目元・口元が乾燥する!その原因と対策方法は?

紫外線やエアコン、衣類の摩擦など様々な原因で肌が乾燥します。

特に、目元や口元は乾燥しやすいといわれているので注意が必要です。

しっかりと乾燥対策をしましょう。

ここでは、乾燥の原因と対策について紹介します。

乾燥とは


乾燥とは、角質細胞の保水力が低下することで肌の水分が失われている状態です。

肌に十分な水分が含まれていることで、外的刺激に強くなります。

皮脂膜も肌の水分の蒸発を防いだり、外的刺激から肌を守ったりする役割を果たしていますが、角質細胞の保水力が最も重要といえます。

角質細胞と角質細胞を繋ぐ角質細胞間脂質、高い保湿力を誇る天然保湿因子が不足すると、角質の保水力が低下してしまいます。

 

乾燥の原因とは


乾燥の原因は次のとおりです。

間違ったスキンケア

肌をごしごしとこすると、必要な皮脂や角質まで落としてしまいます。

その結果、肌が乾燥してしまうのです。

また、洗顔料をしっかりと泡立てずに使用した場合にも乾燥しやすくなります。

これは、洗顔料を泡立てずに使用することで、強い洗浄成分が肌に刺激を与えるからです。

そして、熱い湯ですすぐことも乾燥に繋がります。

皮脂は熱に弱いため、熱い湯ですすぐと簡単に流れてしまいます。

角質も一緒に落としてしまうので、乾燥を招くのです。

食生活

肌はターンオーバーという生まれ変わりのサイクルをくり返しています。

ターンオーバーは一定の周期で起こるのですが、ターンオーバーが遅れると古い角質が溜まって肌に刺激をもたらし、逆に早まっていると保水力が低い角質ができてしまうのです。

また、脂質の摂り過ぎによって皮脂が過剰に分泌され、皮脂が酸化することで肌に刺激を与え、乾燥を招くこともあります。

生活習慣

エアコンに直接当たることで、肌の水分が失われます。

また

  • 熱い湯に浸かる
  • 睡眠不足
  • ストレス

なども乾燥を招きます。

睡眠不足やストレスは肌のターンオーバーを乱す原因です。

目元や口元が乾燥しやすい理由


目元や口元は特に乾燥しやすい部位です。

これは、他の部位と比べて皮膚が薄いためです。

これらの部位の皮膚を厚くすることはできないので、しっかりと乾燥対策をしてください。

 

乾燥を防ぐためのケア


乾燥を防ぐためには、まずは肌に水分を与える必要があります。

化粧水をしっかりと浸透させましょう。

しかし、それだけではすぐに水分が蒸発してしまいます。

乳液やクリームで肌に蓋をして水分の蒸発を防ぎましょう。
クリームや乳液は、皮脂膜と同じような役割を果たします。

 

スキンケア方法

化粧水の選び方

乾燥を防ぐにあたり、肌に水分を与える化粧水の選び方が最も大切です。

次のような成分が含まれる化粧水を選びましょう。

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸
  • 天然保湿因子
  • プロピレングリコール
  • ブチレングリコール

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、肌の奥深くにある真皮にも存在しています。

しかし、角質層には存在していません。

存在していない成分を補給しても意味をなさないことがほとんどですが、これらの成分は高い保水力を持ち、角質層に浸透させることで効果を発揮します。

なお、天然保湿因子は次のような成分で構成されています。

  • アミノ酸
  • 乳酸ナトリウム
  • 尿素
  • ミネラル

つまり、これらの成分が含まれている化粧水を選べばよいということです。

パックでしっかり保湿

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

目元・口元の乾燥が気になる方にはぜひ試していただきたいパックです!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

 

環境要因に注意


紫外線やエアコン、衣類の摩擦など乾燥の要因に注意しましょう。

特に、紫外線は肌の奥深くにあるコラーゲンやエラスチンを作る線維芽細胞を破壊し、乾燥肌を招く恐れがあるので注意が必要です。

紫外線対策には

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 帽子を被る
  • アームカバー

を利用するなどが挙げられます。

目元や口元にもしっかりと日焼け止めクリームを塗りましょう。

日焼け止めクリームには、SPFやPAなどの値が設定されており、どれだけ強い紫外線をどれだけの時間浴びるか、塗りなおす機会があるのかなどを考慮して選ぶ必要があります。

SPFは、肌の表面に影響を及ぼすUVBに対応しており、PAは肌の奥深くにまで届いてダメージを与えるUVAに対応しています。

紫外線による影響は約15~20分で現れる
といわれており、SPFが高ければ高いほどに紫外線の影響を受けるまでの時間を引き延ばすことができます。

SPF30であれば、30×15分=450分は紫外線の影響を避けられるということになります。

PAは、+の数が多ければ多いほどに紫外線を防ぐ効果が高いことになります。

少し外出する程度であれば、++のもので十分でしょう。

しかし、真夏に海に行くような場合には、+++以上のものを使用することが大切です。

冬場でも紫外線対策が必要ですが、+のもので十分です。

PA++++など効果が非常に高いものには、紫外線吸収剤が使用されていることが多いのですが、この成分によって肌が刺激を受けて乾燥してしまうことがあるのです。

状況に合わせて適切な紫外線対策をしてください。

 

関連記事

  1. 【動画あり】むくんだ口元を改善できる体操まとめ

  2. 顎にできるニキビの原因は?口元のスキンケア方法教えます!

  3. 気になる目元のシワ。その原因や対策方法は?

  4. 口元にできるニキビの原因はなに?その対処法は?

  5. 口元のたるみの原因ってなに?改善方法はある?

  6. 口元のたるみを解消!口元引き締めエクササイズまとめ

  7. 口元の肌荒れの原因はなに?どんな対処法がある?

  8. 目元ケアには「ユースキン」がおすすめ!その活用法とは?