男性特有の赤ら顔の原因はなに?

赤ら顔は男女問わずなるものですが、特定の赤ら顔に関しては女性よりも男性の方がなりやすいといわれています。

赤ら顔になることで人前に出ることが嫌になり、ストレスが溜まることがあります。

ストレスがさらに赤ら顔を悪化させることもあります。

ここでは、男性特有の赤ら顔について解説します。

赤ら顔とは


赤ら顔とは、顔が赤くなった状態のことで、原因に応じて様々なタイプに分類されます。

血管が関与しているタイプ

人前に出て緊張することで起こる赤ら顔は、緊張にともなうストレスが原因で自律神経のバランスが崩れ、血管が拡張することによって血液の赤みが見えるようになることが原因です。

また、鼻の周りや頬の周りが赤くなったり、気温の変化によって赤くなったりする場合は、皮膚が薄いために血管が浮き出やすいタイプだと推測できます。

皮膚が赤くなっているタイプ

肌トラブルによって起こる炎症が原因で赤ら顔になることがあります。

また、炎症をともなうニキビが慢性化することで、色素沈着が起きて赤ら顔になることもあります。

毛穴に詰まった皮脂が酸化して炎症を起こすとニキビになることがあるのですが、ニキビができずに赤くなるだけの場合もあります。

男性特有の赤ら顔とは


男性も女性も赤ら顔の原因は同じです。

ただし、赤ら顔を引き起こす赤ニキビや毛穴の炎症などに関しては男性の方が起こりやすい傾向があります。

なぜ、これらの赤ら顔が男性にみられやすいのか解説します。

赤ニキビ

赤ニキビは、炎症をともなうニキビです。

そもそもニキビとは、余分な皮脂や古い角質が混ざり合ったものが毛穴に詰まったものです。

この段階では炎症を起こしておらず、白いプツッとした見た目をしているため、白ニキビと呼ばれます。

そこにアクネ菌が感染することで炎症を起こすと炎症をともなう赤ニキビになるのです。

また、このような症状はニキビになっていなくても起こります。

この赤ニキビと毛穴の炎症の根本の原因は、皮脂の過剰分泌です。

皮脂の分泌には男性ホルモンが深く関係しており、男性ホルモンの分泌が多いと皮脂の分泌も盛んになります。

つまり、皮脂の過剰分泌を抑えることで、赤ニキビや毛穴の炎症を防ぎ、赤ら顔を予防できるのです。

男性特有の赤ら顔の対策


男性ホルモンの分泌を抑えることで、皮脂の分泌を抑えることができます。

しかし、あまりにも多量の男性ホルモンが分泌されている場合を除き、基本的に男性ホルモンを抑えることは避けた方がよいでしょう。

スキンケアや日常生活を見直し、皮脂が過剰に分泌されない状態を作ることが大切です。

まずは、肌の乾燥を防ぎましょう。

皮脂の分泌が多いと、肌がテカテカとして見えますが、実は肌の表面にある角質層は乾燥していることが多いのです。

角質層が十分に水分を保っていることで、外部刺激に強くなるので、脂性肌だからといって保湿ケアを怠ると、肌が刺激を受けて皮脂の分泌がさらに増加してしまいます。

また、皮脂を落としたいからといって、洗浄力が強い洗顔料を使うこともNGです。

皮脂を落としすぎると肌が乾燥し、余計に皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

適度な洗浄力の洗顔料をしっかりと泡立てて、優しく洗うことを心がけてください。

皮脂の分泌を招く生活習慣

皮脂の分泌は、次のような原因で起こります。

睡眠不足

身体の機能は交感神経と副交感神経で成り立つ自律神経によって維持されています。

睡眠不足が続くと交感神経が乱れて男性ホルモンが過剰に分泌されるようになり、その結果皮脂の分泌が増加します。

飲酒

アルコールを過剰摂取すると、交感神経が刺激されて寝つきが悪くなったり、利尿作用によって夜中に目覚めてトイレに行きたくなったりするため、睡眠不足に繋がります。

睡眠不足は皮脂の過剰分泌に繋がるので、お酒の飲み過ぎには注意が必要です。

喫煙

喫煙は、交感神経を刺激するとともに、皮脂の分泌を促すコルチゾールの分泌を増加させます。

乾燥

空調が効いた部屋に長時間いると、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると、皮脂をもっと分泌して肌を守ろうと働くため、皮脂の過剰分泌に繋がるのです。

皮脂の分泌を招く食事

皮脂は中性脂肪で構成されています。

そのため、中性脂肪になりやすい食事は皮脂の過剰分泌に繋がる可能性があります。

脂肪には、植物性と動物性があり、

  • 動物性脂肪を多く含むバターやチーズ
  • 脂身が多い肉

などに注意が必要です。

また、血糖値を急激に上昇させる

  • 白米
  • 砂糖
  • じゃがいも
  • さつまいも

なども食べ過ぎに注意しましょう。

逆に、

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC

皮脂の分泌をコントロールする栄養素であるため、しっかりと摂るようにしてください。

男性特有の赤ら顔というものは存在しませんが、男性は皮膚の炎症による赤ら顔になりやすいので、普皮脂の分泌が過剰にならないように、生活習慣やスキンケア、食事を見直してください。

スキンケアでオススメなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる方にもってこいのパックです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

自宅で簡単にできるので是非使ってみてください。

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

関連記事

  1. 皮膚が薄いと赤ら顔の原因に?その対策方法は?

  2. 赤ら顔は美容皮膚科へ。レーザー治療や他の治療法の料金や効果とは

  3. 肌の赤みがきになる!赤ら顔を治す方法はある?

  4. のぼせや赤ら顔の治療方法とは?

  5. 敏感肌の人は赤ら顔になりやすい!その原因と対策は?

  6. ツボ押しで赤ら顔改善!赤ら顔に効くツボまとめ

  7. 赤ら顔の人は水洗顔した方がいい?その方法は?

  8. 赤ら顔と毛穴が目立つ!その原因と解消法は?