口元のたるみを解消!口元引き締めエクササイズまとめ

頬や口元のたるみは人にだらしない印象を与え、不機嫌そうに見られたり、老けて見られたりする原因になります。

口元のたるみは筋肉や肌の弾力の低下によって起きるものですが、日常生活での予防やカンタンなエクササイズで防ぐことが可能です。

動画をまじえながら詳しくご紹介していきましょう。

口元のたるみが起きる理由


肌の構造は

・筋肉

・皮下脂肪

・表皮(皮膚)

という順番になっています。

このうち筋肉と皮膚のいずれかが衰えると、口元のたるみにつながります。

皮膚の弾力が低下する

肌の真皮層には、

・コラーゲン
・エラスチン

といった肌の弾力を保つ成分があります。

これらは紫外線の影響や加齢によってだんだんと失われ、量が減ってきます。

すると肌のハリや弾力がなくなり、肌のすぐ下にある脂肪がだんだんと下がってきます。

これが口元がたるむ原因のひとつです。

 

筋肉が衰える

・口周りの口輪筋(こうりんきん)
・口角を引っ張る頬骨筋(きょうこつきん)
・口角挙筋(こうかくきょきん)

など、口周りを支える筋肉はたくさんあります。

年齢とともにこれらの筋肉が衰えることで、表情や口元がゆるみ、何となくだらしないイメージを与えてしまいます。

さらにこれらの筋肉は頬や目元の筋肉ともつながっているため、放置すると将来的には顔全体のたるみにもつながりかねません。

 

日常生活で口元のたるみを解消&予防しよう


では、日常生活で口元のたるみの解消や予防のためにできることはあるのでしょうか?

よく笑うことがたるみ予防になる

普通のことのように思えますが、じつはよく笑うことがたるみの予防につながります。

たくさん喋ったり、笑ったりするほど顔の筋肉はよく動き、鍛えられます。

1日中誰とも会話をせず、無表情でいると筋肉は衰えていくばかり。

お笑い番組や映画を見る、友達と会って話すなど、表情豊かに過ごす一見普通の生活こそがたるみの予防になるのです。

 

硬い食べ物を食べよう

ほかにも普段から意識できるポイントとして、硬い食べ物を選ぶというものがあります。

現代は柔らかくてふわふわしたパンや白米、麺が豊富で、昔の人のように硬い食べ物をしっかり噛む機会が減ってきています。

それだけ、顔の筋肉を動かすことも減ってきているのです。

お菓子には煎餅やナッツ類、おつまみにはするめ、仕事の合間にはガムなど、よく噛んで食べるものを意識して選んでみましょう。

 

頬杖はつかない

デスクワークで、無意識に頬杖をつくクセがついていないでしょうか。

頬杖を頻繁に行うと、コラーゲンやエラスチンが減少した皮膚が引っ張られてしまい、たるみの原因になります。

意識して直すようにしましょう。

 

口元のたるみを解消するためのエクササイズ


それでは、口元のたるみを解消するためのエクササイズを、動画と共にご紹介します。

あいうえおをゆっくり発声する

美容家の佐伯チズさんもおすすめする、もっともポピュラーでカンタンな方法です。

舞台や劇の発声練習でよくあるように、大きく口を開けて順番に「あ・い・う・え・お」を繰り返します。

実際に声は出さなくてもいいですが、ひとつひとつの動作をゆっくりと行うことがポイントです。

・「あ」では目を見開くように
・「い」では頬の筋肉を意識して
・「う」はアゴの筋肉を意識
・「え」は口を横に大きく開いて笑うように
・「お」は口を縦に大きく開くようにします。

顔の筋肉が疲れてだるく感じるまで繰り返しましょう。

しっかりと行えば、1日2〜3分でもけっこうな疲労感がありますよ。

 

ペットボトルをくわえる

水を入れた500mlのペットボトルを、歯は使わずに唇の力だけでくわえて浮かせます。

そのまま限界までキープしましょう。

水の量は100ml程度から始め、慣れたら増やしていきます。

 

ペットボトルの空気を吸い込む

水を入れない空の2Lのペットボトルを唇でくわえ、中の空気を吸い込みます。

そのまま10秒キープして息を吐く、を3セット繰り返しましょう。

腹筋を意識するのがポイント。

 

唇巻き込みトレーニング

口を閉じ、唇を内側に巻き込んでピンクの部分が見えないようにします。

そのまま口角を引き上げるように力を入れ、10秒キープ。

ゆっくり離したら、20回ほど繰り返しましょう。

口輪筋および表情筋が鍛えられます。

 

唇を閉じたまま舌を回す

唇を閉じ、歯と唇の隙間に舌を入れてぐるぐると回します。

普段あまり使われない筋肉を鍛えることができ、口元がすっきりします。

 

口元のたるみはエクササイズで解消しよう

肌弾力や筋肉の低下で、顔や口元が年齢と共にたるんでくるのは避けられないもの。

しかし、普段からエクササイズを取り入れることでそれを予防し、悪化を防ぐことは可能です。

テレビを見ているときや入浴中など、ちょっとしたスキマ時間でエクササイズを習慣づけてみてください。

きっとその効果が感じられるはずですよ。

関連記事

  1. 【動画あり】むくんだ口元を改善できる体操まとめ

  2. 口元にできるニキビの原因はなに?その対処法は?

  3. 口元にできるニキビや吹き出物は胃腸からのSOSサイン?その意味とは?

  4. 口元の肌荒れの原因はなに?どんな対処法がある?

  5. 顎にできるニキビの原因は?口元のスキンケア方法教えます!

  6. 口元のたるみの原因ってなに?改善方法はある?

  7. 目元・口元が乾燥する!その原因と対策方法は?

  8. 口元にできる「白ニキビ」の原因と対策方法は?