肌の古い角質の落とし方とおすすめのケア商品は?

「古い角質を落としたい!」といった時にどんな方法が思い浮かびますか?

古い角質の落としかたを間違えてしまうと、肌トラブルが悪化してしまう可能性もあります。

本記事では、本気でスキンケアを考える人にこそ読んで欲しい、古い角質の正しい落とし方とオススメのケア商品をご紹介します。

古い角質が溜まるワケ

お肌の一番表面は、角質が集まって何層にも積み重なった角質層になっています。

角質は表皮の一番下の基底層という箇所で作られ、時間経過とともに

基底細胞層
有棘細胞層
顆粒細胞層
角質細胞層

と外側に移動しつつ細胞分裂を繰り返して成長(角化)していきます。

通常、角質層は押し出されて自然に剥がれ、新しい角質細胞に変わっていきます。

つまり、古い角質が溜まることはないんです。

この一連の過程がお肌の生まれ変わり=ターンオーバーと言われるものです。

ただし、

  • 肌ダメージ
  • スキンケアの不足
  • 年齢肌

などを原因としてターンオーバーが乱れると角質が上手く剥がれ落ちずに、

  • 肌が厚くなる
  • 毛穴が目立つ
  • 乾燥肌になる

などの肌トラブルに繋がってしまいます。

ターンオーバーの乱れが原因で角質が落ちないのであれば、まずは角質を適度に落とし、お肌の代謝を助けてあげる必要があります。

 

こんな落としかたしたらダメ!古い角質のNG な落としかた

溜まってガサついている古い角質を落とすために、以下のようなケアをしてはいませんか?

もしかすると、角質ケアをしているのに肌の状態が良くならないのは、ケアの方法に問題があるからかも知れません。

早速チェックしてみてくださいね。

  • ピーリング剤・スクラブによる洗顔を週に3回以上行っている適度な頻度(週に1~2回)で取り入れるのはokですが、過度になると必要な皮脂や角質まで落としてしまいます。皮脂や角質にはお肌をバリアする機能がありますから、
    • 肌バリア機能の不足を補おうと皮脂が過剰分泌されたり
    • 肌を守ろうと肌質が厚くなったり

    することもあるんです。

    角質がより溜まりやすい環境になるので、ピーリング・スクラブは頻繁に使用しないようにしましょう。

  • 洗顔料はさっぱりタイプが好きで洗浄力の強い品を使用している特にさっぱりタイプと記載された洗顔フォームや洗顔料では、洗浄力が強すぎます。皮脂や角質を過剰にそぎ落とす原因になるので、洗顔料はお肌に優しいタイプをチョイスしましょう。
  • 拭き取りタイプのクレンジングシートや洗顔シートを毎日のように使用している拭き取りタイプの洗顔・クレンジングシートは、洗浄力の強いと言われるオイルクレンジング以上の力を発揮します。シートの後に洗顔をする方もきっと多いと思いますが、角質・皮脂を落とし過ぎる原因になります。
    • W洗顔不要のクレンジングや、ミルククレンジングへの変更を検討してみる
    • 濃いメイクの日だけ使用するなどのルールを作ってみる

    などをオススメします。

  • 毛穴パックをよく使用する、角栓を爪で押し出している角栓は皮脂と角質が交じり合って出来たものです。特に小鼻の角栓を毛穴パックで頻繁に取る方は注意しましょう。角栓とともに必要な皮脂や角質まで取れてしまいます。肌ダメージのリスクが高く、繰り返すほどに目立つ毛穴になってしまいますよ。

    指やピンセットでニュルリと角栓を押し出すのも危険です。

    お肌が強い刺激を受けてメラニンが生成されてしまうので、しみの原因になります。

古い角質を自然に落とすスキンケアの方法

では、正しい古い角質の落としかたってどんな方法なんでしょうか?

