美白&美肌美人になるためにするべきセルフケア方法とは?

シミくすみゴワツキ肌ニキビ肌たるみ肌など長年お肌のことで悩みを抱えている人にとって、美白&美肌美人への道はほど遠いと感じているのではないでしょうか?

何もしなければそのままですが、セルフケアで努力すれば美白&美肌美人も決して夢ではありません。

どんなセルフケアをすれば美白&美肌への道が開けてくるのでしょうか?

 

美白&美肌美人への道へまっしぐら!何種類もあるセルフケアを試してみよう

美白&美肌美人を叶えてくれそうなセルフケアの数は豊富にあります。

ただしたったの1回だけで即解決というわけではありません。

「美は1日にしてならず」ですから、やはり毎日継続して行なっていく必要があります。

美白&美肌美人を目指した様々なセルフケア方法。

その中から続けていけそうなものをいくつかピックアップして、ぜひ実践してみてください。

 

美白&美肌美人になるためにするべき10つのおすすめセルフケア

数多くある美肌&美肌への道が開けるセルフケアの中から10種類を厳選しました。

おすすめセルフケア①炭酸美容を取り入れる

炭酸ガスが溶け込んでいるコスメが話題です。

炭酸独自の働きでお肌の活性化が図れ、美白&美肌へと導きます。

洗顔料や化粧水、パックなどの販売もある炭酸コスメ。

一度試してみる価値があるでしょう。

炭酸ガスの3つの作用

  • 血流を促進させ、肌細胞の隅々まで酸素や栄養成分が行き渡りやすくなる
  • 栄養成分の肌浸透率がアップする
  • 体内の酸素の量が増加する

おすすめセルフケア②洗顔料を美白&美肌用に変更

豊富なラインナップでどれを選ぼうか悩む洗顔料。

美白&美肌にこだわったタイプの洗顔料を選ぶのがポイントです。

古くなった角質の除去やくすみの解消も美白&美肌には必須です。

  • 酵素洗顔:酵素の力を借りて汚れを浮立たせスッキリ取り除きます。
  • クレイ洗顔:泥のマイナスイオンの力で毛穴の奥にある汚れを吸着除去します。

おすすめセルフケア③成分にこだわった化粧品選び

美白&美肌美人への道へと進みたいのなら、効かせどころの違いで成分を選択するのがポイントです。

美白成分&美肌成分とは?

メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐ作用のある成分のことを美白成分といい、美肌を育むために作用する成分を美肌成分といいます。

<おすすめ美白成分>

    • 高浸透型ビタミンC:別名APPS。
      ビタミンCの肌浸透率をアップさせた成分で、これまでのものと比較して10~100倍以上皮膚に浸透し、肌内部にまで到達するとされている成分。

 

    • トラネキサム酸:シミの原因となるメラニンの生成の指令を止める作用と、その指令を受ける前のチロシンと呼ばれる物質が、メラニン色素へと変換されるときに出されるチロシナーゼの働きを抑える作用あり。
      左右対称にできる肝斑と呼ばれるシミにも有効。

 

    • アルブチン:チロシンと呼ばれる物質が、メラニン色素へと変換されるときに出されるチロシナーゼの働きを抑える作用あり。
      日焼けによるシミやニキビ跡などの色素沈着でできたシミに有効。

 

  • プラセンタエキス:チロシンと呼ばれる物質が、メラニン色素へと変換されるときに出されるチロシナーゼの働きを抑える作用あり。

<おすすめ美肌成分>

    • ヒアルロン酸:もともとお肌にある成分ですが、加齢とともに不足しがち。
      1g当たり6リットルの保水力を持つ保湿成分。
      その高い保水効果でお肌のキメをふっくら実現。

 

    • EGF:細胞を再生させる成長因子の1つ。
      加齢に伴って分泌量の減少が見られ、肌老化を誘います。
      ピーリングなどの後に使うことで、浸透率がアップする可能性があり、EGF効果に期待。

 

  • 高浸透型ビタミンC:美白成分としても有名。
    「美肌成分でおすすめは?」と聞かれて一番に伝えたい成分。

おすすめセルフケア④ピーリングケア

お肌のくすみやゴワツキ、気になっていませんか?

