最終手段!?美容皮膚科が行っているくすみ治療法とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

セルフケアではなかなか改善しない肌のくすみ。

そんな肌のくすみを改善する最終手段として検討されるのが、美容皮膚科による治療です。

美容皮膚科なら、しつこいくすみをなくすことができるかもしれませんよ。

美容皮膚科で行われている、くすみ治療についてご紹介します。

美容皮膚科のレーザー治療

レーザーフェイシャル

レーザーを、シャワーのように顔全体に照射するレーザーフェイシャルにロングパルスアレキサンドライトレーザー、Qスイッチヤグレーザーなどが使われています。

メラニンに反応するレーザーを複数回照射することで、少しずつくすみを軽減することができますよ。

くすみの状態にもよりますが、5~6回をワンクールとして行うことが多いようです。

レーザートーニング

肝斑の治療として活躍しているレーザートーニングも、くすみを改善するのに役立ってくれます。

レーザートーニングに使われているレーザーは、Qスイッチヤグレーザーなど。

弱い出力でレーザーを照射して、メラニンを少しずつ減らしていきます。

レーザートーニングで効果を実感するには、5回前後の施術が必要

になることが多いようです。

 

美容皮膚科の光治療

フォトフェイシャル

くすみ治療の定番となっている、フォトフェイシャル。

フォトフェイシャルでは、くすみに効果のある光を照射して、くすみを少しずつ薄くしていきます。

1回の施術では効果を実感できませんが、複数回受けることでくすみをなくすことができますよ。

美肌効果も高いため、定期的に毎月行っている人も多い施術です。

レーザーよりもマイルドなので、肌の負担が少ないと言われています。

ライムライト

日本人の肌に合わせて作られた光治療器が、ライムライト。

そのため、フォトフェイシャルよりも痛みが少ないと言われています。

ライムライトは、薄いくすみに効果を発揮してくれますよ。

ライムライトは、3~5回程度の施術で効果を感じることが多いようです。

 

美容皮膚科のその他の施術治療

ピーリング

肌に溜まっている余分な角質を取り除いてくれる、ピーリングもくすみ治療として人気を集めています。

フルーツ酸などのピーリング効果のある薬剤を肌に塗り、古い角質をはがし取ります。

ピーリングをすると肌のターンオーバーが整えられるので、メラニンの排出を促すことができますよ。

イオン導入

ピーリングとセットで行われることが多いのが、イオン導入。

微弱な電流を流すことで、美容成分が肌に浸透するのを高めることができるんです。

イオン導入の成分には、メラニンの働きを抑制してくれるビタミンCやトラネキサム酸などを使用します。

イオン導入なら肌の奥まで成分を届けることができるため、くすみを効率的に減らすことができますよ。

 

美容皮膚科の外用薬・内服薬などによる治療

外用薬による治療

美容皮膚科では、薬による治療も行っています。

くすみ治療の外用薬としてよく使われているのが、ハイドロキノン。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれる、美白効果の高いもの。

効果が高い分副作用なども心配なため、医師の指導の下で使用するのがオススメ。

ハイドロキノンと一緒に使われることが多いのが、ビタミンA誘導体のトレチノイン

トレチノインには古い角質をはがしたり、肌のターンオーバーを促したりしてくれる働きがあります。

ハイドロキノンとトレチノインを一緒に使うことで、より美白効果を高めてくすみを改善することができますよ。

内服薬による治療

くすみの治療として処方されることが多いのが、止血剤としても活用されているトラネキサム酸

トラネキサム酸は、くすみの元となるメラニンが生成されるのを抑えてくれる働きがあります。肝斑が原因となっているくすみにも有効。

ビタミンCが一緒に処方されることもあります。ビタミンCは、肌のメラニンを排出するのに効果的。

くすみの予防として、飲む日焼け止めの活用もおすすめです。

美白点滴

美白を目指す人の間でブームとなった、美白点滴。

トラネキサム酸やビタミンCなど美白効果の高い成分を、点滴として体に取入れるというものです。

直接血管に美白成分を入れる分、内服薬などよりも効果が高いと言われています。

美白点滴は効果を長く持続することができないので、継続しないといけません。

頻度は、2週間に1回、1カ月に1回など、肌の状態によって違うようです。

美白点滴をすることでくすみを軽減し、日焼けしにくい肌にすることができます。

 

まとめ

美容皮膚科では、体の外から行うくすみ治療、体の中から行うくすみ治療の両方が行われています。

セルフケアでは解消できないくすみでも、美容皮膚科なら改善することができるかもしれません。

くすみの状態によって適した治療方法が違うため、まずは美容皮膚科を受診してカウンセリングを受けましょう。

信頼できる美容皮膚科を探してみてくださいね。

ホームケアならフェヴリナの炭酸ジェルパックがおすすめ!


毎回皮膚科にいくとなるとお金がかかりますよね。

その場合は日ごろから定期的にケアできるホームケアがおすすめです!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ザクロ果皮エキスやアスコルビン酸といった肌印象を明るくする成分や、ヒアルロン酸やラミナリアディギタータエキスといった保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

関連記事

  1. くすみが原因で顔が黒く見える…顔色が良くなる方法8つ

  2. 肌荒れやくすみが気になったら見直してほしい8つのこと

  3. くすみ予防するなら日焼けに注意!その理由とは?

  4. 【肌質改善】くすみ肌が気になるあなたにおすすめの食べ物7選

  5. シミやくすみはレーザーで治るのか?その治療法とは?

  6. 洗顔石鹸でシミやくすみを撃退!おすすめの成分とは?

  7. シミとくすみの原因は別って知ってた?!原因別の対処策と予防策8選!

  8. 目の周りのくすみは暗い印象に。原因&対策をしって明るい目元に!