冬の乾燥肌は暖房が原因かも?すぐにできる対策10を教えます!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

「冬はお肌がかさついて嫌」そう思う人は多いはず。

寒い季節がやって来るとエアコンやヒーターなどの暖房は欠かせませんね。

しかしそこには乾燥との闘いが待っています。

冬の季節こそ、いかに乾燥からお肌を守れるかが肌テーマです。

そこで、これからすぐにでもできる10の対策を教えましょう。

冬の乾燥肌を解消へ!すぐにできる対策は7つ~部屋編~

対策①ちょっとリッチに!加湿器を使う

可愛らしいデザインからスタイリッシュなものまで、バラエティーに富んだ加湿器が多く出回っています。

エアコンなどによる、暖房が原因で引き起こされる冬の乾燥肌対策で、すぐにできる対策の1つとして加湿器の利用があげられます。

加湿器は買わなくても自宅にあるものや、100均の商品を使って手作りもできるので、オリジナル加湿器を作ってもいいでしょう。

市販品でもペーパー加湿器が販売されていて、ノーマル加湿器よりもグッと価格を抑えて購入できる点はおすすめです。

<手作り加湿器の作り方>

  • 用意するもの:バケツやグラスなど、水を入れられる容器・新聞紙やコーヒードリップペーパー、フェルトなど水を吸い上げられるものなら何でも
  • 作り方
  • 水を入れられる容器に水をはりましょう。
  • ①の中にその水を吸い上げる新聞紙などを挿します。

ペーパータイプのものは手軽で簡単、しかも電気代がかからないのが魅力ですが、定期的に水を交換してあげる必要があります。

対策②お手軽簡単!洗濯物の部屋干し

今では部屋干し用の洗濯洗剤も出ていたり、部屋干し専用のハンガーや突っ張り棒などのグッズの販売も充実していたりするので、洗濯物の部屋干しをすることに抵抗を感じなくなってきている人は多いのではないでしょうか?

その洗濯物の部屋干しもお肌の乾燥に一役買ってくれる方法です。

適度な湿気を生み出してくれますし、洗濯物は外で干すよりも乾きやすくなりますし、一石二鳥です。

ただし洗濯物の量が多いと、時と場合によっては一気に多湿の状態になるので、窓を開けて湿度調整を行うようにしましょう。

対策③もっと手軽に!濡れタオルをハンガーに

お風呂上がりに使った濡れたバスタオルくらいのサイズのタオルを干すだけでも、部屋の湿度を高められ、お肌を乾燥から守れます。寝る時にも手軽に使える部屋の乾燥対策方法です。

対策④霧吹きでカーテンにシュッと一吹き!

単に水をカーテンにシュッと一吹きするのも湿度アップにおすすめの方法ですが、精製水で薄めたアロマオイルや、消臭効果の期待できる市販のスプレーなどを水の代わりに使うのもOKです。

対策⑤やかんや鍋の蓋を取ってお湯を沸かす

お湯を沸かすついでに加湿も行なえる簡単な方法です。

自然の蒸気が部屋の湿度をいくらかアップしてくれます。

寒い季節ならカセットコンロを使用した鍋をするだけでも、加湿されて◎。

対策⑥グラスや洗面器などにお湯を入れて置いておく

加熱器のスチーム式や気化式の方法を真似たのが、グラスや洗面器などの入れ物にお湯をはって置いておくというのも、冬のお肌の乾燥を防ぐ方法の1つです。

対策⑦石油ストーブや石油ファンヒーターをつける

石油+酸素から炭酸ガスと水、そして熱が発生します。

気密性の高い所で石油ストーブや石油ファンヒーターを使うと結露が発生することもあるほど、加湿効果が見込めます。

 

この3つの対策がおすすめ!~暖房による冬の乾燥肌編~

肌対策①クレンジング剤や洗顔料はお肌にやさしいものを選ぶ

毛穴の汚れやメイク汚れの残りなどが気になると、しっかり汚れを取り除くクレンジング剤や洗顔料を選んでしまいませんか?

お肌に負担とならない洗浄成分やその他成分を使っているのならOKですが、配合されている成分自体がお肌に刺激となるのでしたら、急遽使用を中止した方がいいでしょう。

またゴシゴシ洗いもお肌にダメージを与えるだけとなるのでNGです。

ゴシゴシ洗いをしたからといって、毛穴の汚れやメイク汚れをよりスッキリと落とせるというものではないからです。

単に肌負担となるだけで良いことは全くありません。

クレンジングはメイクとクレンジング剤を指の腹を使って、やさしいタッチでなじませて落とします。

洗顔では泡立てネットを使ってキメ細かな泡になるまで洗顔料をよく泡立てましょう。

そして泡をお肌に載せたら、泡のクッションで洗うようなイメージで洗顔していきます。

エアコンなどの外部による乾燥刺激が多くなる冬の時期、クレンジングも洗顔もお肌へのダメージを最小限に抑えて行うようにしましょう。

肌対策②スキンケア商品は保湿成分たっぷり配合のものに切り替える

冬はお肌が乾燥にさらされやすい季節です。

季節問わず言えますが、お肌を乾燥から守るためには充分な保湿は必須です。

スキンケア商品は保湿成分が贅沢に配合されているものを使うようにします。

種類が豊富にある保湿成分、中でも特におすすめなのがヒト型セラミドです。

人間の体内にあるセラミド構造を似ているヒト型セラミド。

肌なじみがよく、お肌への浸透力も抜群です。

うるおいのベールを肌表面に作り、外部刺激からお肌をガードしてくれるでしょう。

お肌を乾燥から守るためにも、うるおいのベールの存在は必要不可欠なのです。

<主な保湿成分(例)>

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン
  • プラセンタ  など

乾燥肌には保湿が重要ですが、化粧水だけの保湿では単に水分補給しているだけ。

蓋をしない限りせっかく補給した水分も逃げていってしまいます。

そこで保湿成分の含まれている乳液やクリームなど、油分を多く含むアイテム利用は欠かせません

水分:油分=8:2の割合でしっかり補給することで、よりお肌にみずみずしさを取り戻せるでしょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

肌対策③極力お肌に刺激を与えない

お肌にできる限り刺激を与えないようにクレンジングや洗顔を行うことの他に、日々の保湿スキンケアでも極力刺激を与えないようにすることで、お肌を冬の乾燥の害から守れます。

通常のスキンケアでは化粧水や乳液、クリーム、美容液の使用や日焼け止め、化粧下地などをお肌に塗っていきます。

この場合、お肌に触れる回数は必然的に多くなってしまいます。

そこで利用したいのがオールインワンゲルです。

1つで何役も果たし、1回の使用なのでお肌に触れる回数が激減します。

時短コスメアイテムとして欠かせなくなる一品です。

 

冬の部屋は加湿、お肌は保湿して乾燥を回避しましょう

冬の季節は暖房を使うため、どうしても乾燥との闘いとなってしまいます。

そんなときに手軽で簡単な加湿方法を知っているのと知らないのとでは、お肌のコンディションに差が出るでしょう。

冬の乾燥肌対策をぜひ試して、快適肌ライフを送ってくださいね。

関連記事

  1. 妊婦になってから肌が乾燥する・・・その原因とケア方法とは?

  2. 顔の乾燥肌の原因はコレ!ひどい乾燥肌を治す対策と方法とは?

  3. 乾燥肌に合ったメイク方法伝授!化粧の仕方を変えればお肌も変わる!

  4. 保湿しても乾燥するのは意外な理由だった!原因を知ってしっとり肌に!

  5. 「コラーゲン」で乾燥肌が潤い肌に?成分とその効果とは?

  6. 乾燥肌で悩んでいるなら「セラミド」でしっかり保湿!その効果とは?

  7. 目元だけ乾燥がひどい…簡単にできる保湿ケアとは? 


  8. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