老け顔を予防するためにしたいコト6個

「いつまでも若くきれいでいたい!」

そんな思いとは逆に、実年齢よりも上に見られてしまったり、昨年の写真見比べて「あぁ老けたなぁ」と思ったり、老け顔に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、老け顔の予防・改善方法についてお届けしていきます!

老け顔とはどんな顔?


20代なのに30代に見られてしまう、妹と歩いているのに「お母さん」と言われてしまう、このように実際の年齢よりも老けて見えてしまうのは理由があります。

老け顔に見えてしまう特徴を挙げてみました。

  • お肌にシワやたるみがある
  • シミや色素沈着が目立
  • 髪の毛がゴワゴワしている
  • お肌が全体的にくすんでいる
  • 目の潤いが少ない

今の自分に当てはまるものがありましたか?

逆に、

  • お肌がふっくらとしている
  • シミや肌トラブルがない
  • 透明感のある肌
  • 髪の毛にツヤがある
  • 目が輝いている

といった方は、実年齢よりも若く見えることが多いです。

老け顔を防ぐための方法6個


老け顔を予防するためには、先ほどお伝えしたポイントを改善していく必要があります。

自分の老け顔ポイントをチェックし、それに合わせた対策をしていきましょう。

保湿ケア

保湿はスキンケアの基本。

あらゆる肌トラブルにつながるため、これを怠らないことが老け顔対策のカギとも言えます。

特にシワやたるみが目立っている方は、保湿ケアのやり方を見直してみると良いでしょう。

わたしたちのお肌は、年齢を重ねるにつれて、お肌の水分保持力が衰えていくものです。

そして、口元のほうれい線や目尻の下の小ジワなどが目立つようになっていきます。

そんな水分保持力低下の対策には、年齢や肌状態に合わせた化粧品選びをすることが大切。

ただ単に化粧水と乳液を塗ってケアをするのではなく、保湿力の高い化粧品を使って、うるおいを補給するイメージを持ちながらケアをしていきましょう。

保湿成分では、水分をキャッチしてキープし続ける効果のあるセラミドがおすすめです。

また、デパートなどで美容部員の方にお話を聞いたり、お肌チェックをしたりして、自分にぴったり合う化粧品を教えてもらうとなお良いでしょう。

Tゾーンは皮脂が多く、目元や口元はカサつきがちな混合肌の方は、目元や口元などの乾燥の目立つところだけ保湿クリームでケアをするのもおすすめです。

また、パックでケアをする方法もオススメです。

オススメの炭酸ジャルパックは保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。安心して使えるところがポイントですね!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト
フェヴリナ炭酸ジェルパック

美白ケア

シミは、老化の代名詞とも言える存在。

加齢によってお肌の機能が弱まることに加え、日常生活の中には

  • 紫外線
  • 大気汚染
  • 食品添加物

など、老化促進につながるものが沢山あります。

そのため、今現在シミに悩まされている人はもちろんのこと、今はまだ悩むほどではない方たちも早めの対策をしておくことが大切です。

美白成分には、

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ

お肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンなどがあります。

保湿ケアにプラスして、美白成分でもケアをしていくことによって、悪化を防いだり、初期段階のシミを消したりすることが出来ます。

しかし、既に出来上がっているシミは、セルフケアで消すことは非常に困難だと言われています。

エステサロンなどでプロにお願いするのが近道です。

角質ケア

なんとなくお肌全体が暗く見える・・・

という方におすすめなのが角質ケア。

わたしたちのお肌は、定期的に新しい肌細胞が作られ、同時に古い角質がお肌の表面から剥がれ落ちることによって健康なお肌を保っています。

しかし、何らかの原因によって古い角質が上手く剥がれ落ちずに、肌表面に蓄積してしまうことも・・・。

このように、お肌に古い角質が蓄積してしまうことで、お肌がくすんでしまうのです。

角質ケアには、

  • ピーリング
  • スクラブ

などの方法があります。

お肌にダメージが強いため、やりすぎは禁物ですが、月1回程度目安に角質ケアを行うことで、透明感のあるお肌を作ることができるでしょう。

また、出来たばかりのシミも古い角質を剥がすことによって、メラニンを含む細胞が落ちて、目立たなくさせることが出来ます。

食事

わたしたちの体は、普段口にしている食べ物によって作られています。

そのため、コンビニ弁当やカップラーメン、ファーストフードばかりの栄養面を考えない食生活をしていては、健康な肌細胞を作ることが出来ません。

老け顔対策のために覚えておきたい栄養素には、以下のようなものがあります。

  • たんぱく質・・・お肌や髪の毛の元になる栄養素
  • ビタミンC・・・抗酸化作用による老化予防、コラーゲン生成をサポートする栄養素
  • ビタミンA・・・お肌や粘膜を正常に保つ働きをもつ栄養素
  • ビタミンB2・・・ニキビなどの肌トラブル予防に役立つ栄養素
  • 海藻類・・・髪の毛のツヤをアップする栄養素

これらの栄養素を偏りなく摂取していくようにしましょう。

血行改善

体内での血液循環が悪くなってしまうと、お肌の細胞に栄養が行き届かず、健康なお肌を作ることが出来ません。

また、目元のクマが目立って青クマとなったり、青クマを隠すケアをしているうちに色素が沈着して黒クマを作ってしまったりすることがあります。

このように、血行不良は美容面にも悪い影響を及ぼしてしまうもの。

特に冬の季節は体が冷えてしまいがちですので、

  • 適度な運動
  • マッサージ
  • 入浴

などによって身体をあたためるようにしましょう。

飲み物は季節問わず、温かい飲み物が良いと言われています。

夏の暑い日であっても、キンキンに冷えた飲み物ばかりを口にしないように気を付けましょう。

楽しい生活

老け顔を作ってしまうのは、お肌の状態だけに限りません。

仕事で嫌なことがあった日は、目が虚ろで老けて見える・・・。

好きなアーティストのライブに行った日は、瞳が輝いて若々しい・・・。

同じ自分のはずなのに、全く違う人に見えた経験がある方も多いはず。

このように、瞳の輝きは老け顔に大きく影響しています。

では、瞳の輝きを左右する原因が何かといいますと、

  • ストレス
  • 疲労の蓄積
  • ドライアイ

などです。

たっぷりの睡眠をとり、自分が「好き」「楽しい」と思える時間を意識的に増やしてあげるようにしましょう。

なかなか時間を作れないという方は、日ごろからポジティブな言葉を発するように意識していくのもおすすめ。

明るい気持ちで毎日を過ごすことによって、自然と瞳が輝き、若くみえることでしょう。

まとめ

老け顔を予防するための方法をまとめてみました。

女性であれば、いつまでも若く綺麗で痛いもの。

自分の老け顔ポイントに合わせたケアで、今の若さを維持していきましょう!

関連記事

  1. 年々気になる男性の老け顔の対策方法は?

  2. 男性必見!老け顔の改善方法とは?

  3. 老けて見られる男性必見!老け顔解消法とは?

  4. 老け顔対策にはコレ!おすすめグッズ5選

  5. 男性の老け顔&老けて見える原因とは?