アスコルビン酸ってどんな成分?効果や副作用は?

シミやシワを防ぐ成分は様々で、そのほとんどが自然界に存在しています。

そのうちの一つがビタミンCです。

ビタミンCは、アスコルビン酸と深い関わりを持っています。

ここでは、アスコルビン酸の効果や副作用、摂取方法などをご紹介します。

アスコルビン酸とは


アスコルビン酸とは、ブドウ糖から作られる成分です。

ビタミンCと同じ効果があり、ビタミンCと同義として扱われることもあります。

正確には、ビタミンCの働きを補うものであるため、ビタミンCとは別物として考えた方がよいかもしれません。

ビタミンCは水溶性であるとともに熱に弱いため、熱を加えた加工食品はビタミンCが減少しています。

そのような食品にアスコルビン酸が加えられて、ビタミンCが強化されていることもあります。

また、基本的にビタミンCが含まれている食品には、アスコルビン酸も含まれています。

アスコルビン酸の効果


アスコルビン酸は、皮膚や骨の原料であるコラーゲンの生産に関与しています。

そのため、不足するとコラーゲンの生産が減少し、肌の弾力が低下することもあるのです。

さらに、血管の弾力性が低下することで、毛細血管から出血しやすくなり、鼻血や歯茎からの出血が見られるようになります。

また、アスコルビン酸には活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。

活性酸素は、呼吸をするだけで発生するものであるため、抗酸化作用を持つ栄養を十分に摂ることが大切です。

また、紫外線やストレスなどによっても活性酸素が発生します。

アスコルビン酸の副作用


アスコルビン酸は、ビタミンCと同じく身体に溜めておくことができず、速やかに排出されてしまいます。

そのため、多少摂りすぎても副作用が現れることは滅多にないといわれています。

起こり得る副作用には、

  • 吐き気
  • 胃の不快感
  • 下痢

などが挙げられます。

アスコルビン酸はシミやシワ対策におすすめ


アスコルビン酸が持つコラーゲンの生産や抗酸化作用は、シミやシワに効果が期待できます。

シミ対策におすすめな理由

シミの正体は、メラニン色素が沈着したものです。

メラニン色素とは、肌の奥深くの真皮にある「メラノサイト」で生産される色素です。

肌が紫外線や摩擦、炎症、活性酸素などの刺激を受けると、メラノサイトからメラニン色素が分泌されます。

メラニン色素は、刺激が真皮層へと到達しないようにブロックする役割を果たしているのです。

このメラニン色素は、肌のターンオーバーによって自然に消えるのですが、ターンオーバーが乱れていると、肌に沈着してシミとなります。

アスコルビン酸には、メラニン色素の分泌を招く活性酸素を除去する働きがあるため、シミ対策に効果的といわれているのです。

シワ対策におすすめな理由

メラニン色素が分泌されない、またはメラニン色素の分泌が追いつかないほどの刺激を受けると、真皮層に刺激が到達し、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力性をつかさどる成分を生産する「線維芽細胞」がダメージを受けます。

すると、コラーゲンやエラスチンの生産が減少して、肌の弾力性が低下するのです。

肌の弾力性が低下するということは、水分を保つ能力も低下するということです。

そのため、肌が乾燥しやすくなります。

また、弾力を失った皮膚はたるみやすくなります。

そして、重力に従って皮膚が下垂すると、シワができてしまうのです。

アスコルビン酸は肌に塗っても効果がある?


アスコルビン酸は、ビタミンCと同じく皮膚に塗っても効果は得られません。

これは、アスコルビン酸が肌への浸透性が低いためです。

経口摂取であれば、ある程度の効果が期待できます。

ビタミンCを含む食品に含まれているので、柑橘類や緑黄色野菜を摂るようにしましょう。

また、サプリメントで補っても構いません。

サプリメントは1粒あたりの含有量が多いので、過剰摂取にならないよう注意しましょう。

アスコルビン酸の効果を得るには?


ビタミンC誘導体という肌への浸透性を高めたビタミンCがあります。

これは、皮膚へと浸透するとビタミンCへと変わり、効果を発揮します。

このビタミンC誘導体にはいくつかの種類があります。

皮膚に吸収されやすい水溶性のビタミンC誘導体に、

  • 「アスコルビン酸グルコシル」
  • 「アスコルビルエチル」

などがあります。

また、水と油を合わせてクリームに添加しやすくした「テトラヘキシルデカン酸アスコビル」があります。

これらの成分が含まれた化粧品を使用することで、アスコルビン酸の効果を得ることができるでしょう。

アスコルビン酸は、ビタミンCと同義として扱われることもある成分で、ビタミンCと同じく身体に溜まらないため、副作用が現れる心配はほとんどありません。

副作用が現れたとしても、胃の不快感や吐き気程度のものです。

アスコルビン酸は肌への浸透性が低いので、ビタミンC誘導体を含む化粧品を使いましょう。

アスコルビン酸を含む10種類の美容成分が入ったフェヴリナの炭酸ジェルパックがオススメです。

炭酸によってお肌の血行が良くなり、ターンオーバーも促進!

こちらはお肌に負担となるものは一切使用していないので安心して使えます。

石油系界面活性剤やアルコールを使っていないので目元や唇に使えるくらいお肌に優しいんです。

保湿成分もたっぷり入っているのでパックした後はエステに行った後のようなしっとり感が続きます!

今だと初回限定炭酸ジェルパック5回分が70%OFFの4,500円で購入できます!

ちょっと高いかな…

と思っている方もいるかもしれませんが、エステ代と比べるとかなりお得なので試す価値アリですよ♪

⇒炭酸ジェルパック公式サイト

フェヴリナ炭酸ジェルパック

関連記事

  1. アスコルビン酸のシミ改善効果とは?

  2. ビタミンcとアスコルビン酸の違いや効果とは?

  3. アスコルビン酸の肌への効果は?この成分が入ったおすすめの化粧品は?

  4. クエン酸とアスコルビン酸の違いは?

  5. アスコルビン酸はニキビ改善効果がある?アスコルビン酸とニキビの関係性と…