口元のたるみの原因ってなに?改善方法はある?

口元がたるむと表情が暗く見えるだけではありません。

ほっぺたが垂れてきて、毛穴も縦に開いてきます。

放置していると「ブルドック顔」になってしまうかも…。

口元のたるみが気になりだした貴方にこそ読んで欲しい、口元のたるみの原因と改善方法をご紹介します。

口元がたるむ原因は2つ

口元がたるむ原因として、次の2つが挙げられます。

コラーゲン・エラスチンの不足

お肌の真皮層では、

  • コラーゲン
  • エラスチン

といった、肌の弾力に関わる成分が生成されています。

ただし、

  • コラーゲン
  • エラスチン

と言った肌弾力成分の生産は、20歳をピークにどんどん低下していきます。

肌弾力成分を生成している綿維芽細胞の活動が

  • 老化
  • 紫外線

などの影響を受けて衰えるためです。

お肌に弾力がなくなると、

  • 脂肪
  • 筋肉

を支えきれなくなり、

  • 口元

が下がりがちになってしまいます。

 

口輪筋の衰え

口輪筋とは、口の開け閉め、笑うなどの動作をする時に使用する口周りの筋肉です。

この筋肉が衰えてしまうと、口周りの

  • 脂肪
  • 皮膚

を支えられず、口元がたるみます。

さらに、表情にも乏しくなるので、暗い印象を与えやすいです。

この2つの問題を解消すれば、口元のたるみは改善可能です。

具体的な方法をみていくことにしましょう。

 

改善方法1:コラーゲン・エラスチンの生成に関わる細胞を活性化させる

年齢とともに低下していく

  • コラーゲン
  • エラスチン

は、何もしなければ減る一方です。

外から補えればよいのですが、良くあるコラーゲン入りの基礎化粧品は、コラーゲンのある真皮層まで到達できません。

お肌の保湿効果に留まります。

つまり、コラーゲンを直接補うことはむずかしい状態なんですね。

なので、肌細胞そのものを活性化させて肌弾力成分の生成量をアップさせることを考えていきましょう!

コラーゲンの生成に関わる「綿維芽細胞」の活性化に役立つ方法をいくつかご紹介します。

 

1:コラーゲンペプチドを摂取する

少し前まで、「コラーゲンを摂取してもアミノ酸に分解されるだけだから意味がない」と言われていましたが、現在では、摂取されたコラーゲンペプチドの1部はそのまま血中に吸収されて、肌細胞の活動を高めると指摘されています。

サプリ選びでは、普通のコラーゲンではなく、吸収されやすいように低分子加工されたコラーゲンペプチドを選択してみてくださいね。

 

2:プラセンタサプリを摂取する

プラセンタ=哺乳類動物の胎盤エキスには、「成長因子」が含まれています。

成長因子とは、細胞の

  • 増殖
  • 分化
  • 修復
  • 再生

を促進させる働きのある成分で、

  • 上皮細胞
  • 綿維芽細胞
  • 神経細胞
  • 肝細胞に働く成長因子

など、沢山の種類があります。

全身の健康維持に繋がることはもちろん、

  • 上皮細胞
  • 綿維芽細胞

に働きかける成長因子も含まれているので、

  • 肌弾力
  • 保湿

を作り出すには最適です。

 

3:過剰な活性酸素に気を付ける

「細胞を傷つけて老化の原因になる」と言われる活性酸素ですが、実は私達が呼吸をするたびに作られています。

さらに

  • ストレス
  • 紫外線

の影響を受けて、活性酸素の生成量は増える一方です。

過剰になってしまった活性酸素の働きを抑制するために、抗酸化作用の見込める成分を積極的に取り入れていきましょう

また、活性酸素の過剰生産に繋がりにくい環境作りも大切です。

  • コエンザイムQ10 、ビタミンC誘導体、ビタミンEを配合した化粧品を使用する。
  • 食事からはビタミンE、ポリフェノール、アスタキサンチン、アントシアニン(抗酸化成分)を摂取する。
  • ストレスをため込まない、紫外線などの刺激を避ける。

改善方法2:口輪筋を鍛える

毎日の隙間時間に実践できる、簡単・お手軽な口輪筋エクササイズをご紹介します。

口輪筋を鍛えるエクササイズ1:お箸でエクササイズ

  • お箸を横にして、前歯でくわえます。
  • 唇を合わせて、出来る限り唇を左右に伸ばして5~10秒キープします。
  • 唇を閉じたまま口角だけを上げて、にこっと笑い5~10秒キープします。

1~3を5~6回繰り返しましょう。

 

口輪筋を鍛えるエクササイズ2:口角を上げるエクササイズ

  • 口角を上げて、上の歯8本が見えるようにニコッと笑います。
  • 目線を上にして、舌を出し、小鼻をなめるように舌先をとがらせて、右側⇔左側にゆっくりと移動させる。

この動作を往復3回行います。

出した舌が唇に触れないよう、前に出すイメージで行い、さらに目線をしっかり上にすることで、口角をグッと上げている口角挙筋の動きを感じやすくなります。

 

口輪筋を鍛えるエクササイズ3:アイウベ体操

  • 背筋をしっかりと伸ばします。
  • 「あ・い・う・べ」とゆっくりと発声しましょう。

しっかりと口を動かすことがポイントです。

「い」の時にはしっかりと口を横にひらき、「う」の時には、タコの口のようにすぼめ、「べ」の時には舌をしっかりと前に伸ばしましょう。

※顎の関節に痛みがある際には、このエクササイズは控えて下さい。

 

改善方法3:生活習慣を見直してみる

口元がたるむ原因は、

  • コラーゲンやエラスチンの減少
  • 口輪筋の衰え

だけではありません。

普段の生活習慣の中に原因が隠れているケースも考えられます。

  • 肩こりが気になる
  • 片方でだけ噛む癖がある

思い当たる方は要注意です!

肩こりが続くと、猫背がちになり顔が前にでてきて顔が重力の影響を受けやすくなります。

片方だけで噛むクセがあると、一方の筋肉のみしか使っていないので、お顔が歪んできてしまいます。

肩こりが悪化しないように、適宜運動やストレッチをしましょう!

バランス良く噛むことも意識したいですね。

 

まとめ

口元がたるむ原因をと改善方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

お肌の細胞を活性化させて効果を出すには少し時間がかかりますが、口輪筋を鍛えるエクササイズであれば簡単にできますし、比較的すぐに

  • 「むくみがよくなった」
  • 「なんだか口元が軽くなった」

などの違いを感じることも可能です。

ぜひ、出来るポイントから取り入れてみて下さいね。

口元のたるみを解消し、いつまでも若々しい口元を維持して行きましょう!

またスキンケアのパックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

関連記事

  1. 口元にできるニキビの原因はなに?その対処法は?

  2. 【動画あり】むくんだ口元を改善できる体操まとめ

  3. 口元にできる「白ニキビ」の原因と対策方法は?

  4. 顎にできるニキビの原因は?口元のスキンケア方法教えます!

  5. 口元の肌荒れの原因はなに?どんな対処法がある?

  6. 目元・口元が乾燥する!その原因と対策方法は?

  7. 口元のしわやたるみの原因は?予防・改善方法はある?

  8. 口元のたるみを解消!口元引き締めエクササイズまとめ