一言でいうと、「自然に角質が落ちる手助けをする、お肌に優しいスキンケア」です。

具体的にご紹介しますね。

ステップ1:基本のスキンケアの流れをチェック

基本のスキンケアの流れを今一度見ていきましょう。

クレンジング(メイクをしていた場合)
洗顔
化粧水
美容液
保湿クリーム
日焼け止め
メイク

使用する化粧品によって化粧水や美容液の順序が違うこともあるので、良く確認してから使用してみてくださいね。

次に各ステップの具体的なケア方法を紹介します。

ステップ2:お肌に優しいクレンジングを選ぼう&上手に使おう

選ぶべきクレンジングについて
クレンジングには

  • オイルクレンジング
  • 拭き取りシート

ではなく、ミルクタイプまたはW洗顔不要のクレンジングを使用してみてください。

どちらもクレンジング後にぬるま湯で軽く流すだけでokなので、特に

  • 乾燥肌
  • 敏感肌

の方で「出来るだけ肌ダメージを与えたくない」という方にお勧めです。

クレンジングの具体的な方法

  • クレンジングを手に馴染ませて温めてから顔に乗せていきます。
  • お肌になじませたら蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開きつつクレンジングとお化粧を馴染ませましょう。
  • タオルのキレイな面で優しく拭き取ります。
  • ぬるま湯で優しくお肌をみずに浸すようにして、肌に残ったクレンジングを落とします。
  • もしヌルヌルとして気になるようであれば、コットンにタップリ含ませた拭き取り化粧水でふき取りましょう。

ステップ3:洗顔で1日の汚れを落とそう

選ぶべき洗顔料
強い洗浄力でしられる合成界面活性剤(石油原料)を含む洗顔フォームは出来るだけ選ばないようにしましょう。

美容や保湿成分を贅沢に配合した

  • 練石鹸
  • 固形石鹸

が最もオススメです。

固形石鹸の多くは動物性油脂(牛脂や豚脂)または植物性油脂(ヤシ油やパーム油)を水酸化ナトリウムか水酸化カリウムに混ぜて作ったものです。

これらの成分を「石鹸素地」と呼びます。

自然にかえり、分解されるくらいなのでお肌に優しい洗顔になりますよ。

理想の洗顔の方法

  • 手を清潔にあらいます。
  • 石鹸をしっかりと泡立てて、弾力のある濃密泡をつくりましょう。泡立てネットなどのグッズを使用すると簡単に濃密泡ができます。
  • お肌をこすらない様に、泡を転がすようにして洗顔していきます。
  • ぬるま湯でお肌をこすらず、水を浸すようにして洗顔料を落としていきます。ゆすぎ残しが出ないよう、20回ほどぬるま湯でゆすぎましょう。

洗顔の頻度について
洗顔は朝・夜の2度で十分です。

洗いすぎるとかえって肌トラブルの原因になるので気を付けましょう。

最近では「スキンケアのし過ぎがターンオーバーを乱す」と言った考え方も支持されはじめ、洗顔料を使わない「洗わない洗顔」が人気になっています。

具体的には

  • スチーマー
  • 蒸しタオル
  • ぬるま湯

だけを使用して洗顔をする方法です。

  • オイリー肌
  • 混合肌

の方の場合、洗わない洗顔では皮脂が残り過ぎてしまいかえって良くないケースもあります。

  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • 普通肌

さんの方は洗わないスキンケアをベースにして、様子をみて洗顔料を取り入れた洗顔をすることでお肌のターンオーバーを効率的に整えていくことができます。

洗わない洗顔の詳しい内容は別記事で紹介していますので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

ステップ4:化粧水・美容液・保湿クリーム

化粧水の流れ
洗顔ステップを終えたら出来るだけ早く、化粧水でお肌に水分を注入しましょう!
化粧水を使用する場合は、コットンをヒタヒタに擦る位、ケチらずに使用するのがポイント

ここでケチってしまうとコットンの繊維が肌に触れて肌ダメージの原因になります。

コットンを使用しない方は、化粧水を手のひらに乗せて、お肌に優しく押し込むようなイメージで繰り返してゆっくりとプレスする「ハンドプレス」で化粧水を浸透させていきましょう。

