美肌菌って知ってる?健康な美肌になるためには美肌菌を増やそう!

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

美肌菌ってご存知ですか?

美肌菌とは、その名の通り美肌にしてくれる菌のこと。

美肌になるためには、この美肌菌を育てることが効果的だと言われているんです。

お金がかからずに簡単に増やすことができる美肌菌を、増やして美肌になってみませんか?

 

美肌になるのに効果的な美肌菌について

話題の美肌菌ってどんなものなの?

最近耳にすることの増えてきた、美肌菌。

テレビで紹介されてから、一躍注目を集めるようになりました。

初めて耳にする方も多いことと思います。

美肌菌とは皮膚に存在する菌の一種で、美肌菌が増えることで美肌になれると言われているんです。

美肌菌の正体は?

美肌菌の正体は、表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は常在菌で、普段から皮膚に存在している菌の一種。

特に、毛穴や角質層に多く存在すると言われています。

この表皮ブドウ球菌に、いろんな美肌効果があることが分かっているんです。

美肌菌の美肌効果

肌には、美肌菌だけでなくいろんな常在菌が存在しています。

中には、増えすぎると肌に悪影響を与えてしまう、悪玉菌と呼ばれる菌も存在しています。

美肌菌は、抗菌ペプチドという成分を作って、悪玉菌が増えるのを抑えてくれるんです。

抗菌ペプチドには、皮膚のバリア機能を高めてくれる働きもあると言われています。

そのため美肌菌が悪玉菌に負けてしまうと、悪玉菌が増えて肌質が低下してしまいます。

乾燥や肌荒れなどの肌トラブルも、起きやすくなってしまいますよ。

美肌菌には、保湿効果もあります。

美肌菌は皮脂や汗を分解して、グリセリンに似た成分を作りだすことができますよ。

このグリセリン成分が肌に膜を作って、肌の水分が蒸発するのを防いでくれるんです。

外的刺激から肌を守ってくれる働きももっています。

美肌になりたいなら、悪玉菌を減らして美肌菌を増やすことが効果的ですね。

 

美肌菌を増やす方法

美肌菌を増やす洗顔方法

美肌菌を増やすためには、洗顔方法を工夫することが大切です。

方法は、水洗いするだけという簡単なもの。

美肌菌は角質層に存在するため、洗顔をしすぎてしまうと美肌菌まで洗い流されてしまうんです。

洗顔する時に、手でゴシゴシこすったりするのも禁物。

角質層はデリケートなので、こすってしまうと美肌菌ごと剥がれ落ちてしまいます

水洗いする時には、手でこすらずに水で優しく洗い流すようにしてください。

洗顔料は、できるだけ使用しないようにするのがオススメ

美肌菌を増やすには、適度な皮脂が必要になります。

洗顔料を使用することで、必要な皮脂を洗い流してしまうことがありますよ。

メイクをしていない朝の洗顔は、水で洗い流すだけにしましょう。

皮脂の分泌が多い、ニキビができている場合には、そこの部分だけ適した洗顔料を使用するようにしてください。

メイクをしている場合には、洗顔料を使用してメイクをしっかりと落としましょう

その時には、洗顔料選びが大切です。

洗浄力の強い洗顔料だと、必要な皮脂や角層なで洗い流してしまいます。

できるだけ、メイクや汚れだけを洗い流せるものを選ぶようにしましょう。

手早く洗顔し、洗顔料を肌につける時間を短時間に抑えることも大切です。

洗顔後には、タオルで肌を軽く押さえるようにして水分を拭き取りましょう。

美肌菌を増やすスキンケア

洗顔をした後には、化粧水をつけて肌を潤わせましょう。

化粧水は、美肌菌が増えるのを妨げないものを選ぶことが大切です。

アルコールや防腐剤など常在菌の繫殖を抑える効果のあるものだと、美肌菌の繫殖を邪魔してしまいます。

化粧水をつけた後には、乳液やクリームで保湿をしましょう。

化粧水などをつける時には、角質層を傷つけないように注意しましょう。

こすったりせずに、なでるようにつけてください。

スキンケアは、できるだけシンプルにするのがオススメ。

シンプルなスキンケアにして、美肌菌が増えるのを促しましょう。

定期的にパックするのもオススメです。

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

美肌菌を増やす時のポイント

美肌菌を増やすためには、肌の健康を保つことも大切です。

肌にトラブルがあると、悪玉菌が増えていて美肌菌が負けてしまいます。

肌に炎症やかぶれなどがある場合には、早急に治すようにしてください。

美肌菌は角質層にいるため、角質層を守ることも大切です。

長時間の入浴は角質層にダメージを与えてしまうことがあるので、普段の入浴は15分程度にするのがオススメです。

ピーリングやパックなどをする時には、角質層にダメージを与えないように注意しましょう。

肌はデリケートなので、優しく丁寧に扱うようにしてください。

美肌菌を増やす時には、シンプルなお手入れを心がけるのがオススメですよ。

 

まとめ

美肌菌を増やすためには、肌の角質層と適度な皮脂を確保することが大切です。

肌の角質層と適度な皮脂を失わないような、洗顔方法とスキンケアを行うようにしましょう。

肌の健康を守り、シンプルなお手入れにするのもオススメです。

美肌菌は簡単に育てることができるので、是非一度試してみてくださいね。

関連記事

  1. 目指せ美白美人!美白パックおすすめランキング

  2. 化粧をしないのが美肌の秘訣?化粧品の恐ろしさとは…

  3. ニキビ知らずの美肌になるスキンケア方法とは?

  4. 全身うるツヤ美肌に!きれいな肌になるためのスキンケアの決め手は?

  5. 角質レスな美肌にはターンオーバーと保湿がカギ!

  6. どれが一番人気?炭酸パック人気おすすめランキングTOP5

  7. 実年齢より老けて見られる…老け顔改善メイクとスキンケア方法は?

  8. 美肌のためにすることって何?そのためのスキンケア方法は?