酵素で便秘を解消できる?その効果のワケとは?

酵素は、体内にある物質の一つで、生命維持に大きく関係しています。

酵素がなければ、栄養を吸収できず、身体の機能を維持できなくなるのです。

そのため、酵素がしっかりと分泌されている状況を作ることが大切です。

この酵素がしっかりと分泌されていると、便秘を解消できるといわれています。

ここでは、酵素と便秘の関係や酵素の摂取についてご紹介します。

酵素とは


酵素は、体内に存在する物質の一つで、次のような効果を持ちます。

  • 栄養素を吸収する
  • 栄養が必要な場所へと届ける
  • 老廃物の排出

つまり、栄養をどれだけ摂取しても、酵素が少ないと十分に身体に吸収できなくなるのです。

また、老廃物が身体に蓄積することで、さまざまな問題が生じる可能性もあります。

消化酵素には、さまざまな種類があり、便秘に関係しているのは消化酵素です。

消化酵素とは

食べ物の消化は、胃液ではなく消化酵素が行っています。

消化酵素の分泌が低下していると、消化機能が低下します。

消化できなかった食物は悪玉菌の栄養源となり、悪玉菌が増殖してしまいます。

腸内では、悪玉菌と善玉菌、日和見菌がバランスをとって共存しているのですが、悪玉菌が異常に増殖するとバランスが崩れて便秘や下痢が起こるのです。

逆に、消化酵素がしっかりと分泌されていれば、悪玉菌が増殖しにくくなるため、便秘や下痢のリスクが下がります。

ただし、便秘や下痢の原因はさまざまであるため、消化酵素がしっかりと分泌されているからと言って、必ずしも腸内環境が整うとは限りません。

酵素は外部から取り入れられる?


酵素は、果物や生野菜、発酵食品などに含まれていますが、摂取しても胃で分解されてしまうため、酵素を外部から補うことはできません。

ただし、これらの食品に含まれているさまざまな栄養素に食べ物の吸収や消化を高める効果が期待できるので、体内の酵素の活性化に繋がる可能性はあります。

便秘の解消を目的とした食事


便秘は、栄養バランスに優れた食事を摂っていれば、起こる心配はほとんどありません。

ただし、病気やストレスなどによる便秘もあるので、栄養バランスに優れた食事を摂っていても便秘になる場合は、一度クリニックで診察を受けた方がよいでしょう。

便秘の解消を目的とするのであれば、次のような食品を摂るようにしましょう。

食物繊維

食物繊維は、便を形成するために必要なものであるため、食物繊維が足りていないと便秘や下痢になります。

食物繊維は、

  • イモ類
  • 野菜全般
  • 海藻類

に多く含まれています。

発酵食品

発酵食品に含まれている善玉菌は、腸の調子を整える働きがあります。

ただし、善玉菌は胃液に消化されてしまうため、生きて腸には届きません。

そのため、生きて腸に届く乳酸菌が含まれたヨーグルトなどがおすすめです。

ただし、死んでしまった善玉菌は腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を助けるので、全く意味がない訳ではありません。

もっと手軽には酵素を摂るには?


もっと手軽に酵素を摂りたい!

という方におすすめしたいのがいちずな酵素

食物繊維などが豊富な根菜を中心とした国産の全60種類の自然素材をこんにゃくで固めた酵素ゼリーです!

スティックタイプのゼリーなので、もち運びにも便利!

しかも着色料、保存料を使っていない無添加

砂糖・シロップも不使用でスティック1本24.84キロカロリーと
低カロリーなのでダイエット中の方にも最適ですよ!

⇒いちずな酵素公式サイト

いちずな酵素

食事で便秘を改善できない場合は?


食事で酵素を活性化できていると思われるのに便秘を改善できないのであれば、他の原因が考えられます。

運動不足やストレス、病気など便秘の原因を解説します。

運動不足

身体の機能は自律神経がコントロールしています。

腸のぜん動運動も自律神経にコントロールされているため、自律神経が乱れる腸のぜん動運動が低下して、便秘になりやすくなるのです。

自律神経は、ウォーキングなど軽い運動によって整えることができます。

逆に、運動不足になると自律神経が整えにくくなるとともに、腸のぜん動運動に必要な腹筋が衰えるため、便秘のリスクが高まります。

ストレス

ストレスは自律神経を乱すため、便秘に繋がると考えられています。

この場合、腸の働きが過敏になる「けいれん性便秘」を起こす可能性があります。

ストレスの解消法は人それぞれなので、自分に合った方法を見つけましょう。

なお、軽い運動もストレス解消法の一つなのでおすすめです。

病気

病気が原因の便秘を「器質性便秘」といいます。

原因となる病気は次のとおりです。

  • 大腸がん
  • 腹膜炎
  • 腸ねん転
  • 腸閉塞
  • 潰瘍性大腸炎
  • 糖尿病
  • 子宮筋腫
  • 甲状腺機能低下症

病気によっては、血便やめまい、激しい腹痛など重篤な症状をともないます。

薬の副作用

次のような種類の薬には、消化管の運動を抑えることで便秘を招く副作用があります。

  • 咳止め
  • 抗うつ薬
  • 向精神薬
  • 抗生物質
  • 不整脈用剤
  • 抗がん剤
  • カルシウム拮抗薬

これらの薬をやめて便秘が改善したのであれば、薬が原因であった可能性があります。

酵素は、外部から摂取することはできませんが、酵素を含む食品には、体内の酵素を活性化させる栄養が含まれています。

大きく活性化させることは期待できないので、便秘解消に繋がる食事や生活をおくることを心がけましょう。

また、いつまで経っても便秘が解消しない場合は、病気が原因の可能性もあるので、医師の診察を受けることをおすすめします。

関連記事

  1. 便秘に効く!便秘改善マッサージ法まとめ

  2. 便秘には『リンゴ』が効果的?おすすめのレシピは?

  3. 妊娠中の便秘…改善してくれる食べ物はある?

  4. 果物の酵素の力でダイエット!その効果と方法は?

  5. 便秘の原因はストレスかも!ストレス診断とストレスによる便秘解消法まとめ…

  6. いちずな酵素で便秘解消&ダイエット?31歳の私が食べた感想を見てから買…

  7. 妊娠初期に便秘になるのはなぜ?その改善方法は?

  8. さつまいもで便秘解消!その効果とおすすめレシピは?