日焼けによる赤ら顔の原因は?また予防と対処法は?

緊張や体温の上昇によって、顔色が一時的に赤くなることは誰にでもありますよね。

しかし、さまざまな原因でこの赤みが引かず、ちょっとした環境の変化ですぐに赤くなりやすい状態を赤ら顔と言います。

赤ら顔の原因のひとつに、日焼けがあります。

日焼けによる赤ら顔はなぜ起こってしまうのでしょうか?

今回は日焼けによる赤ら顔を予防する方法や対処方法についてお伝えします。

日焼けによる赤ら顔のメカニズム


日焼け止めをきちんと塗っていても、その後赤くなってしまったり、かゆみが出てしまったりすることがあります。

日焼けによる赤ら顔は、肌がやけどをしている状態です。

紫外線は波長の長さによって

・A波(UVA)
・B波(UVB)
・C波(UVC)

の3種類に分けられ、このうち地上にまで届くのは

・UVA
・UVB

の2つです。

日焼けの主な原因となるのはUVBで、その強いエネルギーが肌表面の細胞を傷つけます。

しかし、波長が短く、地上に届くのは全体のわずか10%だけ。

UVBによる日焼けは、日頃からこまめに日焼け止めを塗ったり、日傘やアームカバーを利用したりすることで防ぐことができます。

一方で、波長が長いUVAは、肌まで届いてもすぐに日焼けをするということはありません。

しかし、雲をすり抜けて地上まで到達しやすく、その量はUVBの20倍以上。

そのうえ肌の奥の真皮層まで浸透するため、じわじわとコラーゲンを壊していきます。

すると肌のハリや保湿力を失い、ターンオーバーが乱れます。

肌のバリア機能を失った肌は乾燥し、皮膚が薄く、硬くなるため外部からの刺激に敏感で、少し紫外線(UVB)を浴びただけで赤ら顔になりやすくなるのです。

日焼けによる赤ら顔の原因


日焼けによる赤ら顔が起きる原因には、以下のようなことが考えられます。

肌のバリア機能が低下していた

UVAを浴びることでバリア機能が弱まった肌は、刺激を受けやすい状態になっています。

UVAは窓などをすり抜けるので、屋内にいても気づかないうちに肌がダメージを受けていることも。

ここにUVBの強い刺激を浴びてしまうと、肌の毛細血管が膨らみ、炎症を起こして赤ら顔になります。

そんなに日焼けしたわけでもないのに赤ら顔になったという場合は、そもそも肌のバリア機能が乱れていたのかもしれません。

また、紫外線を浴びることで体内では活性酸素が発生します。

活性酸素が多すぎると色素沈着を起こし、なかなか赤みが引かなくなってしまう原因に。

紫外線の増幅作用がある化粧品や薬の影響

ほかにも、紫外線の影響を増幅する作用がある成分の影響が考えられます。

例えば、化粧品に多く使われているクロロフィルは、その中に含まれる毒素が変性することで紫外線の作用を高める可能性があります。

また、アトピーの薬のなかにも同様の作用を持つものが存在し、ステロイド軟膏の副作用としても毛細血管の拡張作用があります。

知らずに使っている化粧品や薬が、紫外線の影響をかえって増幅しているかもしれません。

 

日焼けによる赤ら顔の予防方法


それでは、日焼けによる赤ら顔を予防する方法について見ていきましょう。

紫外線対策を万全に

日焼けによる赤ら顔を予防するには、なんといっても紫外線対策を徹底的に行うことです。

紫外線の強い夏だけでなく、年間を通して意識することが大切です。

曇りの日でもUVAはすり抜けますので、油断は禁物。

日焼け止めを塗りつつ、帽子や日傘などで肌を守りましょう。

抗酸化作用の高い日焼け止めサプリも販売されています。

敏感肌の場合は、SPFの数値が高い日焼け止めで刺激を感じやすいことも。

この場合は、酸化チタンでコーティングしてあるものを選ぶといいでしょう。

 

スキンケアを見直そう

肌のバリア機能が低下していると、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

普段からスキンケアをしっかりと行い、肌のターンオーバーを整えることも、赤ら顔対策には重要です。

そこでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

 

日焼けによる赤ら顔になってしまったら

気をつけていたのに、赤ら顔になってしまった…そんなときにするべきケアについて見ていきましょう。

まずはよく冷やす

「今日は紫外線をたくさん浴びてしまった」というときは、まずは肌をよく冷やすようにします。

軽く濡らして冷蔵庫に入れておいた冷やしタオルや、保冷剤を肌に当てましょう。

そのときは特に赤みや痛みが見られなくても、翌日以降に影響が出る場合もあるため気をつけてください。

日焼けをした当日は熱いお風呂に浸かるのはやめ、水圧を弱くしたシャワーだけにとどめましょう。

もしヒリヒリするなら、体をこするのもNGです。

また、日焼けによる脱水を起こすこともあるので、水分をしっかりとることも忘れずに。

 

スキンケアはなるべく刺激を与えないように

肌を冷やして落ち着いたら、保湿ケアを行います。

このときの肌は非常に敏感な状態。

パッティングはやめ、手のひらに化粧水をとって頬を包み込むように優しくつけていきましょう。

コットンに化粧水をつけて頬に10分ほどつけておく、ローションパックも効果的です。

なるべく低刺激で、保湿力の高い成分を配合した化粧水を使ってください。

日焼けをしてしまったからといって、あわててピーリングやマッサージを行うなんてもってのほか。

とにかく肌に刺激を与えないことがポイントです。

 

落ち着いたら美白効果のあるスキンケアを

そのときは影響がなくても、数年後のシミやシワの原因が肌の奥に潜んでいるかもしれません。

数日経って肌が落ち着いたら、美白効果のあるスキンケアを取り入れましょう。

メラニン色素や活性酸素の増殖を抑える、ビタミンC誘導体を使うのがおすすめです。

ビタミンC誘導体には抗炎症作用もあり、赤ら顔に悩む人にぴったりです。

 

日焼けによる赤ら顔は冷やしてからのケアを心がけて


日頃意識して紫外線対策をしているという人でも、雲や窓を通過してとどく紫外線によって肌がダメージを受けているかもしれません。

また、紫外線の影響は肌の奥に蓄積されていくため、なるべく早い段階からケアをしていくことが大切です。

日焼けしてしまったらまずはよく冷やし、その後はしっかり保湿を心がけるようにしましょう。

 

関連記事

  1. 赤ら顔を治したい!赤ら顔の原因と対策方法まとめ

  2. 乾燥して赤ら顔に!?赤ら顔の保湿方法教えます!

  3. 生まれつき赤ら顔なのは遺伝が原因?赤ら顔と遺伝の関係性は?

  4. ニキビによる赤ら顔にはどう対処すればいい?その原因や治し方は?

  5. 顔の赤みは脂漏性皮膚炎のせい?その原因と対策法は?

  6. 【赤ら顔に悩む人必見】赤ら顔の人がすべきスキンケア方法とは?

  7. ~男性編~赤ら顔の原因と治し方教えます。

  8. 赤ら顔に漢方が効く?おすすめの漢方3つを紹介!