お肌の保湿をしないと大変!保湿の必要性や重要性を解説!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

まさかとは思いますが、洗顔後に保湿していない…なんていうことはありませんよね?

お肌の保湿をしないとどうなってしまうのか…。

保湿しない=お肌が危険な状態に。

この方程式が成立してしまうほど保湿をしないことはリスキーなのです。

今回は保湿の必要性&重要性についてとことん解説していきます!

お肌の保湿をしないとどうなる?

夏の炎天下の水をあげていない畑の土を思い出してみてください。

ずっと水をあげない状態が続けば、乾燥して次第にひび割れ状態を起こしてくるでしょう。

お肌も土と同じなのです。

そう考えるとゾッとしませんか?

お肌にうるおいのある状態をキープできなくなれば、お肌の健康状態を維持できなくなり乾燥し、さまざまな肌トラブルが勃発してくるでしょう。

「お肌の保湿を怠る生活には何のメリットもない」ということを、肝に銘じていてほしいのです。
 

健やかなお肌を維持!保湿が必要な理由3つ

肌バリア機能を正常に!保湿が必要な理由①

リンゴの皮をむいてそのまま放置しておくと、次第に表面だけ変色してきます。

リンゴの皮で守られているからこそ、中が変色しません。

お肌の表面にはリンゴの皮のように、外部からの刺激からお肌を守るバリア機能がもともと備わっています

紫外線や花粉、その他外部からの刺激をシャットアウトしてくれる働きのあるバリア機能。

ただしいつでもどんなときでも、バリア機能が正常に働くかというとそうではありません。

角質層の水分量が20~30%あって、始めてお肌のバリア機能が正常に働きます

つまり常に保湿され、水分量が充分な状態であれば、外部刺激からお肌をずっと守れるということです。

ターンオーバー周期を狂わせない!保湿が必要な理由②

保湿が充分になされているお肌であれば、お肌を守るバリア機能がいつも維持でき、正常に働きます

また肌細胞が活性化されるので、お肌の生まれ変わり、ターンオーバーのサイクルが狂ってしまうのを極力避けられるでしょう。

通常ターンオーバーの周期は28日とされていますが、加齢や保湿不足などの理由から、周期が早まったり遅くなったりすることがあります。

お肌への保湿が不十分であれば乾燥を招くこととなり、ターンオーバーの乱れから肌表面にゴワツキを感じたり、肌荒れを引き起こしたりして水分を維持できなくなってしまいます

お肌への保湿が必要な理由2つ目としては、お肌のターンオーバーの維持があげられます。

天然クリーム不足をカバー!保湿が必要な理由③

いつもの洗顔を振り返ってみてください。

ゴシゴシ洗っていたり、一日に3回以上洗顔していませんか?

肌刺激となる洗顔の仕方や過度な洗顔は、お肌の乾燥を招くだけで何一ついいことはありません

もともと肌表面には天然クリームと呼ばれる皮脂が存在しています。

しかし間違った洗顔をしていることで、必要な皮脂、天然クリームが取り除かれ、お肌の向かう先は乾燥道まっしぐら

天然クリームが不足しがちとなる理由には、間違った洗顔方法やその他スキンケアの方法の他に、ストレスや睡眠不足などその他の原因もあります

どうでしょう?

心当たりはありませんか?

まずは天然クリームが不足してきている原因を探り、それを改善することはもちろん、保湿を充分行うことで天然クリームの働きをサポートするのが重要となってきます。
 

お肌の保湿のメカニズムをチェック!

お肌の保湿が維持されているときとは

お肌の角質層でお肌のうるおいが維持されています。

注目すべき3つの保湿因子は次の通りです。

①皮脂膜

2~3%の水分を含みます。
天然クリームとも呼ばれ、お肌の水分を維持する蓋のような役割を果たします。

②天然保湿因子

17~18%の水分を含みます。
お肌の水分を蓄えて維持する働きがあります。

③角質細胞間脂質

約80%の水分を含み、最も重要な位置にある保湿因子です。

以上の3つによって角質層内の水分は一定に保たれています

お肌を触ると大抵柔らかさを感じるでしょう。

ケラチンと呼ばれる硬いタンパク質でできている角質細胞。

硬い細胞ですが、健康的なお肌であれば約30%の水分が角質層にあるので柔らかさが感じられるというわけなのです。

中でもセラミドという角質細胞間脂質が80%を占めていて最も重要です。

お肌の保湿バランスが崩れてしまうときとは

  • 加齢
  • 間違ったスキンケア
  • 熱いお湯での長時間の入浴
  • 洗浄力の強いボディソープの使用
  • ゴシゴシ洗い

これまでの生活を振り返ってみましょう。

上の5つの何かしら当てはまっていませんか?