どちらの方法でも問題ありません。

ただし、肌をたたいて化粧水を染みこませるようなパッティングは避けましょう。

肌刺激が強すぎるのでメラニンの生成を活性化させてしまい、

  • しみ
  • くすみ

の原因になります。

美容液の流れ
お肌の栄養剤にあたります。

  • 美肌
  • シワ
  • くすみ

など、お悩みに対処してくれる成分を配合した美容液をチョイスしましょう。

ハンドプレス方法でお肌にしっかりと馴染ませましょう。

保湿クリーム(オイル、乳液、クリーム)の流れ
化粧水と美容液でお肌を保水&栄養注入したら、水分を逃さないようにフタをしていきます。

フタの役割を果たしてくれるのがクリームです。

特に目元は乾燥しやすいので、目元だけ保湿力が高いアイクリームを使用するなど、部位別に保湿クリームを変えてみるのも良いでしょう。

上記のスキンケアを続けていくことでお肌が生き生きと、健康な状態に変化するのを実感できることと思います。

まずは3週間上記の内容を行ってみてください

次にスペシャルケアとして取り入れたいお勧めのスキンケア用品をご紹介します。

 

スペシャルケアに!古い角質を安全に・キレイに落とすお勧めケア商品

炭酸ジェルパック

炭酸の力を閉じ込めた美容成分タップリのジェルで至福のひと時を過ごしてみませんか?

ジェルを顔にのせるとホンワリ、温かくなりお顔の凝り固まった緊張をほぐしてくれます。

使用後にお肌の調子が違う!柔らかくなった!と実感度の高さで注目されている品です。

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

タカミスキンピール

表参道の美容皮膚科「タカミクリニック」から販売されている「角質美容液」です。

お肌に負担にならないピーリング効果があります。

化粧水の前に使用することで、化粧水以降の水分・美容成分の吸収をしっかり高めてくれます。

⇒購入はコチラ

フェイスマスク「ルルルン」

ドラッグストアなどで簡単に購入できるうえ、低価格なのに大容量!毎日気軽に使えると人気のファイスマスクです。

肌悩みに合わせたフェイスマスクを取り揃えているので年代を問わず大人気になっています。

お肌をしっかり潤すことも、ターンオーバーを整えるには大切です。

⇒購入はコチラ

リメイ インバスピーリングジェル

ピーリングゲルならコレ!

オーガニックの植物成分配合、5つの無添加を叶えている、お肌に優しいピーリング剤です。

ただし、やり過ぎは禁物です。

1週間に1回程度を目安にしてみてくださいね。

⇒購入はコチラ

 

まとめ

古い角質の落とし方と、オススメの角質ケア商品をご紹介しましたが、参考にしてもらえたでしょうか?

角質はゴシゴシ落とすと逆効果になってしまいます。

  • 角質を優しく丁寧に落とし
  • 本来の素肌力をよみがえらせ
  • 自然に落ちていく環境を作り出す

のが理想です。

ケアの方法を少し変えるだけで、だれでも簡単に理想の角質ケアができますので、ぜひ本記事の内容を参考に実践してみてください。

角質ケア製品も役立てて、ツルスベの素肌を目指してみてくださいね。

関連記事

  1. もう角質に悩まない!おすすめのスキンケア方法は?

  2. 気になる角質におすすめのマッサージ方法まとめ

  3. 角質レスな美肌にはターンオーバーと保湿がカギ!

  4. 水洗顔で角質がとれる?水洗顔の効果とその方法とは?

  5. 肌の角質層って何?どんな役割を持っている細胞なの?

  6. 角質ケアにはピーリング!その方法とおすすめのアイテムは?

  7. 角質が気になる!角質の原因と角質が厚くなってしまう理由は?

  8. 角質ケアはまず洗顔の見直しから!正しい角質ケアのための洗顔方法とは?