対策がわからない…脂性なのに敏感肌の場合のスキンケア方法とは?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

肌のテカリが気になる脂性、それでいて敏感肌。

このダブルの肌質を持っている場合、脂性の解消するスキンケアをしたら良いのか、それとも敏感肌に重点を置いたケアをしたら良いのか迷いますね。

今回はそんな悩みを抱えている人必見です!

脂性で敏感肌の場合のスキンケア方法について解説していきます。

脂性で敏感肌のお肌ってどんな感じ?

脂性で敏感肌のお肌はこんな感じ!

お肌がギトギトしている上に、化粧品選びが間違っているとピリピリしてしまうお肌

脂性肌×敏感肌、両方の性質を持っているお肌のことをいいます。

お肌の水分量も油分量もともに少なく、お肌のバリア機能が低下していて外部刺激を受けやすいのが敏感肌です。

敏感肌のベースにあるのは乾燥肌なので、お肌に油分が不足していると感じていると、外部からの刺激からお肌を守ろうと皮脂の分泌が盛んになります

一見脂性肌かと思ってしまうのですが、乾燥によって引き起こされている現象なのです。

お肌は乾燥した状態が続くことによって、お肌のうるおいが失われ、バリア機能が低下。

その結果紫外線などの外からの刺激を感じやすくなるため、肌荒れやお肌の炎症を起こし敏感肌へと傾いてしまっているというわけなのです。

油分が多く水分量が少ない状態のお肌が、脂性で敏感肌ということになります。

自分は大丈夫?脂性で敏感肌チェック!

<Aチェック>

  • 肌荒れが気になっている
  • お肌の乾燥が常に気になる
  • 口元や目元の小じわが目立つ
  • お肌のツッパリ感がある
  • お肌にごわつきが感じられる
  • スキンケアしているときに、化粧水がしみることがある
<Bチェック>

  • 洗顔は1日に3回以上して顔のベタつきを解消している
  • お肌が常にべたついていると感じる
  • お肌のキメが粗い
  • 毛穴が目立つ
  • 大人ニキビによく悩まされる
  • 化粧崩れしやすい


