顔パックで赤ら顔が改善できる?正しいパックの使い方まとめ

「顔、赤いよ。大丈夫?」そんなふうに声をかけられたり、からかわれたりしたことがあるのでは?

顔は目立つパーツなだけに赤ら顔だといつも悩みの種ですね。

赤ら顔を改善できる方法がいくつかあります。

その中の1つが顔パックです!手軽にできる普段のスペシャルスキンケア「パック」。

正しいパックの使い方を知って、今日から赤ら顔の改善を目指しましょう。

 

どうして赤ら顔になるの?主な3つの原因とは

赤ら顔の原因①皮膚が薄くなっているため

お肌が薄くなっていることで赤ら顔に悩み出した人たちは多くいます。

生まれつきお肌が薄い人も中にはいますが、多くは普段の間違ったスキンケアが原因となっています。

皮脂が多いからと頻繁に洗顔をしたり、ゴシゴシ洗ったり、角質ケアでピーリングをよく行なったり、お肌のたるみやシワが気になるからとマッサージを強く行なったり……。

肌ダメージを大きくするケアをしてきたために、結果的に皮膚が薄くなってしまって赤ら顔になっているケースがあります。

赤ら顔の原因②生まれつき血管が拡張しやすい

気温差があると赤ら顔になりやすい人は血管が拡張しやすい傾向にあります。

もともと毛細血管は血管を拡張させたり収縮させたりして温度を一定に維持しています。

そのため寒い地方では屋内外の気温差が激しいため、拡張&収縮がしばしば繰り返されることとなります。

これが原因となって赤ら顔を引き起こしている場合もあります。

遺伝的、生まれつき毛細血管が多い人や体質で赤ら顔になっている人もいます。

赤ら顔の原因③ニキビや皮脂による炎症

過剰な皮脂分泌によってお肌の表面の皮脂が空気に触れて酸化します。

皮膚にはもともと常在菌がいるのですが、その菌と酸化した皮脂とが反応を起こすことで炎症が発生。

皮脂の分泌の多いところは特に注意が必要で、ニキビなどの発生も引き起こしてしまいます。

またニキビが立て続けに出ることで炎症が続くこととなり、お肌の表面の表皮の下にある真皮などの組織に色素沈着を起こして、赤みが引かなくなることがあります。

肌質によってはニキビが治ったとしても、お肌の赤みがなかなか引かず、赤ら顔に悩む人もいます。

 

赤ら顔に効果的な美容成分主な4種類とは

赤ら顔に効果的な美容成分①ビタミンC誘導体

通常のビタミンCは空気に触れると脆く壊れやすい性質があります。

そのためビタミンCに代わるビタミンC誘導体が人工的に作られました。

ビタミンC誘導体はお肌の中に浸透すると自動的にビタミンCに変換されます。

ビタミンC本来の強い抗酸化力や抗炎症などが肌内部で作用します。

赤ら顔に効果的な美容成分②フラーレン

フラーレンの抗酸化力はすばらしく、ビタミンCの172倍、プラセンタの800倍とされています。

数値から最強の抗酸化美容成分だということがわかるでしょう。

ニキビなどによる炎症を抑える他、美白効果や肌老化を抑制する働きもあり、シミやシワの改善にも役立ちます。

赤ら顔に効果的な美容成分③ビタミンE

ビタミンCと同じ抗酸化力のあるビタミンE。ニキビなどの炎症を抑制します。

別名トコフェロールと呼ばれています。

化粧品の表示ではトコフェロールが多いので覚えておきましょう。

赤ら顔に効果的な美容成分④ビタミンK

血流をよくする働きのあるビタミンK。

血管の健康の維持をサポートする成分です。

肌荒れやニキビなどの炎症が鎮まってから、滞っている血流を促進させて、赤ら顔解消へとつなげてくれるでしょう。

 

