角質レスな美肌にはターンオーバーと保湿がカギ!

ツルツルっとしたくすみのない肌は、それだけで七難を隠してしまうほど。

誰もがくすみがなく、つるっとした肌に憧れるものですが、そう簡単に手に入るものではない!と思って諦めていませんか?

毎日のスキンケア方法を正しく行っていれば、あなたの希望通りの肌になる可能性も充分あるんです。

ではどんな方法でスキンケアをするのがよいのかを、ご紹介していきましょう。

角質が厚くなってごわごわして汚く見えるのはどうして?

肌が汚いと思われるタイプには

  • 肌にニキビ、吹き出物等のトラブルがある
  • 肌が凸凹してくすんでいる
  • 肌にハリがない
  • 血色が悪い
  • 開き切った毛穴にたっぷり黒ずみがある

などがあげられますね。

あなたはどのタイプでしょうか?

どれも肌の表面が

  • くすんでいる
  • できものができる
  • 荒れている

と何等かのトラブルをもっているから起こっています。

これを改善していけば、ツルツルっとしたくすみのない肌が実現できるのです。

そしてこれらは、肌の表面にある角質層がうまくターンオーバーしていないのも原因のひとつなのです。

 

肌の角質層ってなに?美肌にしたいなら角質層のケアが決め手!

肌をきれいに魅せようと思ったら、角質層のケアが最も重要です。

角質層とは、皮膚の一番表面に出ている部分。

角質層を一番表面として上から

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
  • 基底層

に分かれ(以上までを表皮と呼んでいます。)さらに肌の奥にいくと、真皮、皮下組織に分かれています。

肌の表皮の新陳代謝を活性化することをターンオーバーと呼んでいますが、ターンオーバーは通常の方では、28日周期で新しい肌が生まれ変わっていきます。

だからターンオーバーする日数がかかればかかるほど、表皮の細胞が古くなる上、外にさらされる時間も多くなり、紫外線やその他の有害物質などで汚れていくのです。

だからこそ、角質層のケアが重要になっていきます。

 

角質層を意識したケア方法とは?

角質層では、基底層から持ち上げられた細胞が表面で垢となってこぼれ落ちてしまい、そこで初めて新しい肌が生まれてきます。

新しい肌は、細胞の破損もないので、もちろん見た目にも美しい肌になっていますよね。

この角質層にある細胞が早く入れ替わってくれれば、肌はもちもちしたきれいな見た目になっていきます。

肌トラブルを持つ方のターンオーバーは、一般的な28日周期の、なんと2~3倍も遅くなると言われています。

これは加齢によっても遅くなっていきます。

そのためには、遅くなってしまっている肌のターンオーバーを、本来の速さに戻してあげることが重要なのです。

角質層はターンオーバーが正常に行われないと、肌に水分を保持する能力が少なくなってしまいます。

角質層の乱れは肌の乱れにつながるので、ターンオーバーを正常化させるのと同時に、肌の保湿も大切

肌の保湿成分は、セラミドやNMF(天然保湿成分)を与えて保湿するのが効果的です。

そして角質層は0.02mのとても薄い膜になっていますから、刺激が強いとすぐに傷ついてしまいます。

過度のスキンケアを行っている場合は、すぐに中止して、ソフトなスキンケアをするように心がけて下さい。

 

肌の角質層まできれいに保つ方法

角質レベルまで意識した美肌を目指す場合、スキンケアだけをやっていてはいけません。

生活面も改善を行わないと、肌は美肌になっていきませんから、スキンケアと生活習慣の両方での方法をご紹介します。

 

角質層まできれいになるスキンケア方法

普段の洗顔はどんな風に行っていますか?

気持ちがいいからといってゴシゴシ洗ったりしていませんか?