上のAチェックとBチェック、それぞれで1つ以上☑が入れば、脂性で敏感肌の可能性が大です。

脂性で敏感肌になる原因3つ

脂性で敏感肌になる原因①皮脂を落としすぎている

乾燥肌がひどくなった状態が脂性で敏感肌です。

いつもの洗顔で皮脂を落としすぎているために、乾燥がひどくなり、脂性で敏感肌となっているケースが多く見られます

ゴシゴシ洗顔をすればするほどお肌は油分が足りてない状態に陥り、外部の刺激からお肌を守ろうとかえって皮脂を分泌することとなります。

そして顔がまたテカってしまう。

だからゴシゴシ洗顔でテカリを解消しようとする…。

この悪のスパイラルにはまってしまうことで、さらなる皮脂を呼ぶことになってしまうのです。

ゴシゴシ洗顔を改め、お肌に優しい洗顔方法に切り替える必要があります。

また普段からあぶらとり紙を多用している人や、拭き取り化粧水などを毎日のように使っている人も、お肌に必要な皮脂分まで取り除いている可能性が高いでしょう。

脂性で敏感肌になる原因②充分な保湿ケアができていない

脂性になってしまうと、「油分が顔にあってベタつきがひどくなるから、化粧水だけの保湿ケアで充分なのでは?」と思ってしまう人が多いのです。

実のところ、それがさらなる皮脂を呼んでしまうのでNG行為なのです。

化粧水の役割はお肌に水分を補給することにあります。

化粧水だけで保湿はできません。

化粧水だけではお肌に入れた水分が蒸発してしまうため、それを防ぐために油分の多い乳液やクリームを塗ってあげることが重要です。

それで始めて保湿が完了したといえます。

脂性で敏感肌になる原因③食生活&生活習慣の乱れ

敏感肌になる一番の原因は間違ったスキンケアにあるのですが、食生活や生活習慣の乱れが脂性を引き起こしていることも考えられます。

  • ファストフード
  • 揚げ物などの油分の多い食べ物
  • スナック菓子


など普段から好きでよく食べているという人は脂性肌になりやすいので注意しましょう。

また過度なストレス、睡眠不足など生活習慣の乱れも関与していることがあります。

脂性で敏感肌の人必見!うるおいを重視したスキンケア方法で対策

脂性で敏感肌のスキンケア方法①ゴシゴシ洗顔をしない

「顔のテカリにもう悩まされたくないわ!」

そう思うならゴシゴシ洗顔を止めましょう

脂性にさらに磨きをかけ、肌コンディションをどんどん悪くしてしまうだけです。

何1つ良いことはありません。

正しい洗顔方法をマスターして日々の洗顔を行っていくようにしましょう。

<正しい洗顔方法>

  • 顔をぬるま湯で濡らします。
  • 洗顔料を泡立てネットでよく泡立て、もっちり泡を作りましょう。
  • 泡のクッションでお肌を洗うようなイメージで1分間程度洗顔します。
  • このときゴシゴシする必要はありません。
  • そのあとぬるま湯でしっかりすすいでください。
  • 最後にタオルでポンポンと軽く水気を拭き取ってきます。


洗顔が終わったら、すぐに化粧水でお肌に充分な水分補給をしてあげましょう。

そして蒸発させないために乳液やクリームを使って蓋をしてあげてください。

脂性で敏感肌のスキンケア方法②こっくり保湿クリームを使う

できれば10分程度の時間をかけて化粧水で水分をお肌にチャージしたあとで、油分の多いアイテムでしっかり蓋をして水分の蒸発を防ぐというのが、正しい保湿方法です。

油分の多いアイテムには乳液やクリームがあります。

乳液よりもさらにこっくりとした感じのクリームを使うことで、保湿力もアップ

乳液を使うかクリームを使うかはお好みですが、ヒト型セラミドなどの保湿力&浸透力高めの成分が配合されているものを使ってみてください。

脂性で敏感肌のスキンケア方法③化粧品で解決を目指す

敏感肌の人のためのスキンケア商品が何種類か販売されています。

脂性ではあるものの敏感肌なので、お肌のことを考えて低刺激な化粧品を選ぶのは言うまでもありません。

また洗顔ソープにもこだわり、脂性肌のベタつきを優しく落としてくれるものを選ぶのも◎。

もちろんどのスキンケア商品も、肌刺激となる成分が一切使われていないものを選択するようにしましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

こちらの記事では実際に炭酸パックを使用し、感想やパックについて詳しく紹介しています♪

 

スキンケアの見直しは必須!脂性で敏感肌を解消しましょう

もうお肌のピリピリやテカリに悩まされたくないものですね。

肌コンディションが良好でないということは、体のコンディションが良好でないときと同じように、何かしら潜む原因があるはずです

脂性で敏感肌になっている原因が分かれば、それに対して対策をとるだけ。

こんな簡単に脂性で敏感肌の悩みを解消できるわけですから、実践しないのはもったいないと思いませんか?

洗顔の仕方を見直して、保湿クリーム、または専用の化粧品のライン使いで、肌質の改善を試みる。

肌悩みがあると気持ちもふさぎこんでしまうことがあります。

できるだけ早急に行動に移して、脂性の敏感肌を解消していきましょう。

関連記事

  1. 風邪が原因で敏感肌に?!原因と3つの改善方法まとめ

  2. 乾燥性敏感肌はセラミドがオススメ!その理由と効果とは?

  3. お酒は敏感肌の原因に?!アルコールがもたらすお肌へのダメージとは?

  4. 超敏感肌は改善できる!原因と対策を知ってストレスフリーな肌に!

  5. 敏感肌でもエステは受けれる?改善されるの?

  6. 敏感肌でも使えるオイル(精油)を使って顔マッサージ!オイルの効果効能と…

  7. もう悩まない!敏感肌さんの肌着(インナーやブラジャー)選びは素材が重要…

  8. 敏感肌にオーガニック化粧品は合うのか?!正しい知識でケアしよう!