どれも皮脂膜と天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つの保湿因子を減少させる行為で、角質層内にある水分量が減ってしまいます

皮脂や角質細胞間脂質が流れ出していくので、お肌は乾燥してきます。

空気中の湿度にも注意が必要で、50%以下になるとお肌の水分が蒸発しやすくなり、皮脂欠乏症になってしまう恐れが出てくるでしょう。
 

お肌の保湿をすることで得られるメリット5つ!

お肌への保湿は、お肌にとって数多くのメリットがあります。

保湿をしっかりしようかな……という気持ちがより強くなるのではないでしょうか?

保湿メリット①透明感が生まれ美白効果を得られる

お肌の保湿ケアを充分行っていくことで、お肌の生まれ変わりターンオーバーサイクルが正常化してきます。

それによって、これまでに滞っていたメラニン色素の排出も順調に行われるようになり、次第にくすみが取れシミの予防にもつながってきます

保湿をし続けていくほどにお肌のコンディションが改善され、美白効果が期待できるでしょう。

保湿メリット②小じわやしわ予防

保湿されているお肌にはハリやうるおいが生まれてきます

乾燥によるしわが多い人は水分量を増やすと同時に、乳液やクリームなどの使用もしっかりとして油分の補給も行っていくと◎です。

水分と油分のバランスが大切です。

保湿メリット③キメが整ってくる

毎日するお化粧のノリ、気になりませんか?

充分な保湿がされるようになると、お肌のキメが徐々に整ってきます

お化粧のノリも良くなってくるのは言うまでもありません。

保湿メリット④ニキビ予防につながる

過剰に分泌された皮脂が元でできるニキビ

保湿ケアを怠っていることでお肌が乾燥し、それを回避しようと皮脂の分泌が過剰になります。

水分量と皮脂量のバランスを維持していくためにも、保湿ケアは必須なのです。

保湿メリット⑤お肌がイキイキしてくる

水分不足で元気をなくしている植物に水をたっぷり与えてあげたら、翌日にすっかり元気を取り戻していた…。

そんな光景を見たことはありませんか?

お肌も植物に似ていて、保湿が充分に行き届くようになってくると、お肌のターンオーバーサイクルが整い、それに伴って肌細胞が活性化されてきます。

うるおいをキープできるようにもなり、お肌がイキイキしてくるのを実感できるようになるでしょう。
 

お肌の保湿をしないなんてもう言わせない!充分な保湿でリスクを軽減

スキンケアが面倒だからと毎日の保湿ケアを怠っていると、お肌がどうなってしまうのか、考えただけでもヒヤッとしませんか?

得られるメリットが多くあるのがお肌への保湿です。

日頃のスキンケアで充分に保湿を行い、お肌へのリスクを軽減して美肌を目指していきましょう。

たっぷり保湿できるフェヴリナの炭酸ジェルパックがおすすめ!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

関連記事

  1. 保湿ケアで美肌を作る!その方法と効果とは?

  2. あなたのスキンケア間違っていませんか?正しい肌の保湿方法まとめ

  3. 気づけば髪の毛がパサパサに…自宅でできる保湿方法とは?

  4. 肌をうるおす成分って何?保湿するなら知っておくべき成分7選

  5. 保湿しても乾燥するのは意外な理由だった!原因を知ってしっとり肌に!

  6. 【今スグ実践!】肌を保湿する効果的なスキンケア方法4選

  7. ニキビができたけど保湿しすぎると逆効果!?正しい保湿方法とは?

  8. 保湿しているのに乾燥肌が改善されない!正しい保湿方法とは