ダイエットは美肌の天敵?美肌とダイエットを両立させる方法とは

「ダイエットをしていると、お肌が荒れる…」そんな経験をしたことのある女性も多いと思います。

ですが、本当に正しくダイエットが行われているならば、お肌が荒れることはないんです。

むしろ、美肌になるのが正解!

ダイエット&美肌を両立させる、知っておきたい本物のダイエット法をご紹介します!

ダイエットをしてお肌が荒れる!間違ったダイエットが原因かも…

ダイエットをしてお肌が荒れるのは、お肌に充分な栄養が渡っていない証拠です。

カロリー摂取量を下げようとして、

  • 大幅に食事の量を減らしたり
  • ダイエットに良いと言われる食品を偏って摂取したり

していませんか?

こうした食事制限ダイエットは、一時的に痩せます。

ですがそれは、食事量の低下にともない、体の水分量が減っていくからです。

本当の意味で痩せたとは言えないんですね。

また全身の細胞の働きがエネルギー不足で省エネ状態になっているので、痩せた!と思って通常の食事に戻すと、細胞の働きが摂取カロリーに追い付かず、あっと言う間にリバウンドします。

間違ったダイエットは、美肌の敵であるばかりか、逆効果になるんです!

美しく、キレイに痩せる本物のダイエットに挑戦してみませんか?

 

ダイエット&美肌を両立させる方法1:デトックスは危険!食生活にルールを作る

簡単・お手軽なダイエット方法として「デトックス」が人気です。

毎日、3食デトックスに効果的と言われる、

  • 野菜&果物のシェイクだけ
  • 酵素だけ
  • 単品の食材を食べ続ける

などの方法が有名ですよね。

ですが、この方法ではリバウンドします(キッパリ)。

私もあらゆるデトックスで痩せられなかった人です。

デトックス=体の毒素の排出は、ちゃんとした食事ができていれば体には浄化作用がありますから、特別に行う必要はないんです。

また、医学的に考えてもデトックスに関しては、その効果は良く分かっていない状態です。

ハーバード大学のフランク・サック教授は、「減量に対する浄化やデトックスダイエットの効果について、何の科学的根拠もありません」と断言している位です。

毎日の食事を充実させれば、自然と体が健康な状態になり、美肌&ダイエットの両立を叶えてくれますよ

そのためのルールをご紹介します。

 

たんぱく質を不足させない

お肉・魚類=たんぱく質=カロリーが高いからとダイエット中に避けてはいませんか?

たんぱく質は

  • 筋肉
  • 内臓
  • 血液

など体の約20%を構成しています。

体を構成する水60~70%に次ぐ割合を占めているんです。

そんな大切なたんぱく質が不足してしまうと…内臓に優先的に栄養が行くので、優先順位の低いお肌がガサガサになっていきます。

たんぱく質と言っても、例えば鶏の胸肉であれば300gで300カロリー程と、大したカロリーではありません。

以下の計算式を目安にして、必要なたんぱく質をしっかり摂取してみてくださいね。

  あまり運動をしない場合 体重×1.2gのたんぱく質
  強度の強い運動をしている場合 体重×2g以上のたんぱく質

野菜・果物・たんぱく質中心の低糖質な食事

炭水化物をはじめとした糖質の摂取は控え、糖質の摂取は1食で20g程度にしていきます。

  • 野菜
  • 果物
  • たんぱく質

を中心にした食生活に切り替えていきましょう。

始めは物足りなく感じますが、続けていくと

  • 体が軽くなり
  • 集中力が増す

などの違いを実感できるようになってきますよ。

 

水を2~3杯/1日に摂取する

水をしっかりと摂取して、血流を良い状態にキープしましょう。

ドロドロ血液は体の代謝を下げてしまいます。

 

カロリー摂取量を減らすなら、夜だけカロリーダウン

ダイエットにはカロリーコントロールが必須ですよね。

ただご紹介したようにデトックス目的で急激に摂取量を減らすとリバウンドのリスクが増します。

リバウンを避け美肌を維持するために、夜だけ置き換える方法がお勧めです。

いくつか置き換え例をご紹介します。

  置き換えその1:大トマト2個 トマトには脂肪燃焼に働きかける成長ホルモンの分泌を助ける効果があります。
  置き換えその2:ヨーグルト 夜のヨーグルトは腸内環境を整えるに最適のタイミングだと言われています。美肌効果もアリ。
  置き換えその3:デトックススープ レンジで温めて熱を通したみじん切りの玉ねぎ半分、りんごジュース、生姜と水適量を入れてお鍋でグツグツと煮込みます。体が温まり、良質な睡眠に入りやすくしてくれますよ。

ダイエット&美肌を両立させる方法2:筋トレ+有酸素運動の組み合わせ運動

美肌を維持しつつ、キレイなシェイプに痩せる人は「筋トレ+有酸素運動」をしています。

筋トレで得られる効果は、

  • 基礎代謝のアップ
  • 有酸素運動をした時の脂肪燃焼量をアップさせること

の2点です。

筋トレをすると筋肉がムキムキになると思う方も多いようですが、実際には女性の場合ボディビルダー並みに鍛えないとムキムキ筋肉にはなりません。

筋肉量は年齢とともに下がっていきますから、しっかりと筋トレをして筋肉量の維持、アップを目指す必要があります。

効率的なダイエットのためにも、筋トレの後に有酸素運動を20~30分行いましょう

筋トレで脂肪が分解されて血中に溶け出るので、溶け出た脂肪を有酸素運動で燃焼します。

運動することで

  • 滞りがちな血流も良くなるので
  • 肌細胞をはじめとした全身に栄養素が行きわたりやすくなり

美肌作りにも貢献してくれます。

 

ダイエット&美肌を両立させる方法3:タップリの睡眠時間

睡眠時間中には「成長ホルモン」が分泌され、

  • 美肌に欠かせないお肌の生まれ変わり=ターンオーバ
  • 睡眠中のダイエット効果を高める脂肪燃焼の促進

に働いてくれます。

できるだけ深い良質な眠りを実現できるように、アロマや照明でリラックスできる空間を作るなどの工夫をしてみましょう。

 

まとめ

正しくダイエットを実践すれば、ダイエットは美肌の敵ではなく、味方になってくれます!

○○だけ、断食ダイエットなど、簡単そうなダイエット方法に惑わされるのはもう終わりにしましょう。

  • 食生活
  • 運動
  • 睡眠

の3つを充実させれば、自然と毎日がダイエット・美肌ケアになります。

ぜひ、本記事の内容を参考に、後悔しないダイエット×美肌習慣を目指してみてくださいね。

またスキンケアでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

関連記事

  1. 美肌の秘訣は何もしないこと!?スキンケアしなくても大丈夫なの?

  2. 温泉成分がはいったスキンケアアイテムで美肌になろう!

  3. 化粧のりが悪い原因ってなに?化粧ノリを良くする方法はある?

  4. ニキビ知らずの美肌になるスキンケア方法とは?

  5. 全身うるツヤ美肌に!きれいな肌になるためのスキンケアの決め手は?

  6. 口元にできる「白ニキビ」の原因と対策方法は?

  7. 角質レスな美肌にはターンオーバーと保湿がカギ!

  8. 角質層の水分量はいくつがベスト?潤いのある肌にするためのスキンケア方法…