肌の乾燥は寝不足が原因だった?!寝不足と乾燥の関係性とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

気になるお肌の乾燥やカサツキ

様々な肌トラブルを生み出す元凶でもある乾燥肌にはいいことは1つもありません。

乾燥肌を改善するのに充分な保湿は必須。

それと同時に肌コンディションに直結しやすい、寝不足の解消にもぜひ目を向けてほしいのです。

寝不足を解消すれば肌状態も良好に!寝不足とお肌の乾燥の関係性とはいかに……。

 

寝不足がお肌の乾燥を招く?!

健康のためには寝不足はNGだということは誰しもよく知っていることでしょう。

お肌にとっても同じことがいえて、寝不足続きでは乾燥を招きやすくなってしまいます

日々寝不足に陥ることで、お肌にはどのような変化が起きて乾燥を招いてしまうのでしょうか?

寝不足がいかにお肌や体に良くないのかを再確認しつつ、寝不足が乾燥肌を招く理由に迫ります。

 

寝不足と乾燥の関係性とは?お肌の乾燥を招く2つの理由


いつもうるおいに満たされている状態が正常なお肌。乾燥に悩まされるというのはそれなりに理由があるからなのです。

ここでは寝不足と乾燥肌、2つの関係性から理由をチェックしていきましょう。

寝不足で乾燥肌になる理由①ターンオーバーの乱れ

お肌の生まれ変わりターンオーバーが正常であれば、古くなった角質は自然にはがれ落ち、新しい角質が表面を覆うようになります。

しかし寝不足状態が続くことでお肌の機能が低下

ターンオーバーサイクルを乱すこととなります。

その結果、お肌の新陳代謝に影響が出て古くなった角質がいつまでも肌表面に付着した状態に……。

それによって角質が溜まり、角質の厚みを増す現象、過角化が進み、お肌が乾燥しやすい状況に陥ってしまうのです。

お肌に潤いを与えてあげるならパックがおすすめです。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているので使用した後はもちもちお肌になれますよ♪

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

寝不足で乾燥肌になる理由②皮脂の過剰分泌

寝不足になると自律神経のバランスが崩れます。

実際、寝不足の日を思い出してみてください。

眠気が襲ってくることがあったり、体にだるさを感じたり、何をしてもパフォーマンスが低下して何をするにも上手くいかなかったり、そんな経験あるのでは?

自律神経のバランスが崩れると心身ともに無意識的に緊張状態が続きます

皮脂の分泌を活発にする男性ホルモンの分泌を活発にさせてしまうため、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

寝不足ではお肌の抵抗力も低下してしまいます。

睡眠中に最も活性化する体の中の免疫細胞

当然、寝不足では本来の免疫力を発揮できるわけでなく、お肌の状態が不安定に。

皮脂の過剰分泌と免疫力低下が重なることで、乾燥肌なのにニキビにも悩まされることが増えてきます。

 

寝不足はお肌に大敵!乾燥を招かないおすすめ睡眠ポイント


美肌を目指すなら寝不足はNGです。

お肌に乾燥を招かないようにするには睡眠のポイントを押さえておく必要があります。

寝不足解消!乾燥肌を改善する睡眠ポイント①成長ホルモンの分泌を盛んにする

成長ホルモンと聞くと子どもだけのものというイメージがが強いですが、加齢で減少するものの大人になってからも分泌されているホルモンなのです。

成長ホルモンの働きにはいろいろありますが、お肌に関連あるといえば細胞の修復や再生です。

ところでその成長ホルモンはいつ出されているものなのでしょうか?

基本的には睡眠時。

しかも眠りについてから深い眠りに入ったときの3時間には分泌のピークを迎えます。

つまり寝不足であると上手く成長ホルモンが分泌されず、成長ホルモンの効果にあやかることができないということなのです。

寝不足解消!乾燥肌を改善する睡眠ポイント②質のよい睡眠をとる

眠りについて深い眠りに入る3時間が美肌づくりでは勝負どこ

その時間帯こそお肌のゴールデンタイムだからです。

美しい肌づくりには欠かせない成長ホルモンの分泌量が盛んになる、お肌にとって大切な時間。

しかしそのお肌のゴールデンタイム3時間の中で、いかに質のよい深い睡眠がとれるかが重要だということは覚えておきましょう。

<質のよい睡眠をとる7つの方法>

  • 寝る3時間前までには食事を済ませておく
  • 寝るときに体を冷やさない
  • 寝る前にできればゆったり湯船に浸かって体を温める
  • 寝室の温度や快適な寝具など環境を整えて、ライトは蛍光灯以外の温かなモードのものに切り替える
  • 寝る1時間前にはPCやスマホ、TVなどの画面を見ない
  • 寝る前はリラックスした雰囲気で過ごす
  • 寝る直前に激しい運動をしない

 

まとめ:即効寝不足の日々から脱却!お肌の乾燥を解消しましょう

寝不足は体と心の状態を不安定にさせてしまうだけでなく、お肌にもダイレクトに影響が出てしまいます。

「どういうわけかニキビができる」
「便秘気味」
「風邪を引きやすくなった」

寝不足が続いたときにそんな経験があるのではないでしょうか?

どれも「寝不足ですよ」の体からのサインです。

寝不足はデメリットばかり。

乾燥肌の改善には保湿は必須ですが、その他に寝不足解消は外せないのです。

充分な睡眠時間の確保と質のよい睡眠をとって寝不足を解消し、乾燥肌の改善を目指しましょう。

関連記事

  1. フェイシャルケア、エステだとどのぐらいかかる?施術と費用一覧

  2. 朝起きてすぐできる!化粧ノリを良くする方法

  3. 冬は保湿重視!正しいスキンケアで今年の冬こそウル肌に!