化粧のりをよくする方法5選まとめ

化粧のりがいい時と悪い時では、化粧の仕上がりが大きく違ってしまいます。

せっかく化粧をするなら、できるだけきれいに仕上げたいですよね。

そのためには、化粧のりを良くすることが効果的です。

化粧のりがよくなると、鏡の中の自分がもっと好きになりますよ。

 

化粧ノリをよくする5つの方法

1.顔のムダ毛をなくす

化粧のりをよくするには、顔のムダ毛をなくすのが効果的。

ムダ毛が生えていると、ムダ毛に邪魔されて化粧が肌に密着できません

そのせいで化粧が浮いてしまって、化粧のりが悪くなってしまうんです。

化粧も崩れやすくなってしまいますよ。

顔のムダ毛は、定期的に処理するのがオススメです。

ムダ毛の処理方法には、シェーバーで剃る方法、カミソリで剃る方法、毛抜きで抜く方法などがあります。

ムダ毛処理は肌に負担となってしまうため、できるだけ刺激の少ない方法で処理するようにしましょう。

肌に直接刃が触れない、シェーバーでの処理がオススメですよ。

医療レーザー脱毛、光脱毛、シェービングなど、プロにお願いする方法もあります。

2.肌の古い角質を取り除く

肌がでこぼこしているせいで、化粧のりが悪くなってしまうこともあります。

肌にでこぼこがあったり毛穴が開いていたりすると、化粧が均等につきません。

化粧がまだらになったり、一部分だけ剥げてしまったりすることもあります。

化粧のりをよくするためには、肌のでこぼこをなくしてなめらかにすることが大切です。

肌がでこぼこする大きな原因となっているのが、古い角質

古い角質があると、肌がガサガサになってますます化粧のりが悪くなってしまいます。

古い角質を取り除くには、ピーリング効果のあるパック、洗顔料、化粧水などを使用するのがオススメ。

定期的にピーリングを行って、古い角質が肌にたまらないようにしましょう。

古い角質がなくなることで、肌がなめらかになり化粧のりがよくなりますよ。

ピーリングはやりすぎると必要な角質まで失ったり、肌が薄くなったりしてしまうので、やりすぎないように注意してください。

3.肌の血の巡りをよくする

肌のくすみが原因で、化粧のりが悪くなっていることもあります。

くすみを解消するには、肌の血の巡りをよくするのが効果的。

血の巡りが良くなると、顔色が明るくなって化粧のりもよくなりますよ。

オススメなのが、蒸しタオルで肌を温める方法です。

蒸しタオルを気持ちいいと感じるくらいに温め、肌にのせて3分程度おきましょう。

蒸しタオルは洗顔後の清潔な肌に使用し、その後すぐに保湿ケアをするようにしてください。

血の巡りが良くなるだけでなく肌も柔らかくなるので、その後の保湿も肌になじみやすくなりますよ。

肌の血の巡りをよくするには、老廃物などを排出するのも効果的

リンパマッサージなどをして、老廃物の排出を促しましょう。

4.肌の保湿をする

化粧のりを悪くしてしまう原因に、肌の乾燥があります。

肌が乾燥していると肌がガサガサになってしまい、化粧がきれいにつきません。

化粧の一部が剥がれてしまったり、粉をふいているように見えたりしてしまいます。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿ケアをしっかり行って肌に潤いを与えることが大切です。

洗顔後には、できるだけ早く化粧水をつけて肌に水分を補給しましょう。

化粧水や乳液などの浸透が悪い方には、化粧水の前に導入化粧水を使用するのもオススメ。

導入化粧水を使用することで、その後につける化粧水や乳液の浸透をアップすることができます。

化粧水をつける時には、手の平や指の腹を使って丁寧につけましょう。

細部までつけたら、両手の平で顔を包んで化粧水を浸透させてください。

乳液やクリームをつける時には、前につけたものが浸透してからつけるようにしましょう。

保湿ケアを丁寧に行うことで、化粧が肌にしっかりとなじむようになりますよ。

洗顔後はパックで保湿もオススメです!

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

5.ベースメイクをする

化粧のりをよくするためには、ベースメイクをきれいにすることが肝心です。

土台がしっかりしていないと、化粧もきれいにつきません。

化粧くずれも起きやすくなってしまいますよ。

ベースメイクには、化粧下地効果のあるクリームを使用するのがオススメです。

化粧下地は、伸びが良く、均等につけることのできるものを選ぶようにしましょう。

厚塗りにならないよう、丁寧に薄くつけることが大切です。

全体につけたら、パフなどでなじませると均等につけることができますよ。

保湿効果の高い化粧下地を選ぶのもオススメです。

その後につける、ファンデーションとの相性も考慮して選ぶようにしましょう。

ベースメイクがきれいにできると、化粧の仕上がりがいつもよりよくなりますよ。

 

まとめ

化粧のりをよくするためには

  • 顔のムダ毛処理
  • 古い角質の除去
  • 血の巡りの亢進
  • 保湿
  • ベースメイク

をするのが効果的です。

化粧のりをよくするケアを行って、化粧の仕上がりを高めましょう。

化粧のりがよくなると、美人度もアップしますよ。

関連記事

  1. 化粧をしないのが美肌の秘訣?化粧品の恐ろしさとは…

  2. 化粧のりが悪い原因は乾燥?その対策方法は?

  3. 化粧ノリが悪い…そんなときの対策方法は?

  4. 「オタネニンジン根エキス」の効果は?この成分が入っているおすすめの化粧…

  5. 朝にはコレ!化粧ノリを良くする方法