ニキビ知らずの美肌になるスキンケア方法とは?

ニキビによる肌トラブルは多くの方が通る道です。

「思春期ニキビ」と呼ばれるニキビは、その名の通り成長期にできるニキビです。

さらには最近では「大人ニキビ」という言い方も定着してきているように、成長期を過ぎた大人でもニキビに悩まされているのです。

しかも、ニキビ悩みは男女を問いません。

つまりは、ニキビは性別年齢問わず、多くの方を悩ませる肌トラブルなのです。

これほどまでに多くの方に関わる肌トラブルは他にはないかもしれません。

そこで、今回はニキビ肌にならないための知識とスキンケアのコツをご案内していきましょう。

ニキビとは?

ズバリ【毛穴の炎症】です。

正式には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」といい、医学的にも皮膚疾患のひとつとされています。

毛穴が慢性的に炎症を起こしている状態のことを指す場合もありますし、または、その炎症が慢性化する前の状態を指していう事もあります。

これらは、見た目も違っているので、見た目の特徴から呼び方も変わり、種類分けされています。

白ニキビ

ニキビの初期段階です。

毛穴の中に皮脂がたまり始めた状態です。

出来た箇所によっては良くみないと分からないこともあります。

黒ニキビ

上記の白ニキビの状態が長く続くと、毛穴から皮脂があふれ出してきます。

この状態で皮脂が酸化して黒くなった状態を黒ニキビと言います。

赤ニキビ

炎症が起きている状態です。

いわゆる「ニキビ」として最も一般的な見た目で、この赤ニキビの状態になら無いと、ニキビができたと認識しない方もいるでしょう。

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が進んで膿が溜まった状態です。

この状態では毛穴の内部組織を壊したり、他の部分への飛び火もあるため、とても深刻な状態です。

ニキビ跡が残り易いので自己流ケアは控えて、医師や専門家に相談しながらケアをした方が良いでしょう。

 

ニキビが出来る原因とは?

上記でご紹介したニキビの種類を見てもわかるように、直接の原因は【皮脂】なのです。

しかし、毛穴に皮脂が詰まっただけなら、炎症の無い黒ニキビの状態で済みます。

ニキビを炎症させるのは【アクネ菌】です。

アクネ菌は空気が通らない皮脂腺などの奥に潜んでいるため、過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まった状態が長く続くことで炎症を伴った赤ニキビや黄ニキビになります。

過剰な皮脂分泌

適度な皮脂は肌の健康のために必要な因子ですが、これが多すぎれば毛穴を詰まらせ、毛穴に詰まった状態が長く続けばアクネ菌によって炎症が起きてニキビになります。

角質肥厚

角質が分厚くなると、皮脂が外に出て来にくくなります。

これも、ニキビが出来る条件である皮脂とアクネ菌の両方が活性化してしまう原因です。

角質肥厚の原因はターンオーバー周期の乱れです。

洗顔方法が間違っている

洗顔によって、しっかり皮脂やメイク汚れが取り除かれないと毛穴に詰まって炎症に繋がります。

これは、思春期ニキビの場合は単純に洗顔が雑だったり、皮脂量に対して洗顔の回数が少ないことが原因となります。

一方、大人ニキビの場合は、メイク汚れの残りも深刻です。

メイクの油分が毛穴に詰まると角栓にもなり易く注意が必要です。

化粧品選びが間違っている

ニキビができ易い周期に油分が多いメイク品やスキンケア用品を使用することも原因のひとつです。

油分が一切ダメなわけではありませんが、水分とのバランスや、過剰な油分を肌にのこさずクレンジングや洗顔を工夫することも必要です。

 