そのままの状態ではどうあがいても美白&美肌美人には程遠くなってしまいます。

お肌のターンオーバーを促進させるためにも古くなった角質を綺麗に取り除きましょう。

その1つの手段としてピーリングケアがあります。

ケア後はツルスベ肌に。

おすすめセルフケア⑤かっさマッサージ

手で行なう肌マッサージも悪くありませんが、かっさを使ったマッサージならさらに血行を促せます。

凝り固まっているお肌を適度にほぐせて、さらには滞った老廃物や余分な水分をリンパに向かって効率よく流せます。

かっさ独自の痛さがありますが、それが次第に快感になってきます。

おすすめセルフケア⑥美顔器の使用

イオン導入器やイオン導出器、超音波美顔器、ラジオ波美顔器、表情筋ケアもできる美顔器など、一言で美顔器といっても種類はさまざまです。

美顔器の使用も美白&美肌美人を目指すなら、デイリーケアとして毎日取り入れたいアイテムです。

おすすめセルフケア⑦シートパックの利用

美容液たっぷりのシートパック。

リーズナブルなものから高級なものまで、その種類は豊富にあります。

美白&美肌づくりには2~3日に1度くらいのスペシャルケアとして取り入れるのがいいでしょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

おすすめセルフケア⑧効果的な食べ物の摂取

夏の野菜で美肌効果が期待できるものといえば、赤いトマト。

赤い色素成分のリコピンこそ美肌成分なのです。

紫外線からお肌を守るのに必要な抗酸化成分。

美白UVケア食材としても優秀なリコピンに豊富に含まれています。

シミやしわ、たるみケアに◎。

その他次の成分が含まれている食材に注目して日々の食事に取り入れていきましょう。

    • ビタミンC:アセロラやレモン、オレンジなどに多い成分。
      水に溶けやすく、強い抗酸化力あり。
      メラニン生成を還元し美白にも効果的。

 

    • ビタミンE:高い抗酸化力があり、血液の循環スムースに。肌代謝を活発化する成分。
      脂に溶けやすいビタミン。
      アボカドやえごま、ナッツ類に多く含まれている成分。

 

    • アスタキサンチン:赤い色素成分で優れた抗酸化作用あり。
      メラニン抑制も◎。エビやサーモン、いくら、カニなどに多い成分。

 

    • βカロテン:体内に入るとビタミンAに変換される成分。
      目や粘膜などの機能を維持するのに重要。
      ニンジンやかぼちゃなどに多く含まれている成分。

 

    • エラグ酸:抗酸化力が高い成分。
      メラニンの生成を抑制する効果もあり。
      ベリー系やざくろに多い成分。

 

  • 亜鉛:カキや豚肉などに多く含まれている成分。
    抗酸化作用あり。
    傷ついた部分の細胞分裂を活発化させ修復。

など……。

おすすめセルフケア⑨ストレス発散

日頃から適度にストレスを発散しているでしょうか?

現代人はいろいろなことからストレスを感じやすくなっています。

目には見えないストレスの害は意外に深刻なもので、ニキビやくすみ、肌荒れなどの症状でお肌にも打撃を与えています。

「ストレスが溜まっているかも」と思ったらできるだけ早めに発散しましょう。

おすすめセルフケア⑩睡眠不足の解消

お肌のゴールデンタイム、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

眠りについてからの3時間がお肌のゴールデンタイムです。

いかにぐっすり深い眠りにつけるかがポイント。

別名若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯で、細胞の修復や成長のサポート役を努めます。

美白&美肌美人を目指すなら睡眠不足の解消は言うまでもありません。

 

まとめ:美白&美肌美人へ一歩前進!

女性なら誰もが憧れる美白&美肌美人。

贅沢にも2つ同時に叶えるなら、化粧品の成分にこだわり、日々のケアにもこだわる必要があります。

美白&美肌美人になるには、外からだけでなく内からのアプローチも必須なのです。

関連記事

  1. 美肌のためにすることって何?そのためのスキンケア方法は?

  2. それだけでいいの!?簡単に美肌になる3つの方法

  3. ニキビができたからこそしたい!ニキビ肌の人におすすめのパックランキング…

  4. 美肌菌って知ってる?健康な美肌になるためには美肌菌を増やそう!

  5. アラフォーだからこそしたい!美肌のためのスキンケア方法は?

  6. 保湿のしすぎは実は美肌を遠ざける!?正しい保湿方法とは?

  7. 発汗による美肌効果があるって本当?オススメのエクササイズまとめ

  8. 美肌になりたい男性がするべき習慣とは?