保湿に一番効く成分はセラミドって本当?他成分と比較!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

「お肌の乾燥が気になって仕方ないわ~」

「かさつき肌からいい加減もう卒業したい!」

そう思って普段から保湿効果のあるスキンケアアイテムを使っているのに、未だ乾燥に悩まされていると半ば諦めかけているのではありませんか?

保湿で一番使ってほしい成分といえばセラミドです。

今使っているアイテムにセラミドがたっぷり配合されているでしょうか?

まずはそこをチェック!

今回はセラミドと他の保湿成分とを比較してみました。




最強の保湿成分セラミドの魅力に迫る!

そもそも保湿成分セラミドとは?

もともと私たちのお肌にセラミドがあることは知っていましたか?

皮膚の上の方にある表皮。

その一番上にあるのが角質層です。

そこにセラミドが存在しています

レンガ上に積み重なっている角質細胞の間をセメントのような接着剤の役割をしているのが、セラミドなどの角質細胞間脂質です。

セラミドをどんどん肌内部で増やしていけると良いのですが、年齢を重ねるごとに減少傾向にあるので外からのケアが欠かせないのです。

強力な水分保持力!これがセラミドの一番の魅力

角質細胞間脂質の50%程度を占めているのがセラミドです。

たとえ空気が乾燥していたとしても、お肌の水分量をキープするだけの性質を持ち合わせている成分です。

肌内部、角質層のセラミドの量が適量、またはそれ以上ならお肌の保湿力が高まり、お肌の水分量は維持できるでしょう。

うるおいのベールで肌表面をしっかりガードしてくれるセラミド。

お肌表面からの水分の蒸発を防いでくれます。

肌表面にうるおいが充分あれば外部からの刺激を受けることもなくなり、お肌を守れます。

常に充分なセラミドがお肌にあることで、乾燥とは無縁にもなれるでしょう。

セラミドはお肌の水分量の80%を維持している重要成分。

お肌にとってはなくてはならない存在なのです。

セラミドの主な種類まとめ

化粧品でよく使われているセラミドは主に4種類あります。

中でもヒト型セラミド配合の化粧品は、お肌の水分量アップに最も効果が見られるのでおすすめです。

もし保湿効果を狙ってセラミド配合の化粧品を選ぶなら、ヒト型セラミドの表示があるものを選ぶようにしましょう。

  • ヒト型セラミド:浸透力と保湿力が高いセラミド。人のお肌にあるセラミドと構造がほぼ同じ。全7種類ある。
  • 動物性セラミド:保湿力が高め。構造は人の肌内部のセラミドに近い。
  • 植物性セラミド:天然由来のセラミド。人のお肌にあるセラミドと構造が異なる。お肌にマイルド。
  • 合成セラミド:価格が安いのが特徴の1つ。疑似セラミド。

セラミドの中で一番の保湿力&浸透力!ヒト型セラミド

お肌への浸透率が高く、保湿効果が最も期待できるのがヒト型セラミドです。

300以上のセラミドが人のお肌にあることは知っていましたか?

その中から化粧品に配合されていることが多い、7種類のヒト型セラミドをチェックしましょう。

化粧品への表示は、たいていセラミド+数字かセラミド+アルファベットとなっています。

ヒト型セラミドの中でも特にお肌に取り入れたいのが、セラミド2(NS)とセラミド3(NP)です。

この2つのセラミドは年齢とともに減少傾向が顕著に見られるので、日々のスキンケアで常に補給してあげましょう。

  • セラミド1(EOP):肌内部の水分を守る。バリア機能を高めてくれる。
  • セラミド2(NS):バリア機能を高める働きがある。保湿力が高い。
  • セラミド3(NP):シワ改善効果が期待できる。水分を守る。
  • セラミド4(EOH):バリア機能を高める。
  • セラミド5(AS):お肌のバリア機能を高める効果が期待できる。
  • セラミド6・6Ⅱ(AP):お肌のターンオーバーが促進される。肌内部の水分を守る。
  • セラミド7(AH):お肌の表面にある菌のバランスを調整する。

