~男性編~赤ら顔の原因と治し方教えます。

赤ら顔は、男女問わず起こりえるものです。

男性特有の治療法というものは存在しませんが、男性に多い赤ら顔の原因はあります。

この原因を解消することで赤ら顔を治すことができるでしょう。

ここでは、男性の赤ら顔の治し方をご紹介します。

赤ら顔とは


赤ら顔とは、なんらかの理由で顔が赤くなった状態のことをいいます。

さまざまな原因が挙げられるため、まずは原因を突き止めることが先決です。

赤ら顔の原因


赤ら顔の原因によっては、男性の方が起こりやすいものがあります。

原因を詳しく解説します。

アルコールの過剰摂取

アルコールには、毛細血管を拡げる作用があります。

毛細血管が拡がるということは、血液の量が増加するということです。

血液は赤色であるため、皮膚から透けて見えることで赤ら顔になるのです。

男性は、アルコールを日常的に飲んでいる場合が多いため、毛細血管の拡張による赤ら顔になりやすいといわれています。

また、アルコールを過剰摂取すると、逆に血液が停滞してしまい、皮膚から透けて見えることで赤ら顔になることがあります。

このようなことは、刺激の強い香辛料を過剰摂取した場合にも起こります。

香辛料を多量に使っているおつまみを食べることが習慣づいている方は、赤ら顔になる可能性が高いといえます。

 

脂漏性皮膚炎

皮脂が過剰に分泌されていると、皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

皮膚の表面や毛穴の過剰な皮脂を皮膚の常在菌が食べて増えることで、炎症が引き起こされるのです。

このような状態を「脂漏性皮膚炎」といいます。

炎症を起こすと赤くなるため、赤ら顔の原因になる場合があります。

特に、皮脂の分泌が多いTゾーンや頬などに起こりやすいので注意が必要です。

 

赤ニキビ

ニキビは、毛穴に皮脂と古い角質が混ざり合ったものが詰まることで発生します。

初期段階の白ニキビでは、まだ炎症が起きていません。

しかし、雑菌が皮脂を分解して繁殖すると、毛穴に炎症が起きて赤くなるのです。

この状態を赤ニキビといいます。

この赤ニキビの周辺の皮膚まで赤くなることで、赤ら顔になることがあります。

 

ビニール肌

ビニール肌は、皮膚の外側にある角質が剥がれることで、肌のキメが乱れた肌です。

この状態は外部刺激に弱いため、少しの刺激で炎症を起こしてしまいます。

ビニール肌は、

  • ピーリングのしすぎで角質を過度に落とす
  • ゴシゴシと洗顔する

ことが原因です。

あまり洗顔の方法に興味がなく、間違った方法で洗顔している男性は多いでしょう。

 

赤ら顔の治し方


男性の赤ら顔の治し方は女性の赤ら顔の治し方と同じです。

自分の赤ら顔の原因を突き止めて、その原因を解消することが大切です。

ただし、中等症以上の赤ら顔はセルフケアで治すことが難しいので、クリニックを受診することをおすすめします。

スキンケアを見直す

洗顔のときに、ゴシゴシと擦っていないか、ピーリングをしすぎていないか思い返しましょう。

心当たりがある場合は、正しい洗顔と適度なピーリングを心がけてください。

また、角質を落としすぎないマイルドな洗浄力の洗顔料を使用することも大切です。

洗顔の際には、洗顔料をしっかりと泡立てて、肌を刺激しないように洗いましょう。

 

生活習慣を見直す

赤ニキビによる赤ら顔を治したいのであれば、生活習慣を見直しましょう。

ニキビの原因である古い角質は、肌のターンオーバー(新陳代謝)が遅れることで発生します。

肌のターンオーバーは、血流の低下や成長ホルモンの分泌不足などによって乱れます。

血流をよくしたいのであれば、適度な運動を心がけましょう。

成長ホルモンは、入眠から30分~1時間の間に多く分泌されるのですが、熟睡していなければ分泌が滞ってしまいます。

つまり、ニキビを防ぐのには、適度な運動と熟睡がよいということになるのです。

 

アルコールや香辛料を控える

毛細血管の拡張を招くアルコールや香辛料の過剰摂取に注意しましょう。

毎日のように飲酒をしているのであれば、2日1回に減らすなど、工夫してください。

急に飲酒をやめると、ストレスが溜まってしまう可能性があります。

ストレスは血流の悪化を招くため、赤ら顔の原因になります。

 

脂質の摂りすぎに注意する

脂質の摂りすぎは皮脂の過剰分泌に繋がるため、脂漏性皮膚炎や赤ニキビの原因になります。

肉類を食べる際には、赤身肉を選ぶなど工夫しましょう。

 

赤ら顔の改善方法

クリニックで受ける治療

クリニックでは、光治療やレーザー治療などを行います。

光治療とレーザー治療は同じ仕組みですが、レーザーの方が高出力であるため高い効果が期待できます。

ただし、それだけダウンタイムが長いため、生活に支障をきたしやすい治療といえます。

他にも、漢方治療や効果療法という硬化剤を血管に注射する方法などがあります。

男性の赤ら顔の原因は生活習慣や間違ったスキンケアなどの場合が多いので、まずはこれらを見直しましょう。

できれば、クリニックで診断してもらい、医師に相談したうえで改善策を実行しましょう。

自宅でできるフェヴリナの炭酸ジェルパック

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っています。

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、クリニック代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ。

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

関連記事

  1. 【赤ら顔に悩む人必見】赤ら顔の人がすべきスキンケア方法とは?

  2. 赤ら顔に漢方が効く?おすすめの漢方3つを紹介!

  3. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?

  4. 赤ら顔はスキンケアとメイクでカバー!そのメイクやスキンケア方法とは?

  5. 敏感肌の人は赤ら顔になりやすい!その原因と対策は?

  6. ビタミンKは赤ら顔にいいの?ビタミンKの働きや効果は?

  7. 日焼けによる赤ら顔の原因は?また予防と対処法は?

  8. ニキビによる赤ら顔にはどう対処すればいい?その原因や治し方は?