敏感肌と乾燥肌の違いって?異なる対処法やスキンケア法|まとめ

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

敏感肌ではなかったのに敏感肌になってきたと感じる人や乾燥肌に悩む人がここ最近急増中です。

敏感肌と乾燥肌は似て非なるもの

異なる対処法やスキンケア法についてまとめました。

 

敏感肌と乾燥肌、その違いとは?

赤みピリピリ敏感肌とは

  • 強い化粧品や洗剤で肌が荒れる
  • 赤みが出やすい
  • ピリピリする

普通肌ならお肌に影響が出ないことであっても赤みやかゆみ、ピリピリ感などの反応が出やすいのが敏感肌です。

何らかの原因があって、バリア機能が低下

抵抗力が弱まっていて外部刺激の影響を受けやすくなっている状態のお肌です。

  • 栄養の偏った食事
  • 住環境の変化
  • 過度な精神的なストレス
  • 睡眠不足
  • 花粉などのアレルギー

上記のことなどが原因となって敏感肌に悩む人も急激に増えてきています。

一言で敏感肌といってもその原因は様々です。

カサツキヒリヒリ乾燥肌とは

その名の通り、乾燥状態のお肌のことを乾燥肌といいます。

水不足の土壌と同じように、お肌も皮膚の水分含有量が低下していてうるおい不足に陥った状態です。

柔軟性にかけ、カサツキ感があるので肌表面はもろく、紫外線などの外部からの刺激をダイレクトに受けやすくなります

そのためヒリヒリ感が出てきたり、肌荒れを起こしやすくなります。

  • 皮脂量の低下
  • 角質細胞内の水分量の減少
  • セラミドの減少

お肌に起きる乾燥肌を招く上の3つの現象は、日常生活の中に原因がもとになって引き起こされています。

  • 間違ったスキンケア
  • 栄養のバランスの悪い食事
  • ストレスや睡眠不足など生活習慣

 

敏感肌2つの対処法&スキンケア法まとめ

①ヒト型セラミド配合の化粧水で保湿を十分に行う

敏感肌に陥っている原因はさまざまですが、共通しているのは肌表面が過敏になっていて外部からの刺激を受けやすい状態にあるという点です。

お肌を守るバリア機能を高めるために欠かせないのが保湿です。

お肌のうるおいチャージで使用したいのがセラミド配合のスキンケア化粧品です。

セラミドはお肌の角質層の細胞と細胞とのすき間を埋めているセメントのような役割を果たす美容成分です。

加齢とともに減少傾向をたどる成分なので、外からの補給は必要なのです。

そんなセラミドの中でもおすすめしたいのが、ヒト型セラミドです。

肌なじみがよく浸透率も抜群なので、使い続けるほどにお肌にうるおいを取り戻せるようになり、敏感肌も克服できるでしょう。

②敏感肌向けのスキンケア化粧品に切り替える

いつものスキンケアでは敏感肌にコラボできる成分が含まれていない可能性があります。

もしお財布にゆとりがあるなら、一時的に敏感肌向けのスキンケア化粧品を使用して、肌コンディションを整えていくのもいいでしょう。

 

乾燥肌3つの対処法&スキンケア法まとめ

①こすりすぎず、力加減に注意する

以下のこすりすぎによる刺激は、肌表面を覆っている角質層を傷つけているだけにすぎず、見えない炎症を引き起こしてしまいます

・血行促進のために力を入れながらマッサージ
・指でクリームなどを塗り込んでいる
・洗顔などで、指でクルクルと何度もなでて洗う
・ふき取り化粧水やクレンジングなどをよく使っている
・いつもゴシゴシしっかり洗顔する
・洗顔後、こすりながらタオルで水気をふき取る
・ピーリングのやり過ぎ

乾燥肌は次の5つのことに注意してみましょう。

・洗顔やクレンジングを行うときには手に力を入れるとこなく、クルクルと柔らかな手つきでマッサージするように行う。
・基本的にスキンケアを行うときにもゴシゴシお肌に刺激を与えるように行わない。
・ピーリングは週に1回程度に留めておく。
・洗顔は一日に朝晩各1回ほどで、それ以上しない。
・紫外線対策は万全にする

②洗顔の回数を1回程度にする

乾燥肌になってしまう原因の1つに洗顔のし過ぎがあります。

特に夏場などの汗をかく時期にお肌がオイリーになりやすく、ついゴシゴシ洗顔してしまう人が多くいます。

余分な皮脂だけが落とせればいいのですが、ゴシゴシ洗顔をすることで、それ以上にお肌に必要な皮脂分までも取り除いてしまいます

そのためお肌は砂漠化へ。

乾燥肌が現時点でひどいと感じるなら、洗顔料を使わずにぬるま湯で軽く洗う程度で十分です。

乾燥肌のときに使う洗顔料も厳選して、洗浄力のマイルドタイプなものや肌刺激となりにくいタイプの洗顔料を使いましょう。

こちらの記事ではお肌に優しい洗顔を紹介しています♪

洗顔する回数を極力減らすことも、乾燥肌を回復させるための手段として有効です。

③バリア機能を回復させる!保湿を十分に行う

乾燥が進んでいるお肌の状態をできるだけ早く回復させるには、間違った洗顔などを止めて応急処置として保湿を十分に行なってあげるだけでOKです。

乾燥肌から脱出するには、バリア機能を回復させること以外ありません

それには保湿美容成分がたっぷり含まれている化粧水は必須です。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリセリン
  • 天然保湿成分NMF

などが含まれている化粧水を選ぶようにします。

なかでもヒト型セラミド配合の化粧水やクリームはおすすめです。

もともとお肌にあるセラミドの構造と似ているヒト型セラミドは、肌なじみがよくうるおいを肌内部へグングン浸透させます

バリア機能の回復もスピーディに行われることでしょう。

お肌につけたら、ハンドプレスでじっくりと温めながらなじませていきます。

化粧水で保湿したら、クリームなどの油溶性の化粧品をつけることで、お肌に与えたうるおい成分が外に逃げないように守ります

またフルラインナップで化粧品を使うのではなく、2種類程度に留めておいて、シンプルケアすることが乾燥肌にやさしくおすすめです。

時間がある日はパックをしてあげましょう。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

 

辛い敏感肌や乾燥肌とバイバイ!正しい対処法とスキンケア法で改善しよう

敏感肌も乾燥肌も共通している点はお肌のバリア機能が低下していて、保水力が低下していてお肌の保護が甘い状態であるということにあります。

そのため即効でケアするとしたら、保湿力の高い美容成分配合の化粧水で十分にお肌にうるおいを与えてあげること、これは欠かせないでしょう。

ヒト型セラミドがたっぷり配合されている化粧水を使って保湿ケアを十分に行なって、お肌をいたわり、まずは弱くなっているバリア機能の回復を目指していきましょう。

関連記事

  1. 乾燥で全身がカサカサに!パーツ別に行うスキンケア対策とは?

  2. 【必見!】アレルギーと敏感肌って同じなの?違いや原因&改善方法まとめ

  3. 「コラーゲン」で乾燥肌が潤い肌に?成分とその効果とは?

  4. 目元だけ乾燥がひどい…簡単にできる保湿ケアとは? 


  5. 【診断チェックあり】もしかして敏感肌かも?敏感肌の対処法まとめ

  6. 敏感肌にオーガニック化粧品は合うのか?!正しい知識でケアしよう!

  7. 冬の乾燥肌は暖房が原因かも?すぐにできる対策10を教えます!

  8. 【敏感肌さん必見】大人ニキビの原因とスキンケア対策|まとめ