「コラーゲン」で乾燥肌が潤い肌に?成分とその効果とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

お肌の乾燥気になりますね。

乾燥肌には保湿が必須です。

保湿成分もセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど様々。

今回は保湿成分の中でもコラーゲンに焦点を置いて、コラーゲンそのものの成分とその効果についてご紹介していきます。

 

乾燥肌を解消して美肌効果をアップさせたい!ならばコラーゲンに注目


「お肌にいい」そう聞いてコラーゲン配合の化粧品を使っている人は多くいるでしょう。

事実、コラーゲン配合の化粧品はお肌に効果的です。

そもそもどんな成分?コラーゲンとは

コラーゲンというとお肌に必要な美容成分というイメージが強いのではないでしょうか?

私たちの体の3分の1を占めているコラーゲン

つまりコラーゲンなしでは私たちの体が成り立たないということでもあります。

骨や関節、血管、お肌などあらゆるところに存在している美容成分。

そんなコラーゲンはタンパク質の一種で、体内には30種類ほどあるとされています。

表皮、その奥にある真皮、そして皮下組織で構成されている皮膚組織だけに注目してみると、コラーゲンは真皮内に約70%占めているのです。

しかし20代をピークに加齢によって減少傾向をたどり、体内合成されるコラーゲン量が減ってきます。

その結果、ケアしていかないとコラーゲンの合成能力が低下。

たるみやしわの肌悩みを生み出してしまいます。

内側からの働きが見込めないのなら、外側から内側に向かってコラーゲンの補給が必要だといえるでしょう。

お肌に導入するならおすすめは低分子コラーゲン

コラーゲンはもともと分子量が大きいものなので、一般的なコラーゲン配合の化粧品をお肌に塗っても角質層にまで浸透することはありません。

ただしお肌の表面のうるおいを保ち、シワや乾燥対策としても効果は期待できるので、コラーゲン配合の化粧品自体を使うことが無駄というわけではありません。

単に保湿の効果だけを期待するのなら、一般的なコラーゲン配合の化粧品でも充分でしょう。

それに対して低分子コラーゲンはその名の通り分子量を小さくした成分です。

角質によって守られている皮膚表面。

分子を小さくして浸透力を高めてある低分子コラーゲンなのですが、わずかではあるものの角質層にまで浸透する可能性は高いといえるでしょう。

お肌の内部からの保湿効果が期待できるので、化粧水や美容液などの化粧品でコラーゲンを導入するのなら、「低分子」と表記のされているものがおすすめです。

またさらにコラーゲンの保湿効果を求めるなら、高配合コラーゲン美容液を使用するのもいいでしょう。

 

乾燥肌にも有効!コラーゲンのお肌への3つの効果とは


私たちの体の中では至るところに存在していて重要な役割を担っているコラーゲン。

お肌に対しても必須の成分なのです。

乾燥肌にもタイアップ!コラーゲンの効果①お肌の健康をサポート

古いものから新しいものへと分解して作り出していくコラーゲン。

お肌のコンディションを保つには必要不可欠な美容成分です。

新たにコラーゲンが生まれ変わることで皮膚の一番表面にある表皮の新陳代謝もスムーズに。

お肌の健康が維持できるでしょう。

乾燥肌にもタイアップ!コラーゲンの効果②ハリのある美肌を実現

皮膚の表面にある表皮の下にある真皮と呼ばれる部分に多く存在しているコラーゲン。

70%ほど占めている美容成分です。網目状のネットワークを作って真皮内にあるコラーゲンはお肌の弾力を保ち、ハリのある美肌を実現します。

コラーゲンの効果③お肌に潤いをキープ

うるおいをお肌に与える主な美容成分として知られているのが、コラーゲンとセラミド、ヒアルロン酸の3つです。

3大保湿成分とされている成分で、中でもコラーゲンは真皮層をバネのような働きで支える働きと、水分をとらえたら離さない性質を持っている成分です。

乾燥肌に潤いを!コラーゲン摂取は外側&内側のWアプローチ

20代をピークにどんどん減っていくコラーゲン。

その進行を少しでも遅くするのに外側からだけでなく、内側へのアプローチも必要です。

サプリメントやドリンク剤でもコラーゲン配合のものの取り扱いが多くなっています。

豊富なラインナップの健康食品の中で特におすすめしたいのが、フィッシュコラーゲン、低分子コラーゲンを使用しているものです。

体の吸収率が高めで、継続して飲み続けていくほどに効果を実感できるでしょう。

 

まとめ:乾燥肌を克服するならコラーゲン補給も!

「乾燥肌で必要なことは?」答えは何といっても保湿です。

乾燥肌はお肌を守っているバリア機能が低下気味のお肌。

紫外線などの外部からの刺激を受けやすい状況下にあるので、うるおいバリアは必須なのです。

そこでコラーゲンをチャージ!

ただし、肌浸透率の高い低分子コラーゲンを配合している化粧水や美容液を使用するのがポイントです。

もともと肌内部に存在するコラーゲン。

表皮の奥にある真皮層をバネのように支え、水分保持力も兼ね備えている必要不可欠な保湿成分です。

日頃のスキンケアで積極的に低分子コラーゲン配合の化粧品を使って、お肌にうるおいを与えてあげましょう。

関連記事

  1. 乾燥肌なのにTゾーンだけ脂性肌・・・混合肌の対処法とは?

  2. 乾燥で全身がカサカサに!パーツ別に行うスキンケア対策とは?

  3. 妊婦になってから肌が乾燥する・・・その原因とケア方法とは?

  4. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ

  5. お肌が乾燥するのはストレスが原因?お肌にも効くストレス解消法まとめ

  6. 乾燥肌で悩んでいるなら「セラミド」でしっかり保湿!その効果とは?

  7. 冬に向けて準備!乾燥肌にはニベアとワセリンどちらがおススメ?

  8. 乾燥肌に合ったメイク方法伝授!化粧の仕方を変えればお肌も変わる!