保湿ケアで美肌を作る!その方法と効果とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

憧れ美肌で最も大切なことは何だといますか?

美肌で重要視すべきポイントはお肌がうるおっているかどうかです。

キメの整ったくすみのないハリ&つやの感じられるツルスベ肌、今まさにそんな素肌を夢見て、美肌づくりに励んでいる人もいるでしょう。

目指すは「すっぴんでも綺麗な人」!

今回は美肌づくりに欠かせない、保湿ケアの方法と効果について解説していきます。

美肌づくりの秘訣は何と言っても保湿ケアにあり!

美肌に乾燥はNG!保湿ケアで撃退せよ

美肌の肌状態を改めてチェック!

メイクをすれば美肌になれたとしても、それはあくまでもニセの美肌です。

本物の美肌とはスッピン肌のこと。どんな状態のお肌が美肌といえるのか、改めてチェックしてみましょう。

まさに健康的なお肌そのものだとわかるでしょう。


<美肌のお肌の状態>

  • うるおっている
  • 毛穴開きはなくキメが整っている
  • 透明感が高く透き通るような肌
  • シミやシワが見えない
  • しっとりしている
  • ハリ感がある

理想とする美肌になるには日頃からの肌ケアはもちろん、食事、運動、冷え、睡眠、その他生活習慣の見直しを徹底し、体全体をまずは健康的な状態へと導くことが先決です。

体が内側から健康になれば、自ずとお肌もより健康的な状態へ生まれ変わってきます。

乾燥からいかにお肌を守るか!保湿ケアで望めることとは

肌荒れやニキビなどさまざまな肌トラブルを生む要因を持っているのが乾燥肌です。

美肌に乾燥は天敵!

いかにお肌を乾燥から守り、遠ざけられるかが美肌づくりのキーとなります。

スキンケアの基本は保湿ケアにあります。

保湿が上手くいっていないと、必ずといっていいほど肌コンディションに影響が及びます。

<保湿が上手くいっていないと…>

  • お肌のうるおいが奪われる
  • お肌のバリア機能が低下する
  • 乾燥することで肌トラブルが続出する
  • お肌が老化の途をたどる

毎日のお肌のお手入れで正しい保湿ケアを続けていけば、美肌への道は開かれてきます。

<お肌にうるおいが戻ってくると…>

  • お肌のバリア機能が高まる
  • お肌が柔らかくなる
  • 肌細胞が活発化しターンオーバーサイクルが正常化
  • 水分を保持する能力がアップする

一見お肌にみずみずしさを感じる人もいます。

てっきり美肌なのかと思ったら、お肌の内側が乾燥気味のインナードライ肌だったという人も珍しくありません。

肌内部が乾燥することで、お肌の表面では「紫外線などの外部刺激からお肌を守ろう」という意識が働き、皮脂の分泌が盛んになります。

その影響を受けて肌表面はうるおいに満たされたかのように見えますが、実は乾燥による良くない反応だったのです。

これがインナードライ肌の特徴で、インナードライ肌の人も乾燥肌の人と同様に、過剰な皮脂分泌をさせないために保湿ケアが大切なのです。

肌内部に必要な水分量をキープ!保湿ケアで大切なポイント

健康的なお肌では、20~30%の水分が常にある状態をキープしています。

20%を切り、そのままケアなしでは乾燥肌へ一直線。お肌は生きているので人間と同じように水分は必須です。

いかに肌内部に適量の水分を保持できるか、お肌から水分を奪わないようにできるかが保湿ケアの勝負どころだといえるでしょう。

 

美肌になれる!とっておきの5つの保湿ケア&効果をご紹介!

保湿ケア方法①化粧水をたっぷり使う

保湿でまず使うアイテムといえば化粧水です。

美肌づくりに欠かせないのが、うるおいをどれだけお肌に与えられるかという点です。

洗顔後の保湿ケアでは美肌を目指すためにもたっぷりの化粧水を使い、水分補給をしましょう。

洗顔後やお風呂上がりの後、手に500円玉ほどの化粧水を出し、ハンドプレスでじわじわとお肌に吸い込ませるイメージで浸透させていきます。

お肌に手がくっつくような感じになれば、浸透した証です。

10分程度時間をかけてまずは化粧水をしっかり浸透させましょう。

その後で油分が多く含まれている乳液やクリーム、美容液などを適量を丁寧につけて、せっかく補給した水分を逃がさないように蓋をします。

保湿ケア方法②水分を繋ぎ止める保湿成分を補う

一言で保湿成分といってもさまざまな種類があります。

その中でも美肌づくりで着目したいのが、水分を繋ぎ止める保湿成分セラミドです。

中でも特にヒト型セラミドは肌なじみの良さと浸透力の高さからおすすめの成分で、保湿ケアで使われるアイテム、化粧水や乳液、クリーム、美容液全てに配合されていれば最高です!

