乾燥肌にオイルケアは危険!?正しい知識をしってしっとり肌に!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

乾燥肌に効果的だと言われている、オイルケア

でもケア方法を間違えると、逆効果になって肌を乾燥させてしまうことがあるんです。

美肌になるためにも、オイルケアの知識を増やして正しいケアを行うようにしましょう。

乾燥肌の改善に役立つオイルケアについてご紹介します。

乾燥肌に効果的なオイルケアとは?

美容アイテムに活用されているオイルってどんなもの?

美容オイルとは、油分でできたスキンケアアイテムのこと。

保湿成分が高いことから、乾燥肌の人に人気を集めているスキンケアアイテムの一つとなっています。

美容オイルには、ワセリン、スクワランなどの炭化水素油。

オリーブオイル、馬油などの油脂。

ホホバオイルなどのワックスエステルがあります。

いろんなメーカーから、美容オイルを使用したスキンケアアイテムが販売されています。

美容オイルの効果

美容オイルの一番の効果は、肌の保湿効果を高めてくれること。

オイルは肌表面に薄い膜をつくり、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます

肌のバリア機能を高めてくれる効果も。

オイルの膜が、ほこりなどの外的刺激を防いで肌を守ってくれます。

肌に馴染んで、肌をやわらかくふっくらとさせてくれる効果も期待できます。

 

乾燥肌を改善するオイルケア方法

オイルケアをする時に気をつけたいこと

オイルには保湿効果、肌のバリア機能を高めてくれる効果などが期待できますが、使い方によっては逆効果となってしまうことがあります。

オイルケアを行う時には、肌に適した使い方をすることが大切です。

特に気をつけて欲しいのが、化粧水などで肌にしっかりと水分を与えてからオイルをつけるということ。

オイルは肌の表面に膜をつくるため、その後に化粧水をつけても浸透しにくくなってしまいます。

肌表面はオイルをつけたためにしっとりした感じがしますが、肌の内部は水分が不足した状態に。

その結果、肌の内部が乾燥しているインナードライになってしまいます。

オイルをつけると肌表面は乾燥していないように見えてしまうため、肌の乾燥に気付かないことも。

そのせいで肌の乾燥を放置しておくことになると、肌の乾燥はますます進んでしまいます。

肌の乾燥が酷くなると、肌のターンオーバーが乱れたりバリア機能が低下したりして、肌トラブルが起こりやすくなってしまいますよ。

オイルケアを行う時には、肌表面だけでなく、肌の内部まで気を配るようにしましょう

肌が乾燥しているからといって、オイルを適量以上つけるのはオススメしません。

オイルをつけすぎると、オイルが毛穴につまって肌トラブルを起こしてしまう恐れも。

オイルによって決められた量を使用するようにしてください。

乾燥肌を改善するオイルの使用方法

まず初めに、肌と手を洗って清潔にします。

それから、化粧水を肌につけていきます。

インナードライを防ぐためにも、しっかりと肌に水分を与えてあげましょう。

肌が潤ったら、オイルをつけていきます。

手の平にオイルを1~2滴のせ、両手の平を軽くこすり合わせてオイルを温めます

オイルを人肌程度に温めることで、肌になじみやすくなりますよ。

オイルは両手の平で包み込むようにして、顔の中心から外側に向けてつけていきましょう。

顔全体につけたら、手の平でハンドプレスしてオイルを肌になじませてください。

皮脂が少なく乾燥しやすい目元などには、オイルを1滴足して重ね塗りするのもオススメです。

乳液をつける場合には、化粧水をつけた後、オイルをつける前につけるようにしてください。

美容液は、オイルをつける前につけるのがオススメ。

クリームは、オイルをつけた後につけるようにしましょう。

スキンケアアイテムによってつける順番が違うことがあるので、確認してから使うようにしてください。

オイルによっては、保湿力が高く乳液やクリームが不要のものもありますよ。

ブースター効果のあるオイルケア

オイルによっては、ブースターとして使用するものもあります。

その場合には、洗顔後、化粧水の前にオイルをつけます。

ブースターとしてオイルを使用することで、その次につける化粧水などの浸透を高めてくれる効果が期待できます。

通常のオイルと同じようなつけ方で、1~2滴を肌につけていきます。

オイルをつけたら、ハンドプレスをしてしっかりと肌になじませましょう。

ブースターとしてオイルを使用する場合には、必ずブースターとして使用できるオイルを選ぶようにしてください。

肌への浸透圧が高く、親水性の高いオイルが、ブースターに適していると言われています。

親水性の高いものだと水に溶けやすく水を弾かないため、次につける化粧水の効果を高めてくれます。

ブースターとして使用できるものかどうか、確認してから使うようにしてくださいね。

 

まとめ

オイルは肌の表面に膜をつくって、水分を閉じ込めたり、外的刺激から肌を守ったりしてくれる効果があります。

オイルケアを上手に取入れて、乾燥肌の改善に役立てましょう。

オイルは、自分の肌や目的に合わせて選ぶようにしてくださいね。

関連記事

  1. 妊婦になってから肌が乾燥する・・・その原因とケア方法とは?

  2. 冬は肌が乾燥して痒い!その痒みアレルギーかも?原因と対処法まとめ

  3. 目元だけ乾燥がひどい…簡単にできる保湿ケアとは?

  4. 冬の乾燥肌は暖房が原因かも?すぐにできる対策10を教えます!

  5. 「コラーゲン」で乾燥肌が潤い肌に?成分とその効果とは?

  6. 冬に向けて準備!乾燥肌にはニベアとワセリンどちらがおススメ?

  7. 顔の乾燥肌の原因はコレ!ひどい乾燥肌を治す対策と方法とは?

  8. お肌が乾燥するのはストレスが原因?お肌にも効くストレス解消法まとめ