セラミドと比較①!保湿成分:大豆レシチン

セラミドよりは保湿力が弱めの大豆レシチン

人の体内や肌内部にも存在し、肌なじみのよい成分です。

名前の通り大豆から抽出された保湿成分で、油分と水分を混ぜる乳化と呼ばれる役割を果たします。

大豆レシチンが配合されている化粧品を使うと、お肌の水分&油分のバランスが整ってきて、肌トラブルが軽減されてくるでしょう。

セラミドと比較②!保湿成分:ヒアルロン酸

表皮の奥にある真皮の部分に存在している美容成分がヒアルロン酸です。

肌内部の水分量を保持する役割を果たします。

水分を保つという働きはセラミドと変わりませんが、ヒアルロン酸は表皮の部分ではなく、それよりも内部の水分となります。

そのためたとえ肌表面にヒアルロン酸を補給したとしても、真皮の部分にまで届くことなく、肌内部にあるヒアルロン酸の量を増やすことは難しいのです。

あくまでもお肌表面を保湿するという意味でなら、化粧品に含まれているヒアルロン酸の利用はありでしょう。

それに対して、化粧品に含まれているセラミドと表皮にあるセラミドは同じなので、セラミドの量をアップさせることが簡単にできます

当然お肌表面の水分量も増えてくるでしょう。

セラミドと比較③!保湿成分:コラーゲン

通常のコラーゲン配合の化粧品で望めることは、肌表面のうるおいを維持できるという点です。

化粧品に含まれているコラーゲンには、肌表面に高分子の膜を張って水分量を保つ働きがあります。

お肌のハリや弾力の期待はなかなかできないのが現状です。

しかし低分子化されたコラーゲンが配合されている化粧品や、表皮のさらに奥にある真皮幹細胞にアプローチすることで、肌内部にあるコラーゲン生成をサポートする化粧品の研究がなされています。

将来的には、もしかしたら肌内部にあるコラーゲンそのものを増やせるかもしれません。

セラミドと比較④!保湿成分:エラスチン

真皮にある保湿成分エラスチン

保湿効果が高い美容成分なのですが、やはり真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸と同じように、お肌の表皮部分までしか浸透させることができません

化粧品に含まれているエラスチンには、表皮の角質内で水分を保湿するという働きのみが期待できます。

肌表面にある成分セラミドを化粧品から補給した場合と比べると、エラスチンの方が保湿力という点では劣ってしまいます。

保湿成分ヒト型セラミドたっぷりの化粧品で美肌づくりに励みましょう

セラミド、その中でも保湿力最強なのがヒト型セラミドです。

化粧水や乳液に含まれていることの他、さらに美容液にもヒト型セラミドが使われているものを使ってスキンケアすると、即効性があり肌本来の力が底上げできるので、お肌がどんどん変わっていくのを実感できることでしょう。

全部のスキンケアアイテムをヒト型セラミド配合のものに切り替えるのが難しいのなら、美容液だけでもヒト型セラミドがたっぷり配合されているものを選んでください。

それだけでも随分とお肌の保湿力がアップしたと感じることでしょう。

セラミド配合のアイテムと合わせて定期的にスペシャルケアもしてあげましょう♪

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

関連記事

  1. 気づけば髪の毛がパサパサに…自宅でできる保湿方法とは?

  2. 顔の保湿方法は【肌タイプ】によって異なる!あなたに合った保湿方法とは?…

  3. 乾燥肌は保湿必須!ボディスキンケアはクリームタイプがいいの?

  4. 保湿しても乾燥するのは意外な理由だった!原因を知ってしっとり肌に!

  5. お肌の保湿をしないと大変!保湿の必要性や重要性を解説!

  6. 身近なもので肌の保湿ができる!その効果・効能とは?

  7. 【今スグ実践!】肌を保湿する効果的なスキンケア方法4選

  8. 【乾燥肌さん必見】乾燥肌の原因と正しい保湿方法を紹介!