。

 

化粧ノリが悪くなる原因

まずは化粧ノリが悪くなる原因について知っていきましょう。

何気ないことでも肌はダメージを受けてしまいます。

それを知ることで、予防対策にもなるので、しっかり確認してくださいね。

乾燥肌によって肌のキメがあらくなる

肌トラブルの原因は、乾燥肌によるものがほとんどです。

乾燥肌になると、皮ふのキメがあらくなり、ファンデーションなどを付けても、よれたりくすんだり浮いてしまうことになります。

キメがあらいせいで、すべてがなじまない状態になっているのです。

紫外線によるダメージ

紫外線を浴び続けていると、角質層がダメージを受けて水分が蒸発し、うるおいがなくなってしまいます。

それが原因で化粧をしてもなじんでいかないという現象が起きてしまうのです。

ターンオーバーの機能低下

加齢や乾燥肌によってターンオーバー(肌の再生)機能が低下し、肌のキメが崩れてしまいます。

これが原因でファンデーションがスッときれいにノってくれません。

ホルモンバランスの乱れ

生理などの関係もありますが、不規則な生活を続けていると、ホルモンバランスが乱れて肌荒れを起こします。

肌荒れのときは、化粧をしてもしみますし、ファンデーション部分が浮いてしまう感じです。

 

普段から気を付けたいこと

朝に化粧ノリを良くする対策のためにも、普段からしておいてほしいことを説明していきます。

ぜひ、やれることから始めてみてくださいね。

おなかの調子を整える

おなかの調子を整えることで

  • 肌荒れ
  • しみ
  • そばかす
  • にきび

などを予防できます。

食物繊維ビタミンなどの栄養素を積極的に摂取し、軽い運動良質な睡眠を心掛けるようにしてください。

なかなか寝付けないときは、リラックスしながらのストレッチが有効です。

あとは首元やおなかを良く温めるようにしましょう。

普段から保湿を心掛ける

寝る前の保湿化粧品の使用や、加湿器などで部屋を乾燥させないなどの工夫をしておきましょう。

真冬は外出から帰ったら、すぐに水蒸気を顔に当てるなどの工夫もしてみてください。

 

朝にするケアはこれ!化粧ノリを良くする方法

実際に忙しい朝に化粧ノリが悪く、困っているときにする対策方法をご紹介します。

肌の調子がとても悪く化粧しにくいときにやってみてくださいね。

洗顔後はスチームタオル

洗顔後に肌のコンディションが最悪だと感じたら、すぐにスチームタオルを用意しましょう。

忙しい朝でもぬらしたタオルをレンジで1分加熱するだけです。

それをやけどしないように注意しながら、タオルが冷めるまで顔全体をおおいましょう。

保湿化粧水を必ず使おう

スチームタオルを使い終わったら、すぐに保湿用の化粧水を付けます。

まずは一番乾燥しいやすい目元口元鼻の周りです。

数分置いたあと、全体に付けていきます。

美容液から乳液でしっかりガード

化粧水が終わったあとは、まず美容液を全体かもしくは乾燥しやすい部分にのばしていき、そのあとに乳液を付けます。

乳液で化粧水や美容液をガードするイメージです。

なじむまで数分置きましょう。

朝に時間がある時はパックでしっかり保湿し化粧のりをよくしてくれますよ!

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

 

化粧をするときのポイント

朝のケアが終わったあとに化粧をするときのポイントも説明しておきますね。

ベースクリームは季節ごとに準備

ベース(下地)クリームは必ず付けましょう。

直接ファンデーションを塗ると、紫外線ダメージを防ぎきれないですし、化粧に入っている成分で肌荒れを起こします。

あとはベースクリームは夏と冬で使い分けましょう。

大まかに暑い季節寒い季節で2分割で大丈夫です。

夏は紫外線を十分に防ぐためのベースクリームで、冬は乾燥肌から守るためのベースクリームを使うことが大切です。

パフはこまめに洗おう!

ファンデーションを付けるパフですが、一回ごとに洗うとまではいかなくても、2~3回に1度は洗って陰干ししてください。

きれいな状態で使わないと、肌を傷付けてしまいますし、化粧ノリをひどくしてしまいます。

 

時間のない朝でもしっかりと時短メイク

化粧ノリが悪いと、化粧をするのにもとても時間が掛かりますし、ファンデーションが浮いたりよれたりしている状態では出かけられないですよね。

そのときは、朝のケアをすれば化粧ノリは改善します。

ただ、その場しのぎでやるよりは、普段から保湿対策をきっちりするなどの心掛けも大切です。

しっかり対策をして時短メイクで、サッと出かけましょう!

関連記事

  1. 化粧をしないのが美肌の秘訣?化粧品の恐ろしさとは…

  2. 「オタネニンジン根エキス」の効果は?この成分が入っているおすすめの化粧…

  3. 化粧のりが悪い原因は乾燥?その対策方法は?

  4. 化粧ノリが悪い…そんなときの対策方法は?

  5. 化粧のりをよくする方法5選まとめ