それだけでいいの!?簡単に美肌になる3つの方法

女性なら、美肌になりたいと願うもの。

どうしたら美肌になれるのか?と悩んでいる女性も多いことと思います。

そこでオススメしたいのが、簡単に美肌になれる3つの方法です。

美肌になれる3つの方法をマスターして、美肌になりましょう!

 

女性が憧れる美肌について

みんなが思う美肌ってどんなもの?

美肌と言われると、どんな肌をイメージしますか?

弾力とツヤがあり、傷のないツルツルの肌

毛穴が目立たずくすみもない、透明感にあふれた肌

やわらかくてみずみずしい肌などを、イメージする人が多いかもしれませんね。

美肌になると、それだけで美人度がアップします。

美しい女性になりたい人にとって、美肌は欠かせないものとなっていますよ。

美肌になるためのポイントは?

美肌は、肌が健康であることが第一条件

美肌になるためには、肌が健康になれるようなケアを行うことが大切です。

肌には、元々肌を健康に保つ力が備わっていると言われています。

それが間違ったスキンケアや生活習慣などによって低下することで、肌の健康を損なってしまうんです。

肌本来の力を取り戻すためにも、シンプルなケアを丁寧に行うようにしましょう。

 

簡単に美肌になれる方法

1.洗顔を正しく行って美肌になる

スキンケアの基本と言われているのが、洗顔です。

肌には、

  • 化粧品
  • 皮脂
  • ほこり
  • 古い角質

などがついています。

これらのものがついたままになっていると、肌のターンオーバーを乱したり、バリア機能を低下させたりする原因となってしまうんです。

健やかな肌になるためには、肌にある余分なものを洗顔で取り除いてあげることが重要。

クレンジングや洗顔料は、肌の不要なものを洗い流してくれるものを選ぶようにしましょう。

でも、洗浄力の高すぎるものは禁物

洗浄力が高すぎると、肌に必要な皮脂や角質まで洗い流してしまう恐れがあるんです。

クレンジングや洗顔料が刺激となり、肌にダメージを与えてしまうこともあります。

手早く洗顔し、クレンジングや洗顔料を肌にのせる時間はできるだけ短くするようにしましょう。

ごしごしこすったりせずに、優しく丁寧に洗ってください。

クレンジングや洗顔料が肌に残らないよう、ぬるま湯で十分に洗い流すことも大切ですよ。

 

2.保湿をしっかりして美肌になる

スキンケアの定番である保湿も、美肌になるためには欠かせません。

保湿の一番の目的は、肌に潤いを与えて乾燥を防ぐこと

肌が乾燥すると、皮膚がガサガサになったり、固くなったりしてしまいます。

そのせいで、シワやたるみができてしまうことも。

バリア機能も低下するため、ニキビなどの皮膚トラブルも起こりやすくなってしまいますよ。

洗顔をして清潔になった肌に、化粧水やクリームなどをつけて保湿をしましょう。

化粧水やクリームは、自分の肌の状態に合わせたものを選ぶことが大切です。

化粧水は、肌に不足している水分を補ってくれるものを。

クリームや乳液は、肌の水分を逃がさないようにしてくれるものを選ぶようにしましょう。

質の高いシンプルなものだと、肌本来の健やかな肌になろうとする力を引き出すことができますよ。

化粧水やクリームは、適量をつけるようにしましょう。

肌が必要としている分量を見極めて、必要な分だけつけてあげることが大切ですよ。

化粧品に記載されている適量も、参考にしてつける量を決めてくださいね。

保湿でオススメなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

3.紫外線をばっちり防いで美肌になる

肌を劣化させる大きな原因だと言われているのが、紫外線です。

紫外線は肌にシミをつくることで有名ですが、肌への悪影響はそれだけではありません。

肌のバリア機能を低下させたり、肌のターンオーバーを乱したりする作用もあるんです。

シワやたるみといった老化現象も、紫外線が大きく影響していると言われていますよ。

美肌になるためにも、できるだけ紫外線から肌を守りましょう。

紫外線は、季節に関係なく存在しています

冬で日差しが弱いからといって、油断は禁物ですよ。

日中には、日焼け止め効果のあるスキンケアアイテムを使用して紫外線を防ぎましょう。

どれだけ紫外線を防ぐ効果があるのかは、SPF、PAとして表記されています。

SPFは主に紫外線B波を防ぐ効果で、数値が高い程効果が強くなります。

PAは主に紫外線A波を防ぐ効果で、+が多い程効果が強くなりますよ。

SPFとPAの効果が高くなればなるほど、肌への負担は増えてしまうと言われています。

そのため、紫外線の強さに合わせてSPFとPAの強さを使い分けるのがオススメ。

室内などの紫外線が弱い所では、SPFとPAの数値が比較的弱いものを使用する。

野外などの紫外線が強い所では、SPFとPAの数値が強いもの使用するなどして調整するようにしましょう。

マスク、手袋、カーディガン、帽子、日傘などの紫外線対策グッズも活用して、できるだけ肌に負担をかけないように紫外線を防いでくださいね。

まとめ

美肌になるためには、洗顔、保湿、紫外線対策が大切です。

肌に負担をかけないように、丁寧にケアするようにしてくださいね。

洗顔、保湿、紫外線対策をしっかりと行うことで、少しずつ肌が美しくなっていきますよ。

関連記事

  1. 化粧をしないのが美肌の秘訣?化粧品の恐ろしさとは…

  2. 発汗による美肌効果があるって本当?オススメのエクササイズまとめ

  3. 小鼻の角質のケアで透明感のある肌に!そのスキンケア方法とは?

  4. 実年齢より老けて見られる…老け顔改善メイクとスキンケア方法は?

  5. コラーゲンはなぜ美肌に効果があるの?

  6. ニキビができたからこそしたい!ニキビ肌の人におすすめのパックランキング…

  7. 関東にある“美肌の湯”スポット5選

  8. 温泉成分がはいったスキンケアアイテムで美肌になろう!