アトピーが原因で赤ら顔に!改善のための治し方や治療法は?

【新規】フェヴリナ炭酸ジェルパック

アトピーで悩んでおられる方というのは、程度は様々ありますが意外に多かったりするのではないでしょうか?

<アトピーは

  • 皮膚のきまった場所が赤くなり
  • 痒くなってとまらなくなり
  • なにが原因かわからないのにいつの間にか痒みが強くなっていく

ことがありますね。

顔に出来ると治療をしてから、赤ら顔になってしまったという場合もあるようです。

  • アトピー性皮膚炎が顔にできてひどくなり顔が赤くなってしまう原因には何が多いのか
  • どうしたら改善できるのか
  • 治療方法

なども一緒にお伝えしようと思います。

アトピー性皮膚炎で赤ら顔に

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応で起こる皮膚炎で、炎症が起きている時は

  • 皮膚が赤くなったり
  • かゆみが強くでたりします。

かゆみに我慢できず繰り返し掻きむしってしまうことで悪化して、皮膚炎が慢性化する可能性が高い疾患です。

1.アトピーの原因はどんなものがあるの?

原因は諸説ありますが、

  • もともと親がアレルギー体質だった
  • 抗原が近くにある環境で生活している
  • 皮膚の保湿に重要な役割をしているセラミドの不足
  • 高リノール酸食用油や、それを素材とする食品の摂取
  • 表皮の常在菌のバランスが崩れ黄色ブドウ球菌異常増殖している

といった原因からアトピー性皮膚炎になっているようです。

2.アトピーで赤ら顔になってしまうのは?

アトピーで顔が赤くなってしまうのはどうしてなのでしょうか?

思い当たる行動はありませんか?

アトピー性皮膚炎で最も多いのが、

  • かゆみがひどくて寝ている間に掻きむしってしまい
  • 皮膚の下にある毛細血管が拡張して
  • 赤く腫れあがってしまう

というもの。

腫れあがった血管は薄い皮膚から透けて見えますから、これが原因で赤ら顔になっています。

次に多いのが、アトピー性皮膚炎の治療薬を使った後に、肌が赤く腫れあがってしまうもの。

かゆみと腫れを抑えるのに使用するステロイド剤を長期使用すると、副作用として顔が赤くなるという症状が出る場合があります。

ステロイド剤には、毛細血管を拡張するという作用もあるので、これが災いして赤ら顔になってしまうことがあります。

ひどい場合にはムーンフェイスと言って、まんまるい顔に膨れ上がることもあります。

このほかにはアトピー性皮膚炎の最中に、強い紫外線に当たった時に赤ら顔になることがあります。

アトピーにより肌の毛細血管が拡張しているところに、強い紫外線を浴びると、日焼けが刺激となり赤ら顔になることがあります。

アトピーが原因の赤ら顔の改善方法は?

赤ら顔はアトピーで掻きむしった顔がどす黒く変化してしまう前に、きっちり治しておかなくてはいけません。

黒くなってしまうと、一筋縄では改善できません。

まだ赤ら顔の段階で治すようにしましょう。

1.食生活を改善する

普段から脂肪分の多い食事をしていませんか?

また一度使った天ぷら油をずっと放置して、再度使ったりしていませんか?

悪い油脂を体に入れていくと、アトピーがひどくなりかゆみが増してしまうことがあります。

油は

  • 植物性の油に変更し
  • 酸化した油を体内に入れないように

しましょう。

また甘いものも大敵です。

甘いものは大抵

  • 脂肪分
  • 糖質

とでできており、ぶつぶつができやすくなってかゆみが増しますので、かゆみの最中には、

  • 甘いもの
  • 油もの

は控えるようにします。

食品添加物は極力体に入れないようにしましょう。

特にコンビニで購入するような

  • 練り製品(肉・魚)
  • 加工食品
  • お惣菜
  • 冷凍食品

といった保存のきく料理は、食品添加物がいっぱい。

食品添加物が体の中に入らないように、普段から気を付けて生活したほうがよいでしょう。

2.生活習慣を改善する

  • ストレス
  • 不眠

によってアトピー性皮膚炎は、悪化していきます。

普段から夜更かし気味の方は、意識して早く就寝するようにしたいですね。

お仕事で遅い場合も多いと思います、規則正しく少なくとも8時間くらいは寝るようにしましょう。

寝る前にスマホやPCでブルーライトに当たっていると、早めに寝ても体が昼間と勘違いして、熟睡できなくなりますから、すくなくとも就寝2時間前にはブルーライトは控えるようにしましょう。

3.外からのケアで皮膚を強くする

アトピー性皮膚炎になっている時には、洗顔は刺激の少ないものにしましょう。

  • 石油系合成界面活性剤
  • 鉱物油
  • タール系色素
  • BHT
  • BHA
  • 紫外線吸収剤

といった環境ホルモンの可能性のある化粧品は使わない方が得策です。

そして角質層を構成するセラミドを補給することも大切。

できればヒアルロン酸でも補ってあげると、真皮にある

  • コラーゲンや
  • エラスチン

細胞のつながりを更に強固にしてくれ、肌がプルプルの方向に進みます。

アトピーによる赤ら顔の治療法

上記のことを試してみても、変わらない場合は皮膚科に行って治療をしてもらいましょう。

1.皮膚科でプロトピック軟膏を処方してもらう

皮膚科では赤ら顔の方に、プロトピックという軟膏を処方してくれます。

このプロトピック、赤ら顔には非常に有効で、真っ赤になってただれていた肌が、元通りの綺麗な姿によみがえります。

プロトピックはステロイド剤ではなく、タクロリムスを含む免疫抑制剤で、免疫力が強すぎる赤く腫れた部分に有効に効いてくれるので、赤ら顔が治っていくのです。

プロトピックは長期乱用で、赤ら顔が元に戻ってしまうこともありますから、医師の指導の下、適切な方法でつけるようにしましょう。

2.皮膚科・美容外科でフラッシュ光線療法をしてもらう

  • 赤ら顔や
  • しみ、そばかす

等、皮膚トラブルが強い場合は、

  • 皮膚科
  • 美容外科

フラッシュ光線療法をしてもらうと良いでしょう。

フラッシュレーザー光線療法だと、

  • 治療回数が少なくて済むうえ
  • かさぶたが残らず
  • 痛みや傷も残りにくいです。

まとめ

アトピーはつらいですよね。

掻きむしって大切な顔の部分が赤ら顔になるのは、もっとつらいことですよね。

かゆみが起こる原因が

  • 食生活
  • 生活習慣

にあるなら、それを排除しながら治療をされる方が、早く良くなる方向に向かえます。

毎日の生活がかゆみを決めていることもありますから、大変ですが普段から気を付けて生活するように努めましょう。

関連記事

  1. 生まれつき赤ら顔なのは遺伝が原因?赤ら顔と遺伝の関係性は?

  2. 赤ら顔を解消するおすすめマッサージ方法まとめ

  3. 乾燥して赤ら顔に!?赤ら顔の保湿方法教えます!

  4. 男性の赤ら顔の原因は?皮膚科で治療できる?

  5. 顔パックで赤ら顔が改善できる?正しいパックの使い方まとめ

  6. 赤ら顔にはセラミドで保湿!おすすめのスキンケアアイテムは?

  7. ~男性編~赤ら顔の原因と治し方教えます。

  8. 生理前は赤ら顔になりやすいのはなぜ?効果的な改善法は?