水だけの洗顔が美肌の近道!正しい水洗顔の方法とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

洗顔料は、自分の肌質に合ったものを選ぶ必要があります。

しかし、どの洗顔料を使っても肌の調子がよくならないという場合もあるでしょう。

そのような場合は、水洗顔をしてはいかがでしょうか。

洗顔料を使わない水洗顔をすることで、肌の調子がよくなる可能性があります。

ここでは、正しい水洗顔の方法をご紹介します。

水洗顔とは


水洗顔は、洗顔料を使わずに水だけで行う洗顔のことです。

洗顔料を使わなければ汚れを落とせないと思っている方もいるかもしれませんが、実は洗顔料は皮脂や古い角質を洗い流すものであるため、肌の状態によっては使わなくてもいいのです。

水洗顔に向かない人


洗顔料や石けんを使わないため、皮脂はほとんど落とすことができません。

皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、洗顔料や石けんを使った方がよいでしょう。

過剰な皮脂をそのままにしておくと、毛穴に詰まってニキビや角栓を引き起こす可能性があります。

水洗顔に向いている人


皮脂の分泌が少ないため、洗顔料や石けんを使うと肌が極端に乾燥するという方に向いています。

また、角質の水分を保持するセラミドや天然保湿因子などが少なために、すぐ乾燥してしまうという方にもおすすめです。

  • 乾燥肌でもオイリー肌でもない普通の肌
  • 少し乾燥している方
  • 少し脂っぽいという方

も水洗顔できます。

ただし、水道水に含まれる塩素など添加物が原因で肌トラブルが起こる方もいます。

水洗顔が向いているかどうかは個人差が大きいので、

水洗顔のタイミング


朝よりも夜の方が皮脂汚れや古い角質、その他の汚れが多いので、水洗顔は朝に行いましょう。

夜に水洗顔をすると、古い角質や皮脂汚れを落とすことができず、肌トラブルに繋がる可能性があります。

ただし、夜に水洗顔をしても問題ないどころか肌の調子がよくなる方もいます。

肌トラブルのリスクを考慮して、最初は朝に水洗顔をしましょう。

それで問題が起こらなければ、夜の水洗顔を試してください。

水洗顔の方法


水洗顔は、38~40℃程度のぬるま湯で約30回すすぐだけです。

肌をゴシゴシと擦ってはいけません。

シミやシワなどの原因になるので、あくまでもすすぐだけにしてください。

そして、柔らかいタオルで顔についている水を優しくふき取りましょう。

その後は、化粧水や乳液で保湿しましょう。

洗顔料や石けんを使っていなくても、水に濡らしただけで肌が乾燥してしまいます。

注意点として、水洗顔を行う前にしっかり手を洗ってください。

これは、洗顔料や石けんを使うときも同じです。

水洗顔では、洗顔料や石けんを使わないだけ、手についた雑菌が肌に影響を与えやすくなっています。

指と指の間や爪の中まで入念に洗いましょう。

ただし、アルコール消毒などはしてはいけません。

水にアルコールが混ざることで、肌に刺激が及ぶ恐れがあります。

水洗顔の温度

水洗顔の温度は、肌質に合わせて多少変動させても構いません。

熱い湯は皮脂を溶かすので、オイリー気味の場合は少し熱めの湯で水洗顔しましょう。

逆に、乾燥気味の場合は少しぬるめの湯で水洗顔してください。

肌の状態が日によって異なるのであれば、水洗顔をする前に肌の状態を見て水温を決めましょう。

水洗顔の頻度


水洗顔は、毎日行う必要はありません。

どの程度の頻度で水洗顔をするべきか人によって異なります。

そのため、最初は毎日水洗顔をしましょう。

肌トラブルが起きてしまった場合は、一度洗顔料や石けんで洗ってください。

それで肌トラブルが落ち着いたのであれば、水洗顔だけをしていたために蓄積した汚れが肌トラブルを引き起こしたと考えられます。

次は、2日に1回だけ水洗顔をしてください。

このように、肌の調子を見ながら自分にとって適切な頻度を探し当てましょう。

肌トラブルが起きた場合の対処法


水洗顔によって肌トラブルが起きた場合には、速やかに薬を塗ることが大切です。

これは、蓄積された垢や皮脂によって引き起こされたものであるためです。

一時的な刺激によって起きたトラブルであれば、翌日には改善されている可能性があります。

しかし、蓄積された垢や皮脂による炎症は、そう簡単に鎮まりません。

放置することで悪化して、炎症後色素沈着が起こる可能性もあるのです。

炎症後色素沈着とは、肌の奥深くに刺激が到達しないようブロックするメラニン色素が肌に沈着することをいいます。

色素沈着とは、つまりシミのことを指します。

水洗顔によってシミができてしまうとも捉えられるので、くれぐれも慎重に行いましょう。

水洗顔は慎重に行おう


水洗顔は、肌の調子が悪いときは避けてください。

また、1日目であっても、肌の調子がおかしいと感じた場合は、水洗顔を中止することをおすすめします。

水洗顔を毎日続けてよい結果が生まれる可能性は低いです。

洗顔料や石鹸を使った洗顔と水洗顔を組み合わせて、自分にとって最適なスキンケア習慣を見つけてくださいね。

関連記事

  1. 炭酸水洗顔は毎日やっても大丈夫?その方法とベストな頻度は?

  2. 炭酸で血行促進!血行を良くしてお肌をワントーン明るくしたい!

  3. 美肌になりたい!洗顔の決め手はクレンジング! 

  4. 角質には酵素洗顔がいい?オススメの酵素洗顔3選!

  5. 角質をポロポロ落とすタイプの洗顔の落とし穴とは…

  6. 美肌の秘訣は洗顔しない?洗顔しなくても大丈夫なの?

  7. 美肌を目指すなら洗顔石鹸がオススメ!実力派の石鹸を紹介!

  8. もう角質に悩まない!おすすめのスキンケア方法は?