ニキビ知らずの美肌のためのスキンケア

ニキビは、皮脂と毛穴の詰まりさせ気をつければ予防することができます。

しかし、気をつけていてもニキビが出来てしまう時もあります。

では、まとめとして予防とケアの両面で具体的な方法をご紹介します。

肌の清潔を保つ

何と言っても、皮脂を毛穴に詰まらせない。詰まらせたままにしない。という事が最も重要です。

また、メイク世代の女性の場合は、メイク汚れを肌や毛穴に残さないことにも気を配らないといけません。

そのためには、正しい洗顔とクレンジングが必要です。

洗顔料は良く泡立つものが良いでしょう。

泡が毛穴の中の皮脂を吸着してくれます。

またすすぎにも正しい知識が必要です。

水温は32度前後。

冬は32度は冷たいと感じるかも知れません。

それでも体温以上に水温を上げないようにしましょう。

水温が高すぎると、肌の中の必要な油分させも持っていかれてします。

肌の中の皮脂が足りなくなると、肌は無理にでも皮脂を分泌しようとします。

これがニキビに繋がることもあります。

そして、すすぎは流水を手ですくって行いましょう。

シャワー水ですすぐ方も多いですが、実はこの方法では毛穴の中の汚れがキレイになりません。

シャワー水は勢いが良すぎて、肌の表面を滑るだけで毛穴の奥まですすぐことが出来ません。

手ですくった水でジャブジャブすすぐ方が、断然、毛穴の中まですすぐことが出来ます。

この時、20回以上を目安にすすぐことをお勧めします。

水分・油分のバランス

肌はもともと、水分と油分のバランスが保てるようになっています。

しかし、成長期には皮脂が過剰に分泌され、また大人になると乾燥によって水分が足りなくなり、いずれにしても肌が油分に偏ることでニキビが出来ます。

ニキビが出来たとき、乳液やクリームなどを避けてスキンケアをされる方もいますが、水分量を保つためにも乳液。クリームは必要です。

薄くなじませるように使用し、水分を閉じ込めましょう。

その一方で、メイク品においては、油分が多いアイテムは避けたほうが良いです。

スキンケアと違い、下地やファンデーションなどのベースメイクは1日中、肌に上に乗っています。

そして、これによりケアを塞ぎ、皮脂の逃げ道も失った状態になります。

メイクは油分の多すぎないものを、必要以上に重ねずに仕上げましょう。

炎症を防ぐ・抑える

炎症を防ぐには、日常生活の中のちょっとした習慣が大事です。

  • 皮脂、汗がでたら、こまめに清潔なハンカチで拭きとる。
  • 乾燥した部屋に長時間いない。

エアコンを過失モードにしたり、加湿器を使用するのもお勧めです。

肌は乾燥すると皮脂を分泌し始めます。

  • 皮脂吸着性のあるメイク品をしようする。
  • 汗、皮脂が気になる時や季節は、洗顔、クレンジング、スキンケア用品に抗炎症作用のある成分が配合されているものを選ぶ。
  • 保湿を重視したスキンケアを行う。

肌が十分に潤った状態であれば、ターンオーバーもスムースに行われます。

角質肥厚は毛穴を塞ぎ、大人ニキビの原因になります。

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってっこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

ピーリングケア

保湿だけでは、角質ケアが出来ない場合は集中ケアとしてのピーリングも有効です。

しかし、炎症が起きている状態の肌では決して行わないでください。

余計に炎症が悪化します。

ニキビは肌質や季節・環境によって出来てしまいますが、正しい知識と理解さえあれば、その予防やケアは難しいものではありません。

身近な肌トラブルだけに、毎日のちょっとした習慣やケアで、ニキビ知らずの美しい肌を手に入れ、保つことが出来ます。

 

関連記事

  1. 美肌の秘訣は何もしないこと!?スキンケアしなくても大丈夫なの?

  2. 口元にできる「白ニキビ」の原因と対策方法は?

  3. 化粧のりが悪い原因ってなに?化粧ノリを良くする方法はある?

  4. 温泉成分がはいったスキンケアアイテムで美肌になろう!

  5. 全身うるツヤ美肌に!きれいな肌になるためのスキンケアの決め手は?

  6. 角質レスな美肌にはターンオーバーと保湿がカギ!

  7. ダイエットは美肌の天敵?美肌とダイエットを両立させる方法とは

  8. 角質層の水分量はいくつがベスト?潤いのある肌にするためのスキンケア方法…