お肌にグングン浸透することで、うるおい分がチャージされ、美肌への扉が開かれるでしょう。

保湿ケア方法③お風呂の後は3~5分以内に保湿する

お風呂から上がって「顔をタオルで拭いた瞬間に乾燥してきた!」そんな経験あるのではないでしょうか?

お風呂上がり3~5分以内に化粧水でお肌に水分をチャージしてあげましょう。

驚くほど水分が逃げていくのは、うるおいをもたらす保湿因子がお肌から流れ出てしまうからなのです。

お風呂後のお肌の乾燥には要注意です。

保湿ケア方法④寝る前にさらに美容液などでスペシャルケアする

いつも寝る前にも保湿ケアをしていますか?

大半の人はお風呂上がりにしっかりと一度保湿ケアを済ませて、それで朝を迎えるパターンでしょう。

美肌の人はお風呂上がりだけに留まりません。

寝る前にも保湿ケアをしています。

スペシャルケアとして、保湿成分セラミドやヒアルロン酸などが含まれている美容液を使い、徹底保湿します。

水分をたっぷり補給する保湿ケアが中心となるのは朝、夜の場合には補給した水分をしっかり蓄える保湿ケアをします。

美肌づくりへのステップの1つに盛り込まれています。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

保湿ケア方法⑤蒸しタオルを利用する

美肌づくりに蒸しタオルもプラスしてみてください。

蒸しタオルを利用することで得られる効果は主に次の3点です。

  • スキンケアの浸透力が高まる
  • 血行が促進されることで老廃物や余分な水分の排出を促し、むくみやくすみが改善されやすくなる
  • クレンジング後、洗顔前にお肌を温めることで毛穴の汚れが落ちやすくなる

蒸しタオルを使うことで毛穴を開くことができ、汚れが取り除きやすくなります。

また洗顔後に蒸しタオルを使えば、血行が促されるので肌代謝がアップ。

老廃物も流れやすくなり、むくみやくすみが改善されてくるでしょう。

美肌づくりにはお肌を温めるという過程は外せません。

こちらの記事でさらに詳しく紹介しています。

 

徹底した保湿ケアを実施し美肌をGET!

すっぴん美肌の人の肌ケアにはどんな秘密が隠されているのか、ワクワクしながらこの記事を読み進めてきた人もいるのではないでしょうか?

意外にも普通の保湿ケアで驚いたのでは?

美は1日にしてならず

1日だけお肌に良いことをしたとしても、それだけで憧れ美肌の夢を現実化することは実際問題難しいことです。

ダイエットと同じように、お肌も毎日の継続ケアで少しずつ変化が現れてきます。

美肌に必要なことは、有効的な保湿ケアをいかに地道に継続していくかどうか。

肌質や肌コンディション、生活習慣などが一人一人違うため、キメの整った毛穴悩みゼロのお肌の変化を実感できる時期もさまざまです。

今回ご紹介した有効な保湿ケア方法を長いスパンをかけて積極的に取り入れ、将来美肌をGETしましょう。

努力するたび美肌に一歩前進です!

関連記事

  1. お肌の保湿をしないと大変!保湿の必要性や重要性を解説!

  2. あなたのスキンケア間違っていませんか?正しい肌の保湿方法まとめ

  3. 【今スグ実践!】肌を保湿する効果的なスキンケア方法4選

  4. 保湿しすぎると脂性肌は悪化する!?皮脂のべとべと対策まとめ

  5. 保湿しても乾燥するのは意外な理由だった!原因を知ってしっとり肌に!

  6. 保湿しているのに乾燥肌が改善されない!正しい保湿方法とは

  7. 乾燥肌は保湿必須!ボディスキンケアはクリームタイプがいいの?

  8. ニキビができたけど保湿しすぎると逆効果!?正しい保湿方法とは?