乾燥で全身がカサカサに!パーツ別に行うスキンケア対策とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

空気が乾燥してくると、全身が乾燥しやすくなってしまいます。

肌が乾燥すると、カサカサしたり、痒くなったりと肌トラブルが起こりやすくなってしまいますよ。

健やかな肌を保つためにも、スキンケア対策をしっかりとして乾燥を防ぎましょう。

乾燥でお悩みの方にオススメしたい、パーツ別スキンケアについてご紹介します。

 

乾燥肌を防ぐパーツ別スキンケア

顔&首のスキンケア対策

顔と首は、露出している分乾燥が気になる部分

朝晩のスキンケアをしっかり行って、乾燥を防ぐようにしましょう。

洗顔後や入浴後には、できるだけ早く化粧水で水分を補給するようにしてください。

化粧水がなじんだら、乳液やクリームをつけて水分を閉じ込めましょう。

肌が乾燥している部分には、多めにつけるのもオススメです。

始めに導入化粧液を使用することで、化粧水の浸透を高めることができます。

スキンケアアイテムは、保湿効果の高いものを選ぶようにしてください。

日中にもこまめにチェックして、乾燥しているようなら保湿ケアをするようにしましょう。

メイクの上から使用できる、ミスト化粧水もオススメ。

でもミスト化粧水だけだと水分が蒸発してしまうので、乳液や美容液などを使用して水分が逃げないようにしましょう。

紫外線も肌を乾燥させる原因となってしまうため、紫外線対策をすることも大切です。

首も顔と一緒にケアすることで、ケアのし忘れを防ぐことができますよ。

胸&腹&背中&お尻のスキンケア対策

胸や背中などは面積が広いため、伸びが良く塗りやすい保湿アイテムを選ぶのがオススメです。

柔らかいジェルやミルクなら、伸びがよく簡単に塗ることができます。

手の届かない背中には、スプレータイプがオススメですよ。

入浴後に水分をしっかりと拭き取ったら、保湿クリームなどを塗っていきましょう。

ゴシゴシこすったりするとバリア機能が低下して乾燥が酷くなってしまうため、肌を刺激しないよう優しく丁寧に塗るようにしてください。

体を洗い過ぎるのも禁物です。

肌が乾燥している時には、ナイロンタオルなど刺激の強いものを避け、手の平で洗うのがオススメです。

洗浄料の高すぎるものも肌を乾燥させる原因となってしまうため、マイルドな洗浄力のものを選ぶようにしましょう。

腕&脚のスキンケア対策

腕・足で乾燥しやすい部分と言えば、肘と膝

肘と膝は皮脂の分泌が少ないため、乾燥しやすい部分となっているんです。

肘と膝が乾燥すると、皮膚がカサカサになったり、白く粉をふいたりしてしまうことも。

角質が厚くなってゴワゴワしている場合には、余分な角質を取り除くのがオススメです。

スクラブ入りのボディジェルなどを使って、優しく不要な角質を取り除きましょう。

不要な角質がなくなることで、肌のターンオーバーを整えて、肌を正常にする手助けをすることができます。

角質を除去した後には、必ず保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。

化粧水で水分を補給してから、ボディクリームなどを塗って水分の蒸発を防いでください。

肘、膝以外の部分にも、保湿クリームなどを塗って乾燥を防いでください。

保湿効果の高い成分には

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コエンザイムQ10
  • 尿酸
  • ワセリン

などがあります。

自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

手&足のスキンケア対策

手・足も乾燥しやすい部分となっています。

手は、手洗いや皿洗いなど水や洗剤などに触れることの多い部分

洗剤の洗浄力が乾燥の原因となってしまうため、洗剤などを使用する時には直接肌に触れないようにしましょう。

水分が肌についたままになっていると、乾く時に肌の水分まで一緒に蒸発してしまいます

それを防ぐためにも、水分はしっかりと拭き取るようにしてください。

熱いお湯だと肌が乾燥してしまうので、ぬるま湯か水で洗うようにしましょう。

水に触れた後や乾燥を感じた時には、ハンドクリームを塗るのがオススメ。

こまめに塗る習慣をつけるようにしてください。

足の中でも踵(きびす)は、特に乾燥しやすい部分となっています。

角質が厚くなり、ガサガサになってひび割れてしまうことも。

乾燥を改善するには、厚くなった角質を取り除くことが大切です。

踵やすりや踵用スクラブクリームなどを使用して、踵の余分な角質を除去しましょう。

踵の角質を除去する前に、入浴や足浴をして皮膚を柔らかくしておくと取りやすくなります

角質ケアをした後には、化粧水やフットクリームなどを塗って保湿を行いましょう。

手足のマッサージをするのもオススメです。

マッサージをすると血の巡りが良くなるため、肌の新陳代謝もアップして乾燥しにくくなりますよ。

 

まとめ

全身の乾燥を防ぐためには、保湿ケアをしっかりと行おうことが大切です。

保湿効果の高い、化粧水やクリームなどを塗るようにしましょう。

保湿剤を塗る時には、肌にダメージを与えないよう、優しく丁寧につけるのがポイントです。

全身の保湿ケアを習慣にして、肌の乾燥を防ぎましょう。

関連記事

  1. 【レシピ公開!】乾燥肌に効くオススメの栄養素や成分とは?

  2. 妊婦になってから肌が乾燥する・・・その原因とケア方法とは?

  3. 【タイプ別】乾燥肌の乳児・幼児の保湿方法とは?

  4. 乾燥で肌がかゆい…乾燥が悪化して湿疹ができた時の対処法5選

  5. 冬に向けて準備!乾燥肌にはニベアとワセリンどちらがおススメ?

  6. 乾燥肌で悩んでいるなら「セラミド」でしっかり保湿!その効果とは?

  7. 「コラーゲン」で乾燥肌が潤い肌に?成分とその効果とは?

  8. すぐ実践!乾燥肌さんにおすすめの5つの保湿対策!