角質をポロポロ落とすタイプの洗顔の落とし穴とは…

角質へのケアとして手軽に取り入れられるのが、角質をポロポロ落とすタイプの洗顔。

しかし、実はこのケア、一歩間違えると肌が乾燥したり、ニキビが悪化したりなど、かえって肌に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

今回は角質を落とすタイプの洗顔の種類と注意点について、紹介します。

角質とは?

角質とは、肌の一番外側にあります。

バリアの機能があり、うるおいを守って、皮膚の乾燥を防ぎます。

また

  • 雑菌
  • 汚れ
  • その他の外的刺激

から皮膚を守る働きもあります。

そんな角質ですが、本来は約28日間の周期で生まれ変わります。

これをターンオーバーというのですが、この表皮の生まれ変わりがとても大切なんです。

このターンオーバーが乱れてしまうと

  • 角質が厚くなる
  • 基礎化粧品の浸透がしづらくなる
  • ファンデーションのノリが悪くる
  • くすみ
  • ごわつき

が生じてしまいます。

その原因として

  • 加齢
  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ

などさまざまなことが考えられます。

 

ゴマージュとスクラブ

まずは、ゴマージュとスクラブについてです。

ゴマージュとスクラブってなに?

この2つはほとんど同じものであると考えてよいです。

実はこれらはそれぞれ英語とフランス語で、どちらも「こすって洗う」という意味なんだとか。

ゴマージュとスクラブは、肌表面の古い角層をはがす効果があります。

角層に古い角質がたまってくると、くすみやざらつきの原因になります。

そんなときにおすすめのものです。

ゴマージュとスクラブの効果は?

ゴマージュとスクラブを使うことで、古い角質が剥がれ、くすみが改善されたり、ニキビ跡にも効果がある場合もあります。

加えて、肌が柔らかくなり、手触りがよくなるだけでなく、化粧水や美容液などが浸透しやすくなるという嬉しい効果も期待できます。

また、新陳代謝が促進されるので、ターンオーバーの遅くなった肌にも効果的です。

ニキビに効果があったという話もあるのですが、ゴマージュやスクラブの中には、ビタミンCが含まれているものもあります。

これを使うことで、ニキビやニキビ跡にも効果があるのではと言われています。

昔はサロンなどで行うのが主流でしたが、現在は、自宅でも簡単にできるような商品がたくさん出ており、手軽にできるようになりました。

ゴマージュとスクラブの素敵なポイントは、天然ハーブや植物の種皮から作られているため、肌に優しいということです。

これが次に紹介するピーリングとの大きな違いです。

どんなときに使ったらいいの?

2週間に1回あるいは1か月に1回ほどのペースでの使用が目安です。

毎日使うと、刺激が強く、肌に負担がかかってしまいます。

効果を実感できると、ついつい使いたくなりがちですが、お肌のために我慢しましょう。

ゴマージュとスクラブの注意点

これらを使用するときは、肌を擦りすぎないように注意しましょう。

これらは粒子の物理的な刺激によって、角質を剥がす効果が得られます。

しかし、擦りすぎてしまうと、肌に負担がかかり、敏感になりやすくなってしまいます。

力をいれず、優しく洗うように心がけましょう。

また、ニキビには直接使用しないことをおすすめします。

商品によってはニキビにも使用してよいものも多いですが、擦るという刺激がニキビの悪化につながってしまう場合もあります。

ニキビがある場合は、その場所は避けるか、治ってから使用するようにしましょう。

 

ピーリング

ピーリングには実はたくさんの種類があります。

今回は手軽に自宅でできるピーリングについて、全体的な注意点を紹介していきます。

ピーリングってなに?

皮膚科のメニューで聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

ピーリングには、洗顔料や美容液などの化粧品から、特別な薬剤を使用する皮膚科でしかできないものや、レーザーピーリングなど幅広くあります。

基本的には、ゴマージュと同様に古い角質を取り除き、ターンオーバーを整える効果があります。

やりすぎに注意!

さきほどのゴマージュとスクラブも同様ですが、ピーリングもやりすぎてしまうと、かえって肌に負担がかかってしまいます。

ピーリングは古い角層を除去する効果があるのですが、必ずしも悪いものだけを除去できるとは限りません。

頻度が多すぎると、肌を守るために必要なものまで除去してしまい、乾燥しやすくなったり、敏感肌になったり、その他の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

頻度も目安ですが、実はその商品によって成分が異なりますので、使用頻度も異なります。

商品の説明書に記載された頻度を守ること、異常があった場合にはもちろん使用を中止することが大切です。

ピーリング後の注意点

ピーリングをした後は、肌はとてもデリケートな状態になります。

無理に古い角層を剥がしたため、その下の皮膚はまだ未完成のようなもので、刺激に敏感な状態です。

特にAHAやサリチル酸などのよくピーリングに使用される成分は、強い酸なので、注意が必要です。

保湿ケアや紫外線対策など、刺激を与えないように注意し、いつも以上に丁寧なケアを行うよう心がけましょう。

 

適切な使用が重要

これらはもともと医療行為で、以前は皮膚科で行われていました。

現在は手軽に自宅でもできるものが増えていますが、使い方を間違えたり、自分に合ったものを使用しなければ逆に肌をいためてしまう可能性もあります。

医療機関で行うと、それなりに費用もかかりますが、専門の医師が携わるので、安全性も高いですし、より高濃度な薬を使えるため、効果も期待できます。

このようにどちらもメリット・デメリットがあります。

いずれにせよ、肌に負担がかかりすぎないよう、自分に合った方法でケアをすることが大切です。

関連記事

  1. 角質層の水分量はいくつがベスト?潤いのある肌にするためのスキンケア方法…

  2. 水だけの洗顔が美肌の近道!正しい水洗顔の方法とは?

  3. 美肌の秘訣は洗顔しない?洗顔しなくても大丈夫なの?

  4. 肌の角質がボロボロに…その肌荒れの原因と対策は?

  5. 肌の角質除去方法とおすすめの角質落としまとめ

  6. 気になる角質におすすめのマッサージ方法まとめ

  7. 水洗顔で角質がとれる?水洗顔の効果とその方法とは?

  8. 肌の古い角質の落とし方とおすすめのケア商品は?