敏感肌だけどピーリングケアしたい!注意点をふまえて安全にケア!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

「ピーリングケアでつるつるのお肌になれる」

「ピーリングでくすみが解消される」

「つるんとした卵肌になれるのがピーリングケア」

そんな風に言われるとトライしてみようかな…と思ってしまうのでは?

ゴマージュやピーリングジェルなどを使ったピーリングケア

敏感肌でも安全にケアできるのです。

ただし注意点を踏まえて行うことが鉄則です!

敏感肌でもピーリングケアはあり!ぜひチャレンジしてみて

敏感肌でもできるピーリング!そもそもピーリングとは?

手元に古くなったものだけれど、ずっと使い続けているものはありませんか?

大切にものを扱うことは良いことではありますが、ものによってはそれがマイナスに出ることもあります。

お肌はそのような「もの」と似ていて、古くなった角質をそのままお肌に留めておくことで、お肌のターンオーバーサイクルが狂ってしまいます

その影響を受けて新しい肌細胞が活性化されないままとなり、お肌のくすみやゴワツキ感、その他肌トラブルを引き起こしてしまうという結果に…。

そんなときにおすすめしたいのが、ターンオーバーサイクルを正常化するためのピーリングケアです。

古くなった角質を取り除き、肌コンディションを整えてくれる方法の1つです。

敏感肌のピーリングケア!適切な手段を選ぶのがポイント

ただし敏感肌の人がピーリングケアをする際には注意が必要

その理由は敏感肌の人のお肌は、外部刺激を受けやすい状況下にあるからなのです。

つまりピーリングすると肌刺激へとつながりやすく、さらに肌コンディションを悪化させてしまう可能性があるということ。

敏感肌の場合、ターンオーバーサイクルが早まっているため、新しく若い細胞が成熟せず未熟のまま肌表面に出ている状態なので、ピーリングケアするときには、適切な手段を選択することが大切です。

敏感肌の人に向いているピーリングケアとは?

「敏感肌だけれどピーリングでお肌をキレイにしたい!」

そう願って止まない人必見!

敏感肌の人に向いているピーリングケアは次の2つです。

敏感肌向きのピーリングケア①敏感肌専用のピーリング石けんやジェルの使用

ゴマージュやピーリングジェルなどを使って、自宅で気軽にできるようになったピーリングケアですが、敏感肌の人が行うときには、ピーリングアイテム選びが重要ポイントです。

通常のピーリングケア剤を使うことは、敏感肌の人のお肌へは刺激が強すぎるためおすすめしません。

敏感肌の人がピーリングケアを行うなら、敏感肌専用のピーリング石けんの使用がベストです。

使われているピーリング成分は、もちろんお肌に優しいタイプで低刺激。

きめ細かな泡がお肌にある古くなった角質を優しく取り除き、つるつるのお肌へと導いてくれるでしょう。

敏感肌の人のお肌はうるおいが不足気味なので、保湿成分もたっぷり含む敏感肌専用ピーリング石けんを使うことで、お肌に必要なうるおいを与えつつ、それでいて不要な汚れや皮脂のみ落とせます

敏感肌専用のピーリングケアアイテムには、ジェルやクリームタイプもあるのでお好みで選択してください。

またピーリングを行うなら、2~4週間に1度くらいのペースが◎です。

頻繁にピーリングすると肌コンディションを悪化させるだけなので注意しましょう。

ピーリングアイテムはこちらの記事で紹介しています♪

敏感肌向きのピーリングケア②ケミカルピーリングの施術を受ける

敏感肌に悩む人にとって、セルフでピーリングケアを行うか、それとも医師に任せるか迷うのではないでしょうか?

手頃な価格でいつでもできるのがセルフピーリングの良いところですが、敏感肌がさらにひどくなる可能性を秘めているのが気がかりです。

それに対して専門家に委ねれば、今の肌コンディションによってのピーリング剤の選択、そしてやり方、アフターケアに至るまでのアドバイスがもらえます。

お任せでケミカルピーリングの施術が受けられる点は、敏感肌へのリスクを大きく考える必要がなく安心感があり◎です。

ケミカルピーリングは1回の費用で1万円ほどかかりますが、

  • くすみの解消
  • お肌のワントーンアップ
  • ニキビの改善

など、1回で確実に効果を実感できる方法です。

定期的に施術を受けると肌コンディションの改善が早いでしょう。

気になるなら一度クリニックへ相談してみてください。

敏感肌向きのピーリング剤使用での注意点とは

敏感肌は独特な肌質なため、敏感肌用のピーリング剤が気軽に買えるのは嬉しいですね。

しかし注意した方がいいのは、いくら敏感肌向きと表示されていたとしても、肌荒れやその他肌トラブルを起こすケースが、場合によってはあるという点です。

そのときの体調や外部刺激、含まれている成分などが原因となって、ピーリング剤による肌刺激を受けることもあります。

直接お肌にピーリング剤を使うのではなく、肌刺激となるかどうか、二の腕の内側などを使ってパッチテストをしてから使うのが良いでしょう。

敏感肌のピーリング後に最も重要なのは「保湿」

敏感肌の人にとって常に充分な保湿は必須です。

普通肌の人にも言えますが、ピーリング後のお肌の状態はデリケート。

そのためお肌のバリア機能を低下させないためにも、まずは5~10分ほど時間をかけて、化粧水でたっぷり水分補給してあげましょう。

それから油分の多いアイテム、乳液、そしてクリームの順番でお肌に塗り、水分がお肌から逃げてしまわぬようにしっかり蓋をしてあげてください。

保湿はイキイキとしたお肌へ導くために有効な手段です。

日頃のスキンケアを重要視していきましょう。

敏感肌の人でもピーリングケアして美肌へ!

敏感肌の人はお肌のコンディションが良くないことが多く、スキンケアでいろんなことを諦めてしまう傾向にありませんか?

その1つにピーリングがあげられますが、敏感肌の人であってもピーリングケアすることを諦める必要はどこにもありません。

  • 自分でケアするなら、ピーリング剤でどんなものを選んだらいいのか
  • 専門家にお任せするケミカルピーリングの施術を受けるのか、それとも自分でセルフピーリングケアをして、肌コンディションを改善化させるのか

ピーリングケアするなら肌状態のことを踏まえて、上の2つの点についてじっくり考えて肌負担のないケアをしていきましょう。

目指すは美肌です!

関連記事

  1. 【必見!】アレルギーと敏感肌って同じなの?違いや原因&改善方法まとめ

  2. 敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ

  3. 対策がわからない…脂性なのに敏感肌の場合のスキンケア方法とは?

  4. 対処したい!生理前の敏感肌トラブルを改善する方法まとめ

  5. 【診断チェックあり】もしかして敏感肌かも?敏感肌の対処法まとめ

  6. 敏感肌にオーガニック化粧品は合うのか?!正しい知識でケアしよう!

  7. 乾燥性敏感肌はセラミドがオススメ!その理由と効果とは?

  8. 【敏感肌さん必見】大人ニキビの原因とスキンケア対策|まとめ