正しいパックの使い方まとめ

正しいパックの使い方①美容成分をチェックする

パック剤やシートマスクを購入するときに必ずチェックしたいのが、配合されている美容成分です。

赤ら顔の場合、バリア機能が低下しているのでお肌はデリケート。

刺激となり得る成分が含まれていると、せっかくのパックがお肌を悪化させることとなることがあるので、購入前に成分確認を必ずしましょう。

また赤ら顔に効果的な美容成分が使われているかどうかという点にも要注目です。

正しいパックの使い方②パック前はお肌を清潔にする

パックをする前にまずクレンジングでメイクをしっかりと落とし、必要に応じて洗顔料で余分な皮脂や汚れを取り除き、お肌を清潔な状態にします。

パックに含まれている美容成分の肌浸透率を上げるためには、ベースのお肌の状態は必須です。

洗い流すパックは洗顔後すぐに塗ってOK。

シートタイプのパックは使う前に化粧水をつけてから美容液パックのようにして使用するのがごく一般的です。

正しいパックの使い方③指定の時間を守る

洗い流すパックもシートタイプのパックも、どちらともパッケージ面にパック時間が書かれています。

その指定時間を守ってパックします。

短いとお肌への浸透が不足することがありますし、逆に長いと肌負担となることがあります。

正しいパックの使い方④パック後は充分に保湿をする

洗い流すタイプのパックもシートタイプのバックもどちらのパックも終了したら、保湿を充分に行ないましょう。

バリア機能が低下している赤ら顔には保湿成分セラミド配合の化粧水や乳液などを使って保湿するのが一番です。

セラミドには水分保持力やバリア機能を正常化させる働きがあります。

またセラミドの中でも特に人の肌にあるセラミドと似ているヒト型セラミドがおすすめです。

お肌への浸透力が抜群なので、保湿効果も期待できるでしょう。

 

パック以外にどんな方法がある?赤ら顔対策

赤ら顔対策①洗顔の仕方を変える

皮膚が薄くなる原因の1つに間違った洗顔方法があげられます。

正しい洗顔方法を知って、肌負担を極力軽減しましょう。

<正しい洗顔方法>

  • クレンジングでメイクをスッキリ落とします
  • 肌刺激となりにくい成分配合の洗顔料を泡立てネットで泡立てます。
  • もこもこの泡を顔に置き、泡のクッションを使って洗顔します。
  • 1~2分程度の洗顔後、しっかりと泡を洗い流します。
  • 最後に化粧水などで保湿を充分に行ないましょう。

赤ら顔対策②角質培養をスタートする

SNSでも話題となった角質培養。

肌断食としていて負担となり得るスキンケアを止めて、角質層が正常の厚みに戻るまで待つのが角質培養です。

保湿成分セラミド配合の化粧水や乳液などでお肌の保湿を与えすぎない程度に充分行なってあげましょう。

お化粧は薄づけで、石けんやお湯で落ちるタイプの化粧品を使うのがおすすめです。

保湿以外は極力お肌に刺激となることを止めることが角質培養のポイントです。

角質培養は1~2ヶ月程度で終了するものではないためもし赤ら顔改善を目指して行うなら、長期的スパンで進めていく覚悟で取り組んでいきましょう。

赤ら顔対策③紫外線対策をする

皮膚が薄くなることで起きている赤ら顔はバリア機能の低下があるので、紫外線などを含む外部からの刺激に弱い肌コンディションにあります。

そのため紫外線対策は万全に!

日焼け止めはSPF50などの強めでないほうが、肌負担が少なく◎です。

こまめに塗りなおして紫外線からお肌を守りましょう。

赤ら顔をひどくさせないために、日傘やその他日焼け止めグッズを利用するのもいいのではないでしょうか?

 

まとめ:気になる赤ら顔は顔パックで解消しましょう♪

皮膚が薄くなっていることで起きやすい赤ら顔。

お肌のバリア機能を改善させるのが一番の得策なので手軽にできるパックを定期的、もしくは一定期間だけ集中的に行なってみましょう。

お肌の炎症を抑える働きのある美容成分を含む化粧水を使って、お肌のバリア機能を回復させ、赤ら顔から健康的なお肌へと導きましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

関連記事

  1. 赤ら顔にはセラミドで保湿!おすすめのスキンケアアイテムは?

  2. ~男性編~赤ら顔の原因と治し方教えます。

  3. 赤ら顔は美容皮膚科へ。レーザー治療や他の治療法の料金や効果とは

  4. 運動したり、お酒を飲むと赤ら顔になる理由とは?

  5. ビタミンKは赤ら顔にいいの?ビタミンKの働きや効果は?

  6. 美容パックの効果がアップする正しい使い方とは?

  7. どうすれば治るの?赤ら顔の原因や対策方法

  8. 簡単にできる「手作り炭酸水パック」の作り方