美肌になりたい!洗顔の決め手はクレンジング! 

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

毎日使用するクレンジング。

「メイクを落とすだけだし、安くても良い」

なんて思ってはいませんか?

私はそんな1人でした。

高額な基礎化粧品やコスメにお金をかけてもお肌の調子が良くならないのであれば、クレンジングに問題があるのかも?!

クレンジングが美肌の決め手になると言える理由を詳しく解説します。

 

クレンジングと美肌の関係


美肌になりたいなら、クレンジングにこそお金をかけるべし!

クレンジング不足でメイクの落とし残しがあると、

  • 酸化
  • 雑菌がついて繁殖

などお肌にダメージを与え、最後には

  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • 乾燥肌

に行き着きます。

さらに、クレンジングには界面活性剤というメイクを落とすための油分と、肌馴染みの良いテクスチャーにするための水分(美容成分なども)を混ぜる働きをするものが入っています。

界面活性剤の代表と言えば…食器洗剤。

どんな頑固な汚れもサッと落としますよね。

その一方で手荒れの原因にもなります。

なぜか・・・界面活性剤には強力過ぎる洗浄力があるからです。

つまり、クレンジングを安さ重視で適当に選んでいては、食器洗剤で顔を洗うようなもの!

お肌は荒れてどんどん美肌から遠ざかってしまいます。

 

クレンジングの選び方


ほとんどのクレンジングには界面活性剤が含まれています。

界面活性剤はまるで悪者であるかのような書きき方をしましたが、油分を含むメイクを落とすには必要なものでもあります。

だからこそ大切なのは「自分のメイク度合いにあったクレンジングを選ぶ」ということ!

威力の強い順に上げると次のようになります。

クレンジングオイル

ウォータープルーフファンデ・強力な日焼け止め

オイル:水分=5:5くらいでこってりとしたテクスチャー。

洗浄力はかなり強いです。

クレンジングリキッド(ローション)

ウォータープルーフファンデ・強力な日焼け止め

化粧水を付けるような感覚でメイクが落とせます。

界面活性剤の力でメイクを落とすタイプなので刺激が強いです。

クレンジングジェル

ウォータープルーフファンデ~リキッドファンデ

しっかりメイクを落としたい場合は油性タイプ、ナチュラルメイクならば水性タイプを選びましょう。

ただし、油性は洗浄力が高いのでオイルクレンジングと然程ダメージとしては変わらないかもしれません。

クレンジングクリーム

ウォータープルーフファンデ~リキッドファンデ

油分と水分の配合バランスが良く、マッサージクリームとしても使用可能です。

上記でご紹介してきたクレンジングに比べると洗浄力は落ちますが、丁寧に行えばナチュラル~しっかりメイクまで肌刺激が少ない状態で落とす事ができます。

クレンジングミルク

ナチュラメイク

クレンジングクリームより水分が多く、肌にやさしい分洗浄力が低いです。

肌刺激を考えた時にクレンジングの中でオススメなのはクリームタイプやミルクタイプだと言えるでしょう。

ただし、しっかりメイクの方だとミルクタイプではメイクの落とし残しが気になります。

反対にナチュラルメイクなのに洗浄力の強いローションやオイルタイプを選べば必要以上に肌ダメージを与えてしまうことに。

ご自身のメイクにあったクレンジングが選べているのか、今一度確認してみてくださいね。

 

部位別のクレンジングが鉄則!


特にアイメイクではマスカラやアイライナーなど油分をしっかり含んだウォータープルーフタイプを使用される方も多いかと思います。

クリーム・ミルクタイプのクレンジングでアイメイクを落とそうとすると時間がかかってしまい、目元をゴシゴシしてしまいがちです。

肌刺激がメラニン色素生成の原因となり茶クマや目の周りの色素沈着を引き起こす原因にもなります。

そこで役立てたいのが、目元専用のアイメイクリムーバー!

お肌への負担を考えてクリームやミルクタイプのクレンジングを使用しているのであれば、目元はアイメイクリムーバー、その他の部分でクリーム・ミルクタイプのクレンジングといったように部位別にクレンジングを使い分けてみましょう。

 

クレンジングの正しい使い方&実践方法


美肌を目指す具体的なクレンジング方法を解説します。

ステップ1:ホットタオル

清潔なエステなどでも使用されるタイプのタオルをレンジで1分程度加熱します。

火傷をしない様に取り出して、パタパタとして適温にします。

そのままタオルを顔に乗せて30秒くらい置きましょう。

こうすることでメイクが浮き出しやすくなり、より素早くメイクを落とせます。

ステップ2:クレンジングを肌に乗せる

クレンジングを手のひらに馴染ませて、指先に力を入れないでメイクと馴染ませていきます。

お肌に手が触れないくらいクレンジングをタップリ使用するのがコツ!

ステップ3:乳化させる

オイルクレンジングの場合

手のひらに数滴の水分を混ぜ合わせて、メイクと馴染ませて乳化させます。

30秒もするとクレンジングが白っぽく乳液のような色になりますよ。

クリーム・ミルクタイプの場合

乳化のために水を混ぜる必要はありません。

水分が優勢なクリーム・ミルクタイプでは、メイクがクレンジングに溶け込みだすとクリームが重たくなっていきます。

ある程度までメイクが溶け出るとクレンジングクリームの油分が優勢になり、今度はオイルクレンジングのような滑らかなテクスチャーに。

テクスチャーがオイルの様に柔らかくなったら、メイクが浮き出ているサインです。

ステップ4:洗い流す

30度前後の冷たいと感じるくらいのお湯で優しくすすぎます。

水がお肌に触れるような感覚で行うことがポイントです。

乳化させたためスルンと落としやすく、メイク汚れもバッチリ落ちます。

目と顔全体の両方で同じ工程を行いましょう。

たった30秒の乳化させる工程を入れるだけでグンとクレンジング後の肌質感が変わってくるので、ぜひ習慣にしてみてください。

 

まとめ

美肌の決め手はクレンジング!

クレンジングの種類や方法を変えるだけで、お肌の調子も変わり化粧水や美容液の浸透率も変わってきます。

お化粧を落とせればOKと適当にクレンジングを選んでいた貴方。

ゴシゴシとクレンジングをしていた貴方。

ぜひとも美肌のためにクレンジング見直して、メイクを落としてビックリ!

ふんわり・ふっくら素肌を目指してみてくださいね。

スキンケアを変えるだけでお肌の調子も変わっていくはずです。

きれいに汚れを落とした後はパックがオススメです!

オススメはフェヴリナの炭酸ジェルパック!

パックでおすすめなのがフェヴリナの炭酸ジェルパック!

自宅でかんたんに炭酸パックができますよ。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

ニキビや赤ら顔など肌トラブルに悩んでいる人にもってこいのパックです。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

関連記事

  1. 角質には酵素洗顔がいい?オススメの酵素洗顔3選!

  2. 朝の洗顔は美肌の敵?正しい朝の洗顔方法とは?

  3. 角質を洗顔で除去!正しいケア方法とは?

  4. 水洗顔で角質がとれる?水洗顔の効果とその方法とは?

  5. 炭酸泡洗顔ってどんな効果がある?自宅でできる方法は?

  6. 角質をポロポロ落とすタイプの洗顔の落とし穴とは…

  7. 美肌を目指すなら洗顔石鹸がオススメ!実力派の石鹸を紹介!

  8. もう角質に悩まない!おすすめのスキンケア方法は?