鼻の周りが赤くなる!鼻周りの赤ら顔の原因は?改善法はある?

鼻の周りだけが常に赤く見えるタイプの赤ら顔というものがあります。

これには、赤ら顔に多い脂漏性皮膚炎や酒さのほかにもさまざまな原因が考えられます。

その原因によって対策方法も変わりますので、まずは自分がどのタイプなのかを知ることが大切です。

鼻周りの赤ら顔の原因と対策について見ていきましょう。

鼻周りの赤ら顔の原因とは


鼻周りの赤ら顔が起きる場合、さまざまな原因が考えられます。

自分はどのタイプなのかをチェックしてみてください。

皮膚が薄くなっている

頬や鼻周りが赤くなるのは、過剰なケアによる刺激によって皮膚が薄くなっていることが多く見られます。

頬や鼻周りには毛細血管が集まっているため、刺激によって血管が拡張して血流が増え、赤く見えてしまうのです。

皮膚が薄いと外部からの刺激に敏感になるため、乾燥や炎症を引き起こしやすくなるという悪循環になることも。

  • クレンジングや洗顔でゴシゴシ顔をこすっている
  • ファンデーションのパフを洗っていない
  • 鼻をさわるクセがある
  • 鼻をよくかむ

鼻周りがヒリヒリして痛むといった症状に心当たりがある場合は、皮膚が薄くなっているかもしれません。

また、体質で生まれつき皮膚が薄く、毛細血管が透けて見えやすい人もいます。

ニキビ跡がある

鼻周りはとくに皮脂腺が多く、ニキビができやすい場所です。

ニキビを慢性的に繰り返して炎症を起こすと跡になりやすく、皮下組織がダメージを受けて色素沈着を起こし、赤くなってしまいます。

脂性肌でニキビができやすい人に多く見られます。

毛細血管拡張症

色白で、寒さ・暑さで顔が赤くなりやすい人はこのタイプです。

何らかの原因で交感神経が優位になり、毛細血管が拡張しやすいことが原因です。

寒冷地で生まれ育った人や、顔のほてりを感じやすい人に多くみられます。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は脂漏性湿疹とも呼ばれ、皮脂腺が多い鼻周りや耳のうしろ、脚の付け根などに症状が出ます。

赤みだけでなくかゆみをともない、慢性化することも多いのが特徴です。

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 洗顔や洗髪のしすぎ・しなさすぎ

も原因になります。

これらの原因によって皮脂が増えると、マラセチア菌というカビの一種が増加し、鼻の周りから赤くなることがあります。

もともと脂性肌で、かゆみを伴う場合は脂漏性皮膚炎の可能性が考えられるでしょう。

酒さ

酒さ(しゅさ)は皮膚疾患のひとつで、中年以降の女性に多くみられます。

原因ははっきりしていないものの、

  • アレルギー
  • 更年期
  • 顔ダニ

などによって鼻周りや頬に赤み・かゆみが出ます。

程度によって3段階に分けられ、ひどくなると膿疱があらわれて顔にこぶのようなものができることも。

鼻周りの赤ら顔の原因別の改善方法


このように、鼻周りの赤ら顔にはさまざまな原因があります。

自分の症状がどのタイプかを見極め、原因に応じた対策をとりましょう。

皮膚の薄さが原因の場合

洗顔・クレンジングの見直し

皮膚の薄さを改善することが、赤ら顔の改善につながります。

まずは肌に刺激となる洗顔やクレンジングをやめましょう。

低刺激・無添加の石鹸やミルクタイプのクレンジングを使い、決して肌をこすらないよう優しく洗ってください。

皮脂と水分のバランスが整えば肌のターンオーバーが正常化し、角質層も順調に育つようになります。

女性ホルモンの低下を抑える

皮膚が薄くなるのは、加齢による女性ホルモンの低下も影響しています。

女性ホルモンのバランスを整えるサプリや、大豆イソフラボンを含む豆乳・納豆などを積極的に食べましょう。

保湿ケアを重点的に行う

薄くなった肌は乾燥しやすく、とても敏感な状態です。

セラミドなど、保湿力の高い成分を配合したスキンケア用品でケアしましょう。

定期的なコットンパックもおすすめです。

またパックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

 

ニキビ跡が原因の場合

ニキビができやすい・炎症を起こしやすい場合、抗炎症作用のある化粧品でケアしましょう。

抗炎症・美白作用があるビタミンC誘導体を配合したものがおすすめです。

すでにニキビが悪化している場合は保湿を重点的に行い、油分は必要最低限にとどめてください。

ひどい場合は皮膚科で相談してみてもいいでしょう。

 

毛細血管拡張症が原因の場合

毛細血管拡張症の場合、交感神経を優位にしない工夫が必要です。

アルコールやカフェイン、香辛料の摂取は控え、暑すぎる・寒すぎる環境には対策をしましょう。

スキンケア用品は低刺激・無添加のものを使ってください。

 

脂漏性皮膚炎が原因の場合

塗り薬で症状を抑える

脂漏性皮膚炎の場合、炎症を抑えるためのステロイド(塗り薬)や、マラセチア菌を抑えるための抗真菌剤が主に使われます。

かゆみがある場合は飲み薬が出ることもあります。

炎症やかゆみがおさまることで赤みも改善していきますが、慢性化しやすいため根気強いケアが必要です。

清潔を保つ

マラセチア菌は皮脂が多い場所を好みます。

洗顔・洗髪のしすぎはもちろん、しなさすぎることも菌を増やす原因になります。

正しい洗顔・洗髪で清潔を保つようにしましょう。

また、肌に触れる機会が多いタオルや枕、衣類も同様です。

 

酒さが原因の場合

酒さの場合はセルフケアは難しいため、皮膚科に行くようにしましょう。

場合によって塗り薬と飲み薬を使い分けたり、レーザー治療などの選択肢もあります。

病院によって治療方針が大きく異なるため、自分にあった病院を探すことが大切です。

 

鼻周りの赤ら顔はタイプに応じて対処しよう


鼻周りの赤ら顔は、セルフケアが可能なものから皮膚科での治療が必要なものまでさまざま。

いずれにしても、ひどくなる前の早めのケアが大切です。

自分の症状に応じたケアで、鼻周りの赤ら顔の改善を目指しましょう。

関連記事

  1. 赤ら顔を治したい!赤ら顔の原因と対策方法まとめ

  2. ニキビによる赤ら顔にはどう対処すればいい?その原因や治し方は?

  3. 乾燥して赤ら顔に!?赤ら顔の保湿方法教えます!

  4. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?

  5. 赤ら顔はスキンケアとメイクでカバー!そのメイクやスキンケア方法とは?

  6. 生まれつき赤ら顔なのは遺伝が原因?赤ら顔と遺伝の関係性は?

  7. 生理前は赤ら顔になりやすいのはなぜ?効果的な改善法は?

  8. 運動したり、お酒を飲むと赤ら顔になる理由とは?