食事で敏感肌が改善されるって本当?おすすめの食べ物とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

敏感肌を改善するには、身体の中からケアすることも大切。

身体に取り入れる食べ物を工夫することで、敏感肌の症状を和らげることができるんです。

毎日の食事を見直して、敏感肌の改善に役立てましょう。

敏感肌の方にオススメしたい食べ物についてご紹介します。

敏感肌の方が食事で気をつけたいこと

健康な肌を目指した食事にする

敏感肌は、肌のバリア機能が低下することで起こると言われています。

敏感肌を改善するためには、肌のバリア機能を高めることが大切

肌のバリア機能が低下する原因には、

  • 肌の栄養素の不足
  • 乾燥
  • ターンオーバーの乱れ

などがあります。

食生活を整えて、これらの原因を解消するようにしましょう。
 

敏感肌を改善する食べ物

肌をつくる元となる食べ物

敏感肌を改善するには、健康的な肌をつくることが大切。

そのためにも、肌をつくる元となっているタンパク質をしっかりと取るようにしましょう。

タンパク質を多く含む食べ物には、

  • 鶏のささみ
  • たらこ
  • 豆腐
  • チーズ

などがあります。

タンパク質の代謝を助けてくれる、ビタミンB6を一緒に取るのがオススメ。

タンパク質を摂っても、ビタミンB6が不足していると肌や血管などをスムーズにつくることができません

タンパク質を多く取るなら、ビタミンB6もしっかりと摂るようにしましょう。

粘膜や皮膚を健康に保つ働きもあると言われています。

ビタミンB6は、

  • まぐろ
  • レバー
  • とうがらし
  • バナナ

などに多く含まれています。

肌の血の巡りを良くしてくれる食べ物

栄養を肌にきちんと届けるには、血液の流れを良くするのがオススメ。

血の巡りを良くするのに効果的なのが、ビタミンE

ビタミンEには末梢血管を広げる働きがあるため、血液が流れやすくなるんです。

ビタミンEは、

  • うなぎ
  • さけ
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • アーモンド

などに多く含まれています。

体の酸化を防いで、肌質の低下を抑える働きも期待できますよ。

体を温めることで、血行を良くすることもできます。

体を温める効果があると言われているのが、冬に旬を迎える根菜類

  • しょうが
  • にんじん
  • カボチャ

などは、体を温めて血行を良くする手助けをしてくれます。

鉄分が不足すると血行が悪くなってしまうため、鉄分を取るのもオススメ。

鉄分は、

  • レバー
  • あゆ
  • 小松菜
  • プルーン

などに多く含まれています。

鉄分は、ビタミンCと一緒に取ることで吸収率がアップすると言われています。

肌の乾燥を防ぐ食べ物

肌の乾燥を防ぐには、良質な脂質を適度に取ることがオススメ。

脂質を過剰に制限すると、肌の潤いを守る働きのある皮脂の分泌が不足して肌が乾燥してしまいます。

脂質はビタミンと一緒に取ることで、ビタミンの吸収をアップしてくれる効果もありますよ。

脂質は、

  • オリーブオイル
  • ごま油
  • バター
  • 肉類
  • マカダミアナッツ

などに含まれています。

質の悪い脂質を摂り過ぎると、脂肪として体に蓄積され悪影響を与えてしまうことがあるため注意しましょう。

肌のターンオーバーを整えてくれる食べ物

バリア機能を高めるためには、肌のターンオーバーを整えることが大切です。

肌のターンオーバーを整える働きがあるのが、亜鉛

亜鉛には、体の新陳代謝を高めてくれる働きがあるんです。

亜鉛は、

  • 牛肉
  • ほうれん草
  • ヨーグルト
  • カシューナッツ

などに多く含まれています。

ビタミンB2も、代謝に欠かせない成分だと言われています。

皮膚や粘膜の健康を保つ働きもありますよ。

ビタミンB2を多く含む食べ物には、

  • レバー
  • さば
  • 青のり
  • モロヘイヤ

などがあります。

肌のターンオーバーを整えるためには、女性ホルモンのバランスを整えるのも効果的

  • 豆腐
  • 豆乳
  • きな粉

などに含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整える手助けをしてくれると言われています。

肌の炎症を防いでくれる食べ物

敏感肌は刺激を受けやすくなっているため、炎症などのトラブルも起こりやすくなってしまいます。

肌を健康に保つには、炎症を防ぐことも大切です。

抗炎症作用があると言われているのが、ビタミンC

抗酸化作用もあるため、肌の酸化を防ぐのにも役立ってくれますよ。

コラーゲンの生成を促す働きもあると言われています。

ビタミンCは、

  • 赤ピーマン
  • モロヘイヤ
  • アセロラ
  • 焼き海苔

などに多く含まれています。

腸内環境を整えてくれる食べ物

栄養素をしっかりと吸収するためには、腸内環境を整えるのがオススメ

腸内環境が整っていないと、せっかく取った栄養素を有効に活用することができなくなってしまいます。

  • しいたけ
  • ごぼう
  • さつまいも
  • 納豆

などに多く含まれている食物繊維には、便通を整えてくれる働きがあります。

乳酸菌やビフィズス菌などの含まれたヨーグルトなどを取ることで、腸内の善玉菌を増やすこともできますよ。
 

まとめ

敏感肌を改善するには、肌を健康に保つような食事を目指すことが大切です。

いろんな栄養素をバランスよく取りつつ、敏感肌を改善する効果のある栄養素を意識して取るようにしましょう。

体の中からケアすることで、敏感肌改善の効果を期待することができますよ。

敏感肌の人におすすめフェブリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

関連記事

  1. その方法は間違っている!?超敏感肌さんがすべき洗顔方法とは?

  2. 敏感肌でも使えるオイル(精油)を使って顔マッサージ!オイルの効果効能と…

  3. 敏感肌に優しいクレンジングタイプはどれ?正しい洗い方を解説

  4. 乾燥性敏感肌はセラミドがオススメ!その理由と効果とは?

  5. その肌トラブル乾燥性敏感肌が原因かも?症状や対策を紹介!

  6. 風邪が原因で敏感肌に?!原因と3つの改善方法まとめ

  7. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ

  8. 妊娠すると敏感肌になった気がする…その原因はこれだった!