顔が乾燥してかゆいのは乾燥性敏感肌かも!?対策方法はこの6つ!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

肌が乾燥しているだけでなく痒みなどのトラブルがある場合には、乾燥性敏感肌になっている可能性があります。

乾燥性敏感肌はバリア機能が低下している状態なので、それに合わせたお手入れ方法が必要です。

対策をしっかりとして、乾燥性敏感肌を改善しましょう。

乾燥性敏感肌の人に試してほしい、対策方法6つをご紹介します。

乾燥性敏感肌の人に試してほしい対策方法6つ

1.保湿ケアをして潤いのある肌にする

乾燥性敏感肌を改善するには、肌に潤いを与えて乾燥を防ぐことが大切

肌に不足している水分を、保湿ケアで補いましょう。

洗顔後には、肌がしっかりと潤うまで化粧水をつけてください。

保湿効果の高い、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの成分が配合された化粧水を使用するのがオススメ。

化粧水の後には、乳液をつけて肌の水分が蒸発するのを防ぎましょう。

乾燥を防ぐには乳液とクリームの併用が効果的です

乾燥しやすい部分には、クリームを重ねて塗るようにしましょう。

保湿ケアはフェヴリナの炭酸ジェルパックがおすすめ!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸やラミナリアディギタータエキスといった保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

2.紫外線ケアをして肌のダメージを抑える

乾燥性敏感肌はバリア機能が低下して刺激に弱い状態となっているため、紫外線の影響を受けやすくなっています。

紫外線による乾燥を防ぐためにも、紫外線ケアを徹底して紫外線を防ぐようにしましょう。

日中には、UV遮断加工のされた帽子や衣類などを活用しましょう。

紫外線をきちんと遮断するためには、日焼け止めをこまめに塗り直すことも大切です。

しっかり日焼け対策をしたい方には、体の中から紫外線ケアをしてくれる、飲む日焼け止めを活用するのもオススメです。

3.肌のお手入れはシンプルで刺激の少ないものにする

乾燥性敏感肌を改善するには、低下した肌のバリア機能を回復させることが大切です。

そのためにも、肌につける化粧品は、刺激の少ないものを選ぶようにしてください。

着色料や香料など余分なものの入っていない、敏感肌専用のものがオススメです。

痒みなど肌トラブルがある場合には、美白やアンチエイジングのお手入れを中止して保湿ケアに努めるようにしてください。

摩擦や圧迫も肌への刺激となってしまうため、肌に触れる時には力を入れ過ぎないように注意しましょう。

4.肌が乾燥しにくい環境を整える

肌は環境の影響を受けるため、肌が乾燥しにくい環境を整えるのが効果的

湿度が低くなると肌の水分が蒸発しやすくなるため、室内の湿度は60%前後を保つようにしましょう。

エアコンを使用すると湿度が低下してしまうため、加湿器も一緒に使用するのがオススメです。

肌に触れる寝具などは、肌を刺激しない素材を選ぶようにしましょう。

吸湿性が高く肌触りの良い天然素材なら、肌への刺激が少なくてすみますよ。

こまめに洗濯をして、清潔に保つことも大切です。

5.食生活を整えて肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐには、体の中からもケアしてあげるのが効果的。

そのためにも、いろいろな栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。

肌はタンパク質でできているため、タンパク質をしっかりと摂ることが大切です。

肌の水分を保つためには皮脂が必要なため、良質な脂質を適度に摂るようにしましょう。

肌のターンオーバーを整えてくれる、ビタミンや亜鉛を摂るのも効果的です。

腸内環境を整えてくれる食物繊維や乳酸菌などを摂ることで、肌質を高めて肌のバリア機能を高める手助けをすることができますよ。

体内の水分が不足すると肌も乾燥してしまうため、こまめに水分補給をすることも大切です。

6.生活習慣を整えて肌のバリア機能を高める

肌のバリア機能を高めるには、生活習慣を整えるのがオススメ。

バリア機能の高い健康的な肌を保つには、質の高い睡眠が欠かせません。

規則正しい生活を送って、十分な睡眠をとるようにしましょう。

睡眠は、寝入ってからの2時間に熟睡することが大切だと言われています。

入浴して体を温めることは美肌になるのに効果的ですが、熱すぎるお湯に長く浸かると肌が乾燥しやすくなってしまいます。

入浴は、38~40℃のお湯に15分程度浸かるのがオススメです。

顔を洗う時には、ぬるま湯を使用するようにしましょう。

ストレスは肌のターンオーバーを乱して肌を乾燥させてしまうため、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

まとめ

乾燥性敏感肌は肌が乾燥しているため、肌に潤いを与えて肌の乾燥を防ぐことが大切です。

肌のバリア機能も低下しているため、ケアをする時には肌に刺激を与えないように注意しましょう。

保湿重視の、シンプルなケアをするのがオススメです。

環境、食生活、生活習慣を見直すことで、乾燥性敏感肌を改善する手助けをすることができますよ。

関連記事

  1. 最終手段!?美容皮膚科が行っているくすみ治療法とは?

  2. 目の下や目尻のくすみが原因でどんより顔に…。くすみ解消法教えます!

  3. 夕方に顔がくすむ4つの原因とは?くすみ解消は化粧の力を借りよう!

  4. くすみ予防するなら日焼けに注意!その理由とは?

  5. 洗顔石鹸でシミやくすみを撃退!おすすめの成分とは?

  6. 肌のくすみで悩む男性は多い!簡単にできるお顔トーンアップ術とは?

  7. くすみ肌はアラフォーの敵!透明感のある肌に戻る方法とは?

  8. シミとくすみの原因は別って知ってた?!原因別の対処策と予防策8選!