皮膚科では赤ら顔にどんな治療をしてくれる?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

赤ら顔は、血管腫や酒さなどによって起こります。

状態によっては、皮膚科で治療を受ける必要があります。

ここでは、赤ら顔の治療法についてまとめていきます。

赤ら顔とは


赤ら顔とは、毛細血管の拡張や皮膚の炎症などによって顔が赤くなることをいいます。

その見た目から、人前に出ることが嫌になり、自宅に閉じこもってしまうようになる方もいます。

赤ら顔の原因


赤ら顔は

  • 気温が高かったり逆に低かったりするところにいたり
  • 皮膚の乾燥
  • 炎症

などが起きたりすることで起こる場合があります。

また、皮膚が薄かったり、脂肪が少なかったりする場合には、毛細血管が浮き出て赤く見えるようになることもあるのです。

  • 香辛料
  • アルコール
  • 熱い飲み物

などの摂取によっても赤ら顔になることがあります。

これらの原因を取り除くことで、赤ら顔を改善できるでしょう。

しかし、それでも完全に赤ら顔を改善できない場合があります。

そのような場合は、クリニックで治療を受けることをおすすめします。

赤ら顔の種類

赤ら顔は病気の名称ではなく、顔が赤くなる症状のことを指します。

そのため、原因に応じていくつかの種類に分類されています。

・酒さ
中年以降に現れることが多く、毛細血管に炎症が起こることが原因です。

原因は解明されておらず、小さな吹き出物や毛細血管の拡張などが起こります。

吹き出物はニキビと似ていますが、全く別物です。

  • 紫外線
  • 温感
  • 冷感
  • 香辛料
  • 飲酒
  • 運動

などの要因で悪化します。

・赤くすみ
肌を摩擦したり乾燥したりすることで皮膚に炎症が起こります。

炎症が起きると肌の奥深くにあるメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。

メラニン色素がうまく排出されずに皮膚に留まり、赤くなることがあるのです。

・ニキビ跡
ニキビによる炎症で皮膚がダメージを受け、赤くすみと同じように色素沈着が起こります。

・血管腫
血管に発生するできもののことを血管腫といいます。

拡張したり太くなったりした血管が集合して血管腫になります。

原因については解明されていませんが

  • 加齢
  • 外傷

などが関与しているといわれています。

赤ら顔の治療法


軽症の赤ら顔であれば

  • スキンケア
  • 生活の見直し
  • 漢方薬

などで治療できます。

しかし、中等症以上になると、クリニックで治療を受けなければ治らない可能性があります。

主に、次のような治療法が挙げられます。

・光治療
IPL治療とも呼ばれ、赤くなっている部分に光を当てることで、毛細血管を収縮させる治療法です。

レーザーよりも弱い光を使用するため、照射時の痛みが少なく、治療後のダウンタイムも短いとされています。

ただし、どうしても肌に刺激を与えることになるので、かさぶたや肌が茶色になるなどの症状が現れます。

・レーザー治療
レーザーには様々な種類があります。

赤ら顔の治療に使用される代表的なレーザーは「ダイレーザー」です。

毛細血管拡張症と診断された場合には、保険適用で受けることができます。

なお、他にもヤグレーザーが使用される場合がありますが、保険適用ではありません。

・硬化療法
血管に硬化剤を注入して弾力性がある包帯で圧迫することで、血管を線維化させます。

硬化療法は、レーザーの効果が現れにくい太い血管に適用されることが多いです。

なお、レーザー治療のようにダウンタイムがないため、日常生活にほとんど支障をきたしません。

赤ら顔はすぐに治る?


赤ら顔によっては、原因が多岐にわたることがあります。

このような場合は、一つの治療法だけでは治せないことがほとんどです。

そのため、治療後に赤ら顔がすぐに治ることは稀といわれています。

赤ら顔のケア


軽症の赤ら顔の場合は、次のようなケアをしましょう。

・食生活の改善
アルコールや香辛料の摂取を控えましょう。

・スキンケアの見直し
洗顔やクレンジングの際に顔をごしごしと擦ってしまうと、肌が乾燥してしまいます。

乾燥している状態は肌のバリア機能が低下している状態であるため、炎症や赤ニキビなど赤ら顔の原因となるトラブルが起こりやすくなります。

たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

洗いすぎは肌の乾燥を招くので、洗顔は1日2回までにしておきましょう。

洗顔後にはパックがオススメです!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

・スペシャルケア
抗酸化作用を持つビタミンCを肌に浸透させることで、赤ら顔を改善できる可能性があります。

ビタミンCは肌への浸透性が低いので、浸透性が高くなるように人工的に加工されたビタミンC誘導体を含むスキンケア用品を使用しましょう。

ビタミンC誘導体は、化粧品の成分表記で「リン酸アスコルビン酸Na(APS)」や「リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)」と表示されています。

・炎症後のケア
炎症が鎮まったら、ビタミンK配合のスキンケア用品を使用しましょう。

ビタミンKには、血栓を溶かして血流を促進させる効果が期待できます。

血液がスムーズに流れるようになることで、赤ら顔が改善する可能性があります。

・漢方薬
血管が広がりやすくなっている場合には

  • 「温経湯(うんけいとう)」
  • 「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」
  • 「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」

などの漢方薬がよいとされています。

関連記事

  1. 男性の赤ら顔は化粧水で改善できる!正しいスキンケア方法とは

  2. ニキビによる赤ら顔にはどう対処すればいい?その原因や治し方は?

  3. 男性特有の赤ら顔の原因はなに?

  4. 肌の赤みがきになる!赤ら顔を治す方法はある?

  5. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?

  6. 日焼けによる赤ら顔の原因は?また予防と対処法は?

  7. ツボ押しで赤ら顔改善!赤ら顔に効くツボまとめ

  8. 運動したり、お酒を飲むと赤ら顔になる理由とは?