男性の口元ニキビの原因・対策・予防法は?

ニキビは、皮脂腺があるところであればどこにでも発生します。

頬やTゾーンにできることが知られていますが、実は口元にもニキビができる場合があるのです。

ここでは、男性の口元ニキビの原因や対策、予防法をご紹介します。

男性の口元ニキビの原因とは


口元ニキビの原因は男女で共通していますが、男性は皮脂の分泌が多いため、口元ニキビができやすいと考えられています。

口元ニキビの原因は、他の部位のニキビの原因と同じです。

毛穴に古い角質と皮脂が詰まり、そこで雑菌が繁殖することによって炎症が引き起こされます。

毛穴が詰まった段階を白ニキビ、毛穴で炎症を起こしたものを赤ニキビといいます。

つまり、皮脂の過剰分泌と古い角質の残存の原因が、口元ニキビの原因となるのです。

皮脂の過剰分泌の原因

皮脂の分泌は、男性ホルモンによってコントロールされています。

男性ホルモンの分泌が多すぎると、皮脂が過剰に分泌されるのです。

男性ホルモンは、

  • 睡眠不足
  • ストレス

などによって増加します。

また、ストレスが溜まると、男性ホルモンと一緒にステロイドホルモンも分泌されます。

このステロイドホルモンにも皮脂の分泌を増加させる作用があるため、ますます口元ニキビができやすくなってしまうのです。

また、皮脂をスキンケアで落とせていないことも口元ニキビの原因です。

丁寧に洗顔ができていないために皮脂が残り、毛穴を詰まらせてしまうことがあります。

逆にゴシゴシと擦るような洗顔によって皮脂を落としすぎてしまい、肌が乾燥することも原因になるので注意が必要です。

肌が乾燥すると、身体が皮脂を分泌して肌をうるおわせようとするため、ますます皮脂の分泌が過剰になります。

古い角質の残存

角質は、皮膚の表面にあります。

肌の内部で次々と作られる新しい細胞が押し上げられる形で、皮膚の表面へと浮き上がります。

そして、垢として自然に剥がれ落ちるのです。

この一連のサイクルを「ターンオーバー」といいます。

このターンオーバーが遅れると、古い角質が剥がれ落ちずに皮膚の表面に残ってしまうのです。

そして、皮脂と混ざり合って毛穴を塞ぎ、そこに雑菌が感染して赤ニキビとなります。

男性の口元ニキビの対策・予防


口元ニキビをできるだけ早く治し、再発を防ぐためには、皮脂の過剰分泌と古い角質の残存という2つの原因を解消しなければなりません。

それぞれの対策・予防法をご紹介します。

皮脂の分泌コントロール

皮脂の分泌コントロールをするうえで大切なことは、脂質の摂りすぎを避けることです。

脂質の摂りすぎは皮脂の過剰分泌を招きます。

また、男性ホルモンの過剰分泌を防ぐために、

  • 十分な睡眠
  • ストレス解消

を心がけることも大切です。

十分な睡眠をとるためには、睡眠環境を整えることが重要となります。

就寝の1時間前には床につき、照明を消しましょう。

そして、スマホの画面など刺激になるものは遠ざけてください。

また、就寝の1時間前に入浴すると、体温が下がって寝つきやすくなります。

ターンオーバーを整える

肌のターンオーバーには、酸素と栄養が必要不可欠です。

酸素と栄養は血液によって運ばれるので、血流を促進させることがターンオーバーを整えることに繋がります。

血流は、身体を温めると促進するので、湯船に浸かるようにしましょう。

また、運動も血流促進に効果的です。

ただし、高血圧の方は運動前に医師に相談してください。

ターンオーバーの促進効果があるフェヴリナの炭酸ジェルパックを使ってみるのをオススメします!

炭酸によってお肌の血行が良くなるのです!

自宅でかんたんに炭酸パックができるのでテレビを見ながらでもできますよ。

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

クリニックで治療を受ける


炎症を引き起こした赤ニキビは、セルフケアだけでは十分に治せない場合があります。

治らない赤ニキビを放置したり、触って化膿させたりすると、痕が残ることがあります。

また、何度も化膿をくり返すことで、紫色に変色する場合もあるのです。

このような場合は、クリニックで治療を受けることをおすすめします。

クリニックでは、ピーリングや薬物療法などの治療を受けることができます。

ピーリングとは、古い角質を薬剤で落とす治療法で、ターンオーバーを促す効果が期待できます。

ピーリングは自宅でも行えますが、クリニックで使用する薬剤よりもマイルドであるため、比較的効果が低いのです。

薬物療法では、炎症を引き起こしている雑菌に対する抗生物質や肌の調子を整えるビタミン剤などが用いられます。

また、ニキビの原因となる皮脂の分泌を一時的に止めるPDTという治療法もあります。

これは、特殊な光線で皮脂腺を破壊するとともに、ニキビの原因となるアクネ菌を死滅させる治療法です。

皮脂腺は、しばらくすると復活します。

ですので、PDTはニキビを治してしまい、予防に力を入れるという方針での治療になります。

治療を受けても、皮脂の過剰分泌や古い角質を残存させてしまう生活習慣を改善しなければ、何度でもニキビが発生します。

確実にニキビを治したいのであれば、まずはクリニックを受診し、治療と再発予防についてアドバイスを受けてください。

関連記事

  1. 口元にできるニキビの治し方教えます!

  2. 口元にできる「白ニキビ」の原因と対策方法は?

  3. 口元のしわの対策方法とは?

  4. 口元にできるニキビの原因はなに?その対処法は?

  5. 目元・口元の加齢の原因は?おすすめのクリームはある?

  6. 顎にできるニキビの原因は?口元のスキンケア方法教えます!

  7. 【動画あり】むくんだ口元を改善できる体操まとめ

  8. 口元にできる「赤ニキビ」の原因と対策方法は?