鼻と鼻の下の化粧ノリが悪い…その原因と対策法は?

ファンデーションは毎日キレイに仕上がっていますか?

顔のパーツによって、化粧ノリが悪い、崩れやすいなどのお悩みがあるのではないでしょうか。

ダントツで、化粧ノリが悪いとお悩みが多いのは鼻と鼻の下です。

毛穴、角栓、黒ずみなど、何かとトラブルが多いパーツです。

今回は、そんな鼻と鼻の下をクローズアップして、化粧ノリの悪い原因からその改善方法までをご紹介します。

鼻と鼻の下 化粧ノリの悪い原因とは?

毛穴の開き

顔の中でもTゾーンは毛穴の数が集中しているため、過剰な皮脂や毛穴の悩みを持つ方も多いです。

このように開いた毛穴の凹凸が、ファンデーションのノリを悪くしている最大の原因です。

ファンデーションが落ち込みやすく、塗れば塗るほど余計に毛穴が目立ってしまいます。

インナードライ

先述の毛穴の開きは乾燥が原因です。

乾燥の中でも「水分不足によるインナードライ」です。

肌の中で水分が不足すると、肌はなんとか皮脂だけで肌を潤そうとして皮脂腺が活性します。

これにより、多くの皮脂が作られ、特に毛穴が集中しているTゾーンから過剰な皮脂が分泌されます。

たくさんの皮脂を分泌するために、毛穴は拡張した状態でキープされてしまうのです。

角栓

毛穴は、何も凹状態だけではありません。

角栓が詰まって少し頭を出している方もいるのではないでしょうか。

このような場合は、毛穴は凸状態になっているでしょう。

この原因は古い角質です。

乾燥によりターンオーバーが正しく行われず、古い角質が溜まってしまい、その角質がダマになって毛穴に詰まってしまうのです。

されにこれが過剰に分泌される皮脂と絡まって角栓となり、毛穴に詰まってしまいます。

実は、毛穴が凹状態になっているよりも、凸状態になっている方がファンデーションは仕上げにくいのです。

これは、角栓の部分だけ、全くファンデーションが乗らないため遠目からでもムラ付きに見えてしまうのです。

メイク残り

忘れてはならないのはクレンジングです。

特に鼻の下はクレンジング忘れや、クレンジングが十分に出来ていない部分です。

しっかりクレンジングしないと、汚れが毛穴に残りファンデーションがキレイの乗らなくなってしまいます。

 

化粧ノリ改善方法【スキンケア編】

正しいクレンジングと洗顔

まず、すぐにでも効果がでやすいのは、正しいクレンジングです。

クレンジング剤には様々なタイプがありますが、蓄積したメイク汚れを一度しっかりとリセットするにはオイルがおすすめです。

日本には江戸の昔から「油落とし」という掃除方法があります。

油は油にくっつく性質があるため、油で汚れた台所などを油で拭き上げるのです。

これと同じ原理です。

毛穴に蓄積したメイク汚れのメインはファンデーションです。

ファンデーションは油性です。

そして皮脂と絡まって毛穴に残っているので、やはりこの場合はオイルクレンジングが一番強力です。

角質ケア

これは角栓対策です。

先述の通り、角栓の正体は角質です。

根本改善としては、ターンオーバー周期を正しく改善することが一番ですが、まずは溜まりに溜まってしまった角質を一掃するためにピーリングがおすすめです。

最近はクレンジングや洗顔料にも、ピーリング効果のある成分が配合されている物も多いので、上手に活用すると良いでしょう。

また、肌がデリケートでピーリング成分は心配だという方は、酵素配合の物がおすすめです。

特に植物性の酵素は穏やかに作用するため安心です。

保湿

仕上げは保湿です。

水分乾燥はインナードライを引き起こし、過剰な皮脂分泌により毛穴が開いてしまいます。

また、乾燥によってターンオーバー周期が長くなると古い角質が毛穴に詰まり角栓も気になってきます。

保湿は保湿でも特に「水分保湿」を心がけましょう。

水分をしっかり肌に浸透させるには配合成分が低分子化された化粧水がおすすめです。

また、それをキープするためのヒアルロン酸やセラミドも重要です。

いくら水分を肌に浸透させても、水分はすぐに蒸散してしまいます。

肌の中で長時間キープさせるためにも、化粧水の配合成分はしっかりチェックしましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

 

化粧ノリ改善方法【メイク編】

ファンデーションの塗り方

スキンケアで肌の土台が整ったら、鼻と鼻の下のファンデーションの塗り方もマスターしましょう。

先ず、毛穴にパテのようにファンデーションを塗りこむやり方は卒業しなければいけません。

鼻は顔のセンターパーツです。

この部分の印象で全てが決まってしまうので、厚塗りは禁物です。

頬などの広い範囲から塗り始め、最後に指やスポンジに余ったファンデーションだけで仕上げれば十分です。

鼻は日中の皮脂分泌が多いのでファンデーションの塗りすぎは、メイク崩れの原因にもなります。

気になる毛穴を完璧に隠したい気持ちは良く分かりますが、これこそが悪循環になるのでやめましょう。

ツール

ファンデーションを指で塗らずにツールを使う場合のワンポイントです。

鼻や鼻の下の毛穴が気になる場合は、硬いスポンジよりも柔らかめの方が良いです。

またブラシは先が平らなものよりも、毛先が細くなっていて、混毛(ナイロンと獣毛)タイプがおすすめです。

これらはどちらも、適度な弾力と柔らかさで、毛穴を埋めすぎず、埋め無さ過ぎず、ちょうど良い調節をしてくれます。

お試しください。

鼻と鼻の下の化粧ノリが悪いのは、直接の原因は毛穴や角栓の状態です。

しかし、この大元の原因となるのが、乾燥(インナードライ)や、それに伴うターンオーバー不良です。

これをシンプルに捉えれば、鼻と鼻の下のメイク乗りを良くするためには【保湿】と【角質ケア】が最も重要だと言えます。

今日からでも丁寧なスキンケアを始めましょう。

関連記事

  1. 「ラミナリアディギタータエキス」の効果は?この成分が入っているおすすめ…

  2. 化粧のりが悪い原因ってなに?化粧ノリを良くする方法はある?

  3. 顔の脱毛で化粧ノリは良くなる?その理由とは?