肌を美肌に導くためには、スキンケアの時の保湿が非常に大切です。

1、洗顔の前に軽く手を洗いましょう。

そして肌に洗顔料がなじみやすくするように、前もってひと肌程度のぬるま湯で顔の表面の汚れを洗い流しておきます。

2.洗顔料を良く泡立てましょう。

毛穴の奥の汚れを落とすには、洗顔料の泡を利用します。

泡立てネットでしかり泡立ててから、ふわっとした泡で押すように顔を洗っていきます。

洗う順番は皮脂の多いところから

Tゾーンを中心にして、小鼻の奥や、額の際までしっかり泡で洗います。

洗う時に肌に手が触れないようにすると、泡で洗えるようになります。

そのためには洗顔料を泡立てる時にしっかりと泡立ておくことがポイントになるのです。

デリケートな目元、口元は、泡をのせて軽く滑らせるように

デリケートな目元、口元は、泡をのせて軽く滑らせるように洗うだけで充分です。

ざらざらしていて、ついごしごしとしたくなりますが、ここは我慢しておきましょう。

すすぎはひと肌程度のぬるま湯で、しっかり洗います。

額や顔に際にブツブツが出やすい方は、洗顔料の洗い残しがあるのかもしれませんよ。

ここでは手の届きにくい、顔と耳の際や首、額などを重点的に洗い流すようにすると、洗い残しが少なくなります。

化粧水や乳液をつけます。

化粧水や乳液は、刺激の少ない添加物の入っていないものにしましょう。

できれば、石油系合成界面活性剤、合成保存料、合成香料、鉱物油、アルコール、環境ホルモン等が入っていないコスメがおすすめです。

保湿の決め手は、化粧水をたっぷり肌に浸透させることです。

化粧水の浸透が不十分だと、肌は乾燥してターンオーバーをうまく進められません。

コットンにたっぷりしみこませて、優しくパッティングしながら、顔全体にしみこませていきます。

デリケートな部分は、しみこませたコットンで、パックのようにしても良いですよ。

乳液をつけるポイントは、たっぷりつけすぎないことです。

化粧水で保湿はしっかりできていますから、乳液は極力膜を張る程度に薄くまんべんなくつけておきましょう。

 

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

 

肌をきれいに保つ生活習慣

肌をきれいに保つには、保湿のスキンケアだけでは不十分です。

肌に良くないNG行動は以下のようなものがあります。

睡眠不足

肌に最も悪い生活習慣が、睡眠不足です。

寝ている間に美肌にする成長ホルモンがでてきますから、規則正しく寝ることが非常に大切です。

甘いものや脂肪分の高いものはとらない

ついつい食べてしまう甘いものや脂肪分の高いもの。

お菓子を摂ると、一度に肌あれが生じてしまいます。

特に精製された砂糖は血液を酸化させて、ターンオーバーを遅らせてしまいます。

口に入れるなら、きび砂糖やてんさい糖、はちみつなどミネラル成分や栄養素が高いものにしましょう。

動物性脂肪分は、人の体内ではかたまりやすく、血管に付着すると老廃物として蓄積しやすくなりますから、摂りすぎは禁物です。

タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をたっぷり摂る

野菜中心の食事にしたら肌がきれいになった……という話を聞きませんか?

野菜に含まれるビタミンやミネラルには、美肌にする栄養素がたっぷり含まれています。

そしてタンパク質なら豆や豆腐がおすすめです。

さらに食物繊維で腸内のバランスを保ち、便秘を解消すると、肌の調子もよくなっていきますよ。

 

まとめ

誰もが憧れるツルツルしたくすみのない美肌には、単に正しいスキンケアをしているだけではだめです。

肌の保湿を充分したうえで、さらに生活習慣もシンプルにする必要があります。

そしてターンオーバーが繰り返されるのを待たなくてはいけないので、美肌になるまでに数ヶ月かかると覚悟して行いましょう。

一度ターンオーバーして、きれいな肌になると継続して美肌を保つことができますよ。

頑張ってください!

関連記事

  1. 角質は取りすぎるとどうなる?角質ケアのNG行動とは?

  2. おうちで簡単!自宅でできるお肌の角質ケア方法とおすすめ商品は?

  3. 温泉成分がはいったスキンケアアイテムで美肌になろう!

  4. 肌の角質層って何?どんな役割を持っている細胞なの?

  5. 角質層の水分量はいくつがベスト?潤いのある肌にするためのスキンケア方法…

  6. 角質が気になる!角質の原因と角質が厚くなってしまう理由は?

  7. 角質ケアにはピーリング!その方法とおすすめのアイテムは?

  8. もう角質に悩まない!おすすめのスキンケア方法は?