冬は保湿重視!正しいスキンケアで今年の冬こそウル肌に!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

冬本番となってから、お肌は常に乾燥との闘いの場にさらされることに。

保湿重視に移行したものの、冬は乾燥しやすく悩む人も多いでしょう。

そこで今回は、冬の正しいスキンケア方法のポイントを5つご紹介します。

今年の冬こそ、みずみずしさあふれるお肌を実現しましょう!

効果のある保湿ケアを!冬こそ正しいスキンケアでウル肌GET

冬になるとお肌につっぱり感やチクチク感が出ることはありませんか?

お肌からのそんなSOSは「まさに今、お肌が水分を欲していますよ~」のサインです。

お肌のコンディションを1年間通して良好に保つには、自身のお肌の状態に合わせたスキンケアを施すのは基本の「き」です。

紫外線の量や気温、湿度、乾燥の度合などが季節ごとに変化しています。

そのためスキンケアも、季節に合わせた方法を取り入れていく必要があるのです。

今回は四季のうち「冬」にフォーカスして、正しいスキンケアの方法についてご紹介します。

冬のお肌への天敵は何と言っても乾燥です!

エアコンやヒーターなどを使用している部屋では湿度が減少し、乾燥した状態で湿度が50%前後になることが多くあります。

加湿器の使用や洗濯物を室内に干すなどして、お肌にとって理想的な60~65%の湿度に保つ工夫が必要です。

 

目指すはウル肌!冬の正しいスキンケア方法5つをご紹介

乾燥が大問題の冬のお肌対策、やはり一番にしたいのが保湿重視のスキンケアです。

乾燥しやすくなる冬のお肌の保湿を補給&維持、そして最終的にウル肌を目指すには、どんなスキンケアをしたらいいのかをチェックしましょう。

①肌負担になりにくいクレンジング剤を使用

日頃からどんなクレンジング剤を使っているでしょうか?

落ちにくいコスメやズレにくいファンデーションなどを使うことが多いと、どうしてもメイク汚れをしっかりと落としてくれるクレンジングに頼りがちです。

スッキリとメイク汚れを取り除くクレンジング剤は、お肌にはダメージとなることが多く、乾燥を招いてしまうことも!

ウォータープルーフタイプのアイメイクなどでは専用のリムーバーを使い、その他の部分では肌負担となりにくい低刺激のクレンジング剤を使うようにします。

冬はエアコンなどの外部からの乾燥刺激が強くなるため、肌負担を最小限に抑えたクレンジングを行うことは必須です。

②マイルドな洗顔料でソフトに洗顔

冬の乾燥しがちなお肌に必要なのは、充分な保湿と適度な皮脂分です。

素肌づくりの基本といえる日々の洗顔。

「いつも使っている洗顔料はお肌にやさしい」と自信たっぷりに宣言できますか?

もしも洗い上がりにつっぱり感があったり、白い粉を吹いたりするなら、洗顔料がお肌に合っていない可能性が高いです。

冬のお肌が求めているのは充分な保湿です。

石油系界面活性剤ではなく、天然の洗浄成分が使われていて、たっぷりの保湿成分が含まれている洗顔料に切り替えましょう。

また泡立てネットでよく泡立て、キメ細かな泡のクッションで洗顔します。

くれぐれも乾燥を招く結果となる、ゴシゴシ洗顔だけはしないように注意してください。

③浸透力の高い保湿成分に注目

<主な保湿成分(例)>

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン
  • プラセンタ
  • アミノ酸
  • イソフラボン
  • グリセリン  など

保湿成分を一言でいってもさまざまな種類があります。

中でも保湿成分でおすすめなのがセラミドの一種「ヒト型セラミド」です。

わたしたち人間の体内にもともとあるセラミドと構造が似ているので、肌にスーっと浸透しやすくなじみやすい成分です。

肌表面をうるおいのベールで覆うことで、紫外線やその他外部刺激からしっかりお肌を保護します。

お肌に水分補給をするために使う化粧水、そして肌内部に補給した水分を逃さず蓋をするために使う乳液やクリームなどのスキンケアアイテムにもヒト型セラミドなどの保湿成分がたっぷり配合されているものを選んで使うと、よりお肌のうるおいが保てるでしょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

④ゲル(ジェル)状タイプの化粧品を使う

冬のお肌は乾燥しやすく、朝晩に完璧な保湿をしたと思っても日中にお肌に乾燥を感じることは意外と多いものです。

保湿をする際に重要視したいのが、お肌内部の水分量と油分量のバランスです。

理想は水分量8:油分量2の割合。

これは化粧水と乳液、またはクリームの使用でもできることではありますが、割合の加減がなかなか難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、もっと手軽に保湿効果の得られるオールインワンゲルです。

1つで化粧水や乳液、クリーム、美容液、日焼け止めなど何役も果たすものが多く、水分量と油分量の割合を気にすることなく、洗顔後のキレイなお肌につけるだけの簡単スキンケア方法です。

今ではオールインワンゲルの種類も豊富なラインナップなので、それぞれのオールインワンゲルに含まれている成分と、どのような効果が得られるのかもチェックして、適量を守りつつ利用してみるのもいいでしょう。

⑤お肌に刺激を与えすぎない

冬場のお肌は乾燥しやすいため、お肌に刺激を与えすぎないことも重要です。

できればクレンジング&洗顔が一度にできるタイプの洗顔料を使うのがおすすめです。

お肌に触れる回数は約2分の1になり、肌刺激を軽減できます。

化粧水と乳液やクリーム、美容液などのアイテム毎の効果を引き出すためには、1つ1つの過程を丁寧に行なっていくのが良いでしょう。

 

乾燥でもう悩まない!冬のお肌は充分な保湿で守り抜きましょう

冬本番となる前から冬の乾燥肌対策として、保湿力高めのスキンケア商品を揃えたり、いつものクレンジングや洗顔の仕方を見直したりしませんか?

お肌は日々生きています。

じっくりと素肌の自分と向き合って、今の肌コンディションを確認しつつ、お肌にとって必要なことを始めましょう。

お肌の保湿は冬到来を待たずに、気づいた今から心がけましょう。

冬の季節にどれだけ乾燥と闘えるのか、日々のスキンケアを通して楽しみながら挑戦してみてください。

関連記事

  1. 朝起きてすぐできる!化粧ノリを良くする方法

  2. フェイシャルケア、エステだとどのぐらいかかる?施術と費用一覧

  3. 肌の乾燥は寝不足が原因だった?!寝不足と乾燥の